FC2ブログ

「瑠璃色の一室」
明利英司著
書肆侃侃房
2018年発行

明利英司氏の新作。
今回はホラー要素のない本格。

内容は帯で中山七里氏が書かれているように、
ホワット・ダニット(何が起きているのか?)で、
ミステリとしては少し珍しい趣向と思います。

精神科の患者で、ある男への復讐を目論み病室を抜け出し動き回る鈴木真里、
イケメンで優秀な警察官の竹内秋人、
精神科病棟の同室の女性の行方を心配し、行動する桃井沙奈、
三者の視線による物語が一章ずつ順番に語られていきます。

ホームレスが殺された事件を捜査する警察官が、
少しずつ犯人に迫っていく描写は面白さたっぷりでドキドキですが、
それでいて目撃情報が錯綜するところはリアリティたっぷり。
目撃証言というものは、太古のミュンスターベルヒの実験を持ち出すまでもなく、
複数の証言は一致しないであたりまえ、
人間の視方や記憶などすごくいいかげんなものと考えていますが、
どうもサスペンスドラマや一般的な警察小説など、ややこしさを避けるためか、
尺や頁数や冗長になることを避けてか、
情報を絶対的なものとして進めるケースが多いもので、
この点、本作ではやたら新鮮に感じました。

…と思いながら読み進めていたのですが、
実はそのちぐはぐさが真相に結びつくという、凝った構成はさすが本作ミステリ。
読者をミスリーディングさせる手口が見事。
この作者らしい会話も楽しく、わくわくしながら読み終えました。
何が起きたのか―?
クライマックスで、それまでばらまかれていた様々なパーツが収束していき、
浮かび上がる意外な真相は、唖然とするものでした。

目次を見て、○○トリックが使われていそうだな、と思っていたのですが、
これはそれよりもさらに一歩進んだ、
うーん、やっぱり一言で言えばホワット・ダニットに尽きるのでしょうね。

脇役の警察官の倉田や探偵の氷上がいい味を出しているのも、
この作者らしく物語の懐を広く魅力的にしています。
また、物語の底に流れる重要なキーワードである瑠璃色を見事に表現した、
げみさんの表紙イラストも大変素晴らしい。

本格ミステリの醍醐味を堪能いたしました。

スポンサーサイト
08/06|Book(ミステリ)コメント(2)トラックバック(0)TOP↑

「そして僕らはいなくなる」
にかいどう青著
講談社タイガ
2018年発行

この作者さん、講談社タイガでは「七日目は夏への扉」(→コチラ)に続き、
二作目の登場です。
そして今回もファンタジックな現象と現実が絡み合う不思議な小説でした。

永岡宗也は優等生の着ぐるみをかぶっている高校生。
如才なく学友と付き合いながらも、ほんとはミサイルが降ってきて、
みんな死んじゃえばいいなんて考えています。
彼はある日、幼なじみの女の子が家に帰ってこないと知ると、
気になって探しに出かけ、事故に遭います。
それ以来、彼は奇妙な夢を見るようになるのです。
それは他人の視点で女性を解体し埋めるという内容でした。
彼のクラスには、みんなから避けられて「魔法少女」と呼ばれている
松浦志緒という女の子がいますが、彼女に興味のある宗也は、
嫌がられながらも、たびたび接触しようとします。
そんなある日、彼女と手が触れ合った瞬間、
彼の持っている奇妙な夢の記憶が彼女と共有されてしまうという現象が
起こるのでした。
不思議な出来事に興味を持ち、
宗也とともに夢の出来事が現実かどうかを調べようとする志緒。
そんな時、宗也は夢の内容に従って、公園で女性の死体を発見することに―。
それは行方不明の幼なじみでした。

不思議な現象が何なのかはっきりとは解明されないし、
事件の犯人の殺害理由は明らかになりません。
でも、本書はいわゆる謎解きミステリではなく、
優等生に見えながら内面はちょっとひねくれた少年と、
同じような存在でありながら、外的に隠そうとしていない少女の、
微妙なこころの触れ合いが興味深く描かれています。
特にラストの展開と主人公たちの行動はなかなかに生々しく、感動的でもあります。

障害者である志緒の姉や、宗也の家のお手伝いさんの描き方に新鮮味があり、
また飄々とした宗也の友人等、周囲のキャラがうまく描けており、
暗くなりがちなプロットを前向きなエンターテインメントに仕上げています。
まあ、しいていえば、宗也と志緒、
それぞれの家族が出来過ぎのような気もしますけども(笑

歪んだ世界と救いを描いていて、読み応えある一作でした。

07/10|Book(ミステリ)コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

「蓮見律子の推理交響楽 比翼のバルカローレ」
杉井光著
講談社タイガ
2017年発行

講談社タイガの積読本を今になって読んだのですが、
素晴らしい作品なので、もっと早く読めばよかった。
作者の杉井光さんは初めて知りましたが、
ラノベを中心に漫画原作者としても活躍している方のようです。

のっけから、「吉松隆と舘野泉に」と献辞が入ってます。
左手だけしか使えないピアニストのために曲を書いた作曲家と、
左手のピアニスト。
そう、本書はクラシック音楽の世界を舞台にしたミステリです。
まあ本書のキーワードのひとつは実は右手のためのピアノ曲なわけですが。

葉山理久央は大学生だけど留年してブロガーをやっています。
そんな彼に目をつけたのが天才作曲家の蓮見律子。
彼女は彼の炎上して消した記事を読んでいて、
その文章に含まれた詩情を買っていたのです。
彼女の曲に作詞するよう頼まれますが、
なにせ素人だからそう簡単には相手を満足させるものはできず、
プロデューサーやその歌を歌う予定の俳優にせっつかれながら、
律子の使いパシリしたり部屋に入り浸って彼女の世話をする日々。
そんなとき、作詞の勉強になるかと潜り込んだ大学の講義で、
本城美紗と知り合います。
彼女はピアニストとして活躍しようという矢先に事故で左手が使えなくなり、
ピアノの道を諦めたのでした。
やがて彼女の弟、湊人とも知り合うことになります。
辛辣な物言いをする彼は有名なピアニストですが、
姉弟の間には確執があるようです。
そして事件が起こります。
姉弟の家が火事で焼け、防音室で湊人の死体が発見されたのです。
彼の死体には不審な点があり、そのとき在宅していたのが美紗だけだったので、
彼女が疑われることとなります。
警察のお偉方にパイプがあり、これまでも幾度となく捜査に協力してきた律子は、
理久央をワトソン役に事件の謎を解くため、乗り出すのでした。

事件が起こるまで物語の半分ほどを費やします。
でも良いのです。
優れた交響楽は第二楽章までをとっても傑作で楽しませてくれるのです。
曲がひらめくと床一面に、憑かれたように音符を書きまくる蓮見律子
(ガリレオかよ!もっともどこにでも方程式を書くのはテレビドラマのオリジナルで、
東野圭吾氏の原作にはそのような描写はないらしいけど。)、
辛辣で我が儘な天才ピアニスト、聴講生が二人だけでも講義を続ける音韻論の教授、
といった個性的な人物たちの物語を読んでるだけでも凄くエキサイティング。
さらに登場人物表の名前がやたら少ない。
でも良いのです。
これはフウダニットではなく、むしろホワイダニットだから。
ついでにタイトルがネタバレ気味でもありますけどね。
まあ良いでしょう。

ヒロインである蓮見律子の強烈なキャラクターも魅力ですが、
全編を彩るクラシックネタは好きな向きにはたまらないでしょう。
蓮見律子の発言で興味深いのが、いまや複製技術が完璧だから、
多様性を考慮してもピアニストなんてそんなに人数いらない、というもの。
これを読んで、大昔に兼常清佐氏が言い出した、
「ピアニスト無用論」を思い起こしました。



猫がピアノの上を歩いても、ピアニストが弾いても同じ音が出るという論旨で、
極論ではありますが、兼常氏は当時の大ピアニストの井口基成氏を使い、
実験まで行いました。



井口氏に良いタッチ、悪いタッチと弾かせ、
オシログラフに記録して振動数を調べたら、大した違いがなかったそうです(笑。

話ずれましたが、蓮見律子のもうひとつ気になった発言に、
会場の状態に影響されるライヴより、完璧な録音の方が良いというのがあります。
いまや高性能なオーディオ装置でどのようにも再現できると。
これも極論ではありますが、連想したのが、かのグレン・グールドの
「コンサート・ドロップアウト宣言」であります。
不確定な演奏会よりも冷静に演奏できて完璧な録音の方が良いとし、
スタジオに引きこもってしまったアレです。
まあこんな風に言いたい放題やりたい放題な天才なので、
理久央くんは苦労するわけです(笑

物語はラヴェルの左手のコンチェルトに代表される、
左手用のピアノ曲はいくつもあるのに、
なぜ右手用のは一般的な有名曲としては存在しないのかという話にも展開し、
事件の解明とともに感動的に幕を閉じます。

作曲家とブロガーというコンビも面白いし、
主人公の理久央くんが一般的なミステリの標準的な人間より、
ドライに見える点もなかなか興味深いです。
文章も上手く、素晴らしいストーリーテリングに、
読み終わった直後に素晴らしい交響楽を聴いた時のような
余韻と感動が広がってきて、思わず心のなかで「ブラボー!」と叫びました。

ところで、わたしも将来防音室のオーディオルームが欲しいと夢見ているのですが、
本書で火事における防音室の危険を改めて思い知らされて、
どーしよーかなーと、ちょっとだけ不安になりました。
まあ、どうせ今のところ夢ですがね。

07/06|Book(ミステリ)コメント(2)トラックバック(0)TOP↑

「向日葵の咲かない夏」
道尾秀介著
新潮文庫
2008年発行

いやあ面白い小説でした。

主人公の小学生が先生の頼みで休んでいる級友の家に行くと、
そこには級友の首吊り死体が。
しかしそれを知った先生や警察が駆けつけると、死体は消失しているのでした。

って書くと普通のミステリみたいですが、
これ以上書くとネタバレになりそうなので書きません(笑

ともかく、先の見えない面白さのおかげで、
結構厚い本なのにグイグイ読ませてくれます。

作者の隅々まで張り巡らしたトリックが見事で、
途中あのひとのこととあのひとのことは察しがついたのですが、
あんな驚天動地なクライマックスが待っているとは思いもよりませんでした。

評価が賛否両論のようで、そのため読んでみようというひとが多いのか、
わたしの買った文庫で52刷まで刷り増ししているようです。
グロテスクという意見もあるようですが、たしかにグロテスク。
しかしよく出来た作品です。

07/04|Book(ミステリ)コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

「合邦の密室」
稲羽白菟著
原書房
2018年発行

第9回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞準優秀作。

物語はある奇妙な手記から始まります。
そこにはある人物が母親に毒を飲まされたこと、
そのせいで自分の顔が崩れたこと、
母親が父親を殺し、その生首を自分の寝ている部屋に持ち込んだところ、
首が浮かび上がってやがて消えてしまったこと、が書かれていました。
その手記の書かれたノートを発見した文楽太夫の長谷太夫は、
相方である文楽三味線の冨澤弦二郎に相談します。
やがて人形方の青年が失踪したこともあり、
弦二郎は友人の劇評家、海神惣右介に話をしたところ、
彼は44年ぶりに葦船島で行われる文楽巡業に同行することになります。
実はその島では1968年に、
太夫と三味線の二人が死体で発見された事件が起こっていたのです。
島に渡った文楽一行ですが、やがてスタッフの一人が死体となって…。

うーん、ややこしいストーリーでうまくまとめられませんが、
ともかく、複雑怪奇なお話が展開されます。

過去に起きた事件の真実とは。
正体不明の三味線弾きの正体は何者か。
スタッフはどのようにして密室から抜け出して死体となったか。
島に現れた謎の人形の正体は。
手記に書かれていたことは現実の出来事なのか。

日本の伝統芸能の世界を舞台にしたミステリということで、
栗本薫さんの「絃の聖域」を思い浮かべました。
また奇妙な手記から始まる作品としては島田荘司氏の「眩暈」を想起。
ばらのまち福山ミステリー文学新人賞の最終選考委員は島田荘司氏ですが、
そのためもあってか、この作品には随所に島田氏の影響が見られます。

現代における人死にが中盤になるまで起きないこと、過去の事件に比べ、
現代のそれが平凡なこと、文楽という男の世界を描いているためか、
若い女性が編集者のひとりのみ、それもあまり登場しないこと、等、
気になる点もありますが、馴染みのない文楽の世界を細かく描いてくれてること、
島で登場する、惣右介に協力するある青年を観察者としてうまく扱っていること、
古き佳き探偵小説にあったような人間の情を感動的に描いていること、
68年当時の世相を描くことで社会派の一面も持っていること、
等々大いに堪能しました。

作者の今後の活躍に期待するものです。

06/20|Book(ミステリ)コメント(2)トラックバック(0)TOP↑

「齟齬」
前田朋子著
彩図社
2006年発行

現状ではこの作品が前田朋子さんの最新作になります。

犬姫シリーズではないため、買ったまま積ん読いたのを今回読みました。

高野龍神スカイラインで交通事故が起こります。
死んだドライバーの携帯を調べると、
「龍神に殺される」というメールを送信するところでした。
一方、同級生三人が和歌山の龍神村にある別荘で再会することになるのですが、
やがて不思議な出来事が起こります。
同級生三人は女性で、それぞれが他の人たちの生き方を羨み妬んでいます。

正直ミステリとしては大したことないのですが、
最終章において爆発する女性たちのすさまじい戦いはなかなか面白く、
二時間ドラマで女優を得てうまく作ったら面白いかなぁ…なんて夢想しました。

06/10|Book(ミステリ)コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

「熊野に来た女」
前田朋子著
彩図社
2005年発行

「妖怪探偵犬姫」のシリーズが素敵な前田朋子さんの非シリーズ作品。

この文庫には「熊野に来た女」と「透明な氷」のニ編が収録されています。

「熊野に来た女」は、執筆に行き詰まった熊野に住むミステリ作家が、
わけありな女性と出会い、ストーカーに狙われているという彼女を
自分の家の離れに住まわせることから殺人事件が起こります。

ミステリとしては中編ということもあり、ものたらない感が残るのですが、
和歌山に住む前田さんならではの風景描写が光ります。
良い意味で二時間サスペンスドラマで放送したら成功しそうな内容ですが、
前田さんがテレビのお仕事をなさってることと無縁ではないでしょう。

「透明な氷」は小学校の女教師がいじめ問題と立ち向かう中で、
ある犯罪を掘り起こしていくお話。

「熊野に来た女」よりも短い短編で、書き込みが薄いのが残念。
もっと長く膨らませれば、なかなか面白いミステリになったかも。
ミステリ的には「熊野に来た女」よりもこちらの方が優れているように感じました。

ともあれ犬姫シリーズの続きが読みたいところですが、
現在は小説家としてよりも石絵作家として活躍されているようだから、
無理だろうなあ。
残念です。

06/09|Book(ミステリ)コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

「探偵AIのリアル・ディープラーニング」
早坂吝著
新潮文庫nex
2018年発行

鬼才早坂吝氏の新作はいきなり文庫での登場です。

人工知能の専門家の大学教授がある目的のために作った、
刑事AIの相以(あい)と犯人AIの以相(いあ)。
彼は不審死を遂げ、AIの双子のかたわれ以相は行方不明。
一方の相以を見つけた教授の息子、高校生の合尾輔は、
彼女の助けを借り父親の死の謎を探っていきますが、
やがて事件の背後には人工知能が統治する世界を作ろうと画策する
テロリスト集団、オクタコアが存在することを知ります。

オクタコアに近づくために高校生活の合間に探偵事務所を開くことにする輔。
相以が探偵、輔が助手。
一方、以相を奪ったのはオクタコアで、彼女を使って事件を起こします。
もともとライバルだった相以と以相は事件を通じしのぎを削るのですが、
やがてオクタコアとの対決のときが―。

いまどきの小説(特にラノベ)に登場するAIは人間型をしていて、
自由に動き回るタイプをよく目にするように思います。
中には感情豊かで主人公とラブコメまでするものまでありますが、
本作のAIは三雲岳斗氏の初期の作品に登場するような、
パソコンやスマホを通じた電脳空間のみに生息するそれです。
それでいて、ディープラーニングにより成長し、
キャラクタが変わっていく様は微笑ましく、楽しいです。

探偵と犯人のアイデンティティに分けられたふたつのすぐれたAIも、
フレーム問題やシンボルグラウンディング問題からは逃れられず、
通常のミステリとは違う探偵や犯人のあり方に知的好奇心がワクワクしまくりです。

AI同士のライバル対決のようで、主人公の母親の死の真相や、
オクタコアに協力する相以の真意、敵か味方かマザコン捜査官の行動がからまり、
読み手の方向性を混乱させる複雑な構成の巧妙さ。
西尾維新ばりの言葉遊びもAIものの作品世界にジャストフィット、
センスがよいです(あ、ちなみに本作表紙イラストは西尾作品で活躍してる
VOFANさんです)。

早坂さん相変わらずの鬼才ぶりで、
特に最終話のアクロバティックな展開は興奮しました。

本書に登場するエラリー・クイーンの「Yの悲劇」「チャイナ橙の謎」は
読んでるけど、瀬名秀明「デカルトの密室」は知らなかったので、
そのうち読んでみたい。

本作の設定は一回こっきりじゃもったいないので、
らいちシリーズみたいに続くといいなあ。

そうそう、脂肪にエネルギーを蓄積して七十二時間働ける男が出てきます。
そんな連続して働きたくはないけど、脂肪を有効活用していて凄いなあと思いました。
ぼくの脂肪など、役に立たない、どころか身体に悪さする死亡のための脂肪ですからね。

05/29|Book(ミステリ)コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

「閻魔堂沙羅の推理奇譚 負け犬たちの密室」
木元哉多著
講談社タイガ
2018年発行

好評第2弾。

父親の閻魔大王のかわりに死者の生前の行いをチェックし、
地獄へ送るか天国へ行かせるか判断してる沙羅。
彼女は自分がなぜ死んだのか知りたい者に、特別なゲームを持ちかけます。
真実は彼らの持っている情報だけで解明できるので、10分間で答えろと。
正解すれば生き返らせてもらえますが、
失敗すると、天国行きが決まってても地獄に落とされます。

今回は短編というか中編というか、三話収録。
どれも読み応え十分。
一応いつも基本パターンは同じなのに、よくアイデアが練られて、
飽きさせない工夫がなされています。
本作でいえば二話目が特に毛色が変わってて愉快。
今回閻魔大王が初めて登場したり、沙羅が今までにない表情を見せたり。
いろいろ堪能いたしました。

秋発行予定の第3弾も楽しみ。

05/23|Book(ミステリ)コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

「緑衣の美少年」
西尾維新著
講談社タイガ
2018年発行

美少年シリーズ第八作。

美観のマユミこと瞳島眉美、大ピンチ。
その透視できるくらい常人離れした視力で美少年探偵団に貢献してきた彼女ですが、
眼科医の検診の結果、目に対する負担のせいで、失明する時期が早まったと。
それを知った探偵団は今回の作戦から彼女を外すことにします。
このたび彼らが敵対する組織、胎教委員会の主催で
短編映画のコンクールが行われるのです。
題目は「裸の王様」(アレンジ可)。
課題は「馬鹿には見えない服」。
組織に近づくため、探偵団も映画を作ることにしたのです。
しかし締め切りまで時間がない。
眉美抜き(それがいいことか悪いことかはさておき)の探偵団は
どうこの課題をクリアするのか。

ミステリだかなんだかわからないお話のようで、
探偵団の作った映画はなかなかミステリの精神にあふれているから問題なし。
特に団長の作品は感動的でいいわあ。

眉美さんの今後を考えると、センチメンタルな内容な今作。
これは完結に近づいているのかどうなのか。
次作は秋刊行予定の「美少年M」です。

あと、今回、創作の描いた眉美のヌード絵画を美術館から盗み出すお話の短編
「美少年盗賊団」が併録されております。

05/22|Book(ミステリ)コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

暗ヲ

Author:暗ヲ
にゃにゃにゃにゃにゃ♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム