サトイモ科、東南アジア原産、多年草。

「幸せを招くタイの宝石」と呼ばれているらしいです。

エキゾチックな葉のデザインが魅力的と思います。



葉の茎が真っ白くて、なんかかわいいです。
スポンサーサイト
10/11|花物語コメント(2)トラックバック(0)TOP↑


最近はトシのせいか、外出以外で庭に降りてく機会が少なくなりました。

冬は寒いせいもありますが、自室で座ってぽけーとして、
うつらうつらしていることが多くなりましたね(笑

で、たまーに庭に出ると、母親が連れてきたらしい新しい顔と会ったりします。



これは「銀の舞」という素敵なネーミングです。

カランコエ・プミラ、ベンケイソウ科。



スモーキーな色の葉っぱがアナログ的で面白いです。
03/08|花物語コメント(2)トラックバック(0)TOP↑


ミニシクラメンは通常のシクラメンより花が小さく、耐寒性があるらしいです。

育てやすいように改良されたものですが、そういう方向性では
さらにガーデンシクラメンというのもあります。

ただしミニとガーデンは見分けつかないようですね。
これはミニシクラメンと名札がついてるからミニシクラメン(笑
11/16|花物語コメント(0)トラックバック(0)TOP↑


デビッド・ビンセントは、ある夏の朝、庭の散策途中で、
謎の円盤の大群を目撃したのだった…


まるで季節はずれのハロウィンかUFOって感じで、
うんちゃらうんちゃら…という音が聞こえてきそうです。


☆あ、「うんちゃらうんちゃら」は円盤の飛び立つときの音です。



出典
楡崎麗:成田美名子先生「あいつ」第1巻,白泉社花とゆめコミックス,p153,1980.
08/02|花物語コメント(2)トラックバック(0)TOP↑


ユリ科、南アフリカ原産。

アガパンサスという名前は「愛の花」の意味らしいです。
ロマンティックですね。



白花のアガパンサスは、上から見ると、綿棒が四方に伸びているように見えます。
…見えないか(笑
07/20|花物語コメント(4)トラックバック(0)TOP↑


ピンク色のガーベラ。キク科。

大昔の少年漫画誌って、数頁の読み物が真ん中へんに載ってましたよね。

マガジンやキングが50円とか70円のころね。

で、夏場かなあ、怪奇物語が載ってたことあって、
洋館の温室に咲いてる花の名前で、ガーベラって書いてあったんですよね。

それ以来、こんな綺麗な花なのに、ちょっと怖いイメージ持ってるんです。

あとバーバラって名前もね。
2字違いで似てるからなんとなく。

それからベラもね。
似てるから。
闇にか~くれて生きる~♪
06/01|花物語コメント(2)トラックバック(0)TOP↑






マーガレット ドリームレッドアイ、キク科。

まんなかのオレンジな色がとても綺麗です。
ちょっとクッキーみたいです。
05/06|花物語コメント(0)トラックバック(0)TOP↑




キク科、南アフリカ原産。

どんな名前がついてても、キク科はやはりキクーて感じしますね☆
04/27|花物語コメント(2)トラックバック(0)TOP↑


センリョウ(千両)、センリョウ科。

小さい実が赤く可愛くて、なんとなく美味しそうです(笑

実はお正月に行った喫茶店にも置いてあって、おやっと思ったのですが、
調べてみると、名称がおめでたいのでお正月の縁起物として使われるらしいですね。

ちなみに同じく縁起物でセンリョウより豪華にみえるマンリョウ、
また百両(カラタチバナ)、十両(ヤブコウジ)、
一両(アリドオシ)というのもあるようです。



たぶん、ホテルで見かけたこれがマンリョウでしょう。
センリョウとは逆に、こちらは実が下につきます。
01/11|花物語コメント(6)トラックバック(0)TOP↑




シュウカイドウ科、南米アンデス原産。

とても華やかキレイな花ですが、なんかAKBの歌みたいなネーミングですね。

ちなみに彼女らのことをかつて「アキバよんじゅうはち」と読んでたことは…
秘密です(^_^;)
12/15|花物語コメント(4)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

暗ヲ

Author:暗ヲ
にゃにゃにゃにゃにゃ♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム