2017年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

2017.03.28 (Tue)

彩り弁当 洋食プレート





ファミマで彩り弁当 洋食プレートを買ってみました。

子供の頃からいろいろなお料理がワンプレートになってる、
ミックスグリルみたいなメニューが大好きです。

ちょっとずつ楽しみるのが良いです。
スポンサーサイト
17:00  |  コンビニグルメ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.27 (Mon)

よくばりパスタセット ボロネーゼ&黒胡椒チキン





ローソンでよくばりパスタセット ボロネーゼ&黒胡椒チキンを買ってみました。

ボロネーゼのパスタに黒胡椒チキン、ウインナー、ベーコン、
さらにマスタードポテトまで付いてます。

子どもの好きそうなものを集めた、お子様ランチ的な楽しいパスタセットでした。
17:06  |  コンビニグルメ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.26 (Sun)

キングコング:髑髏島の巨神



「キングコング:髑髏島の巨神」を観ました。

2D字幕版。
混んでてかなり前列の席でした。

キングコングも何度も映像化されていますが、
今回コングはエンパイア・ステート・ビルや世界貿易センタービルに登りません。
孤島で大暴れするだけです。

いろんな巨大生物が登場し、いかにもな怪獣映画な趣です。

ベトナム戦争終結時、研究者と軍人、民間人のチームが表向きは調査、
実は巨大生物を発見する目的で地図に載っていない孤島、髑髏島を訪れます。
その島にはキングコングのほか、様々な巨大生物が生息しており、
人間たちは決死のサバイバルを強いられることになります。

太平洋戦争の時分に島にたどり着き生き長らえている男が登場しますが、
わが国の横井さんや小野田さんのことが頭によぎりました。
導入部以外は島だけが舞台なので、少しメリハリに欠けてますが、
軍人よりカメラマンのヒロインが役に立っちゃうところがなかなか小気味よいです。
エンドクレジットの後、描かれるエピソードには興味津々。
その作品、早く見たいなあ。
20:47  |  Go to 映画館  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.25 (Sat)

シン・ゴジラ対エヴァンゲリオン交響楽



3月23日、木曜日の夜、渋谷のオーチャードホールで
「シン・ゴジラ対エヴァンゲリオン交響楽」を聴いてきました。
シン・ゴジラとエヴァンゲリオンの音楽をフルオーケストラで演奏する
コンサート企画です。

司会がエヴァンゲリオンで綾波レイの声を演じた声優・歌手の林原めぐみさん、
そして「シン・ゴジラ」で泉ちゃんを演じた松尾諭さん。

演奏陣は
指揮:天野正道
演奏:東京フィルハーモニー交響楽団
東海大学吹奏楽研究会
合唱:新国立劇場合唱団
ゲスト演奏:エリック宮城(トランペット)、今剛(ギター)、高水健司(ベース)、
山木秀夫(ドラム)、宮城純子(ピアノ)
キーボード:鷺巣詩郎
特別ゲスト:高橋洋子、和田薫

ステージ後ろ上空にはスクリーンがしつらえられ、シン・ゴジラ、
エヴァンゲリオンの名場面が映し出されながらのオーケストラ演奏。
両作品の楽曲がフルオーケストラで、ダイナミックに演奏されました。

ソロ演奏者たちは曲の途中で登場するので、最初の拍手はしてあげられない。
各奏者の妙技に酔いしれ、またスクリーンからも目が離せず、
こちらもなかなか忙しいのですが、視覚と聴覚の双方に刺激を受け興奮。

エヴァンゲリオン、シン・ゴジラともに作曲者は鷺巣詩郎氏ですが、
シン・ゴジラには伊福部昭先生の曲も印象的に使われており、
今回のコンサートでももちろん演奏されました。
ただし、鷺巣作品が天野正道氏の指揮なのに対し、
伊福部作品のパートだけは伊福部先生愛弟子の和田薫氏の指揮。
ステージ上でふたりの指揮者が交代する際に手を握りあうのが微笑ましい(笑

司会の林原めぐみさんはエヴァ初号機デザインのドレスで登場、
軽妙なトークで会場をわかしてました。
面白かったのは、庵野監督は、IQの高い小学生と
おじいさんが合わさったような存在という表現。
もうひとりの司会、松尾さんはMCの魅力では林原さんに一歩譲る印象でしたが、
アメリカ人の友人に伊福部昭と書いたタトゥを見せられた話で笑わせてくれました。

圧巻は後半クライマックスで、左右と後ろのドアから
東海大学吹奏楽研究会の皆さんが入場し通路にスタンバイ。
前方すみにまた別の指揮者が現れ(吹奏楽研究会の方でしょう)、宇宙大戦争マーチが始まりました。
通常は前方からしか聞こえない音が通路から会場中に充満する素晴らしさ。
そのうちステージから聴衆に手拍子の合図。
それはいいのですが、やがてステージの和田薫氏の指揮でオーケストラが加わり
結局ヤシオリ作戦。
長い長い手拍子になり手が死にました。
この間ふたり指揮者です。
アイヴズのシンフォニーみたい。

さて、高揚しまくった聴衆の前に前半でシン・ゴジラのレクイエムみたいな曲を歌った
高橋洋子さんが再びあらわれ、今度は同曲日本語ヴァージョン。
そして最後にもちろん残テで酔わせてくれました(またも手拍子。わたしの手再起不能)。

天野さんと和田さんが指揮台でせりあってエヴァとゴジラの曲を演奏しあうギャグあり、
最後の最後には庵野監督も登壇、なんとクラッカーが飛ぶ演出。
コンサートというよりレヴュウを見ているような、ユニークさ。
もう我慢できない聴衆はスタンディングオーベイション。

ゴージャスで楽しいコンサートでした。
両手重傷だけどね(笑
09:04  |  Go to コンサート  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.24 (Fri)

柚子胡椒香る春キャベツとたっぷりしらすのパスタ





ローソンで柚子胡椒香る春キャベツとたっぷりしらすのパスタを買ってみました。

ベーコン入ってる以外はしらすに鰹節と非常に和風です。

美味しいですが、なんといっても、ほのかな柚子の香りがたまりません。

もちょっと、効かせてもよかったかも。

ま、そこらへんのさじ加減がむずかしいでしょうけども。
17:00  |  コンビニグルメ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.23 (Thu)

THEセブンビーフカレー





セブンイレブンでTHEセブンビーフカレーを買ってみました。

セブンイレブンの名を冠したカレー。
それより牛肉7切れ入ってた方がいいなあ。

まあそんくらい入ってるかな?
あ、おしい、6つだった(笑

辛味スパイスつきだが福神漬けがないのが辛い。

カレーの味はさすが美味しいです。
辛味スパイスはかなり辛くなるので、お気をつけください。
17:03  |  コンビニグルメ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.22 (Wed)

冷たいパスタ 生ハムのバジルソース





ファミマで冷たいパスタ 生ハムのバジルソースを買ってみました。

そろそろ暖かくなってきたから、冷製もよいですね。

冷たいからかなあ、ちょっとパスタがもっさりに感じるのですが、
バジルの個性が強いから、かえってちょうどよいかも。

量は少なめです。
17:01  |  コンビニグルメ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.21 (Tue)

春の旬菜幕の内





ローソンで春の旬菜幕の内を買ってみました。

鰆の西京漬焼、豚肉野菜巻きカツ、蒸し鶏の菜の花和え、等、
わくわくするおかずが少しずつ入ってます。
ごはんはあさりご飯。

なかなかボリュームもあって春を感じさせてくれるお弁当でした。
17:02  |  コンビニグルメ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.20 (Mon)

俺たちは空気が読めない2 孤独な彼女の嫁ぎ方


「俺たちは空気が読めない2 孤独(ボッチ)な彼女の嫁ぎ方」
鏡銀鉢著
MF文庫J
2017年発行

1巻がハチャメチャに面白かったので、大いに期待してた2巻目が出ました。

前作に少し登場した高橋さん、今回はフルネームとイラストが与えられています。
かわいい!
中二病の山田作子さんも再び登場。

さて、今回 KY部という名のボランティア部は先輩の結婚式のお手伝い、
クラスメイトでカースト落ちた男の子が復権する手助け、
そして学園祭ならびに結婚の決まった担任女教師の模擬結婚式のプロデュースと、
大活躍。
またまた笑わせてくれます。
そんななか大富豪のお嬢様である、聖良への見合い話が起こり、
さあどうする刀彦くん。

相変わらずの面白さですが、今回それに加え、空気の読めない刀彦くんが青春します。

ハーレム状態で羨ましい刀彦くんを主人公にエロエロなシーンもパワーアップ。
彼の家庭事情やおかしな校長、教頭コンビも描かれ、今作も楽しめました。

思わせぶりなプロローグを始め、うまくまとまっちゃってるので、
続くかわかりませんが、まだまだ読みたいシリーズなのです。
10:50  |  Book(青春・恋愛・ラブコメ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.19 (Sun)

異世界拷問姫3


「異世界拷問姫3」
綾里けいし著
MF文庫J
2017年発行

父親にいたぶられたあげく無惨に殺された少年、
瀬名櫂人は“拷問姫”エリザベートによって異世界に召喚され、
彼女の従者となります。
櫂人により目覚めさせられ、彼を愛する機械人形でメイドのヒナも加えた三人は、
悪魔と戦う壮絶な日々を送るのでした。

さて、第三巻。
今回は悪魔との最終決戦。
前作での戦いのあと、眠りについたヒナを残し、
エリザベートと櫂人は教会の聖騎士たちとともに、残った最後の悪魔たちと対決します。

エリザベートと櫂人のつかの間のデートも描かれ、硬軟のバランスが見事です。
また最終決戦の中でエリザベートにより知らされる意外な事実にはびっくり(?_?)
すげえな異世界!
そして、ヒナちゃん可愛いよヒナちゃん(*^o^*)

まったく一冊一冊の内容が濃いエンターテインメントです。
感動的で切ないラストには、最終巻を読んでいる気まんまんだったのですが、
なんとまだ続くようです。

楽しみが続いて嬉しい。
07:47  |  Book(怪奇・幻想)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT