Park HwaYoBi/kiss in yesterday
SHINCHON MUSIC SHCD0701
2007年発売

韓国のR&B歌手、パク・ファヨビさんのRemake Albumとなっております。



1、6、9曲目が英語歌唱で他は韓国語による歌唱。

2曲目は「百万本のバラ」の韓国語版です。

6曲目はあのマイケル・ジャクソンが歌った、1972年のネズミの出てくるサスペンス映画
「ベン」の主題歌。

9曲目のムーン・リバーはためいきのように情感をこめて歌われます。

パク・ファヨビさんの訴えるように切ない歌声が心に残ります。

特にバラード系の曲がたまらないです。
スポンサーサイト
02/15|CD(C-POP・K-POP)コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

Angela/Over The Rainbow
Linfair Records 70194
2004年発売

1982年生まれの台湾の歌手・女優、アンジェラ・チャンの歌手デビューアルバム。



冒頭のOver The Rainbowは普段この曲であまり聴かないポップな雰囲気で、
いかにも若い歌い方なのですが、そういえばこれ、
もともと「オズの魔法使い」で若いドロシーが歌う歌でした。

で、わたしはバラードが好きなので、6曲目の「聽見月光」とか8曲目の「雨後」、
12曲目のJourneyがなかなか良かったです。

若さにあふれたパッションを感じる歌声が魅力です。

なおジャケットのデザインもなかなか面白いと思います。
01/12|CD(C-POP・K-POP)コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

黄鶯鶯/純純慾動 PURE TRACY
EMI TAIWAN 7243 852488 25
1996年発売

黄鶯鶯(トレイシー・ホアン)は1951年生まれの台湾の有名歌手であります。



英語歌唱による録音も多々あり、このアルバムは英語による洋楽カヴァーです。

強いインパクトはないかわり甘い歌声でまったり楽しませてくれます。

いわゆる女性ヴォーカリストというよりもアイドル的な魅力を感じます。
04/30|CD(C-POP・K-POP)コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

胡琳/Love Notes
LMC Music
2006年発売

胡琳(Bianca Wu、ビアンカ・ウー)は香港出身の歌手。
このアルバムは彼女のデビュー・アルバムとなります。

ジャケットに見える「愛♪音符」の方がタイトルの“Love Notes”よりも素敵。



歌唱は広東語。
ただしThe Girl from Ipanema とOver the Rainbowは英語。

内容はバラード中心でロマンティックな曲が多いですが、
つぶやくように歌う彼女のスタイルによく合っています。

デュエット曲が2曲。
「手・心」が林一峰氏と、「下不為例」が李國能氏と。
男声ヴォーカルで始まる後者がなかなか良い曲。

あと「煙灰」がしみじみとしててとても気に入りました。

英語の2曲は英語のためかどうか、よりしっとりと甘ったるい表現がなんともいえません。

そして出色はラストのOver the Rainbow。
アカペラで歌われますが、録音が素晴らしく良く、すごくリアルな音像。
そのためか彼女の魅力がダイレクトに伝わり、
聴き終わってしばらく惚けてしまうようなたまらない魅力がありました。
02/18|CD(C-POP・K-POP)コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

レトロポップ・イン・シャンハイ
東芝EMI TOCT-25253
2003年発売

香港EMIが傘下の百代レーベルにおいて、歴史を彩る数々のヒット曲を
香港の名歌手を使い北京語で収録していったシリーズのなかから、
日本、欧米ポップスの元歌ものをセレクトしたアルバムということです。
すべて女性ヴォーカル。

耳なじんだ曲も北京語で歌われると新鮮ですが、それだけではなく、
どの歌手も歌唱力が素晴らしく、聴かせます。



1曲目の「上を向いて歩こう」は坂本九の大ヒット曲。
せつなさを感じさせる曲ですが、口笛がそれに一役買っている気がします。
もちろんここでも口笛がフィーチャーされております。
口笛が効果的に使われた曲として第一に思い浮かべる曲です。

4曲目の「上海の花売り娘」は岡晴夫のヒット曲ですが、
ここでは北京語と日本語のチャンポンで歌われます。

ほかにも霧島昇の「胸の振子」や城卓矢の「骨まで愛して」といった、
日本の最近の歌手の歌をカヴァーした通常の北京語アルバムでは聴けない、
まさにレトロな選曲がうれしいアルバムです。

個人的に好きなのは13曲目の「愛は傷つきやすく」。
元はヒデとロザンナですが、ここでは男声は使われていません。
非常にロマンティックでなつかしく、また原曲とは違った香りがあります。

欧米ものに関しても、原曲を損なわないで、
独特のフレーバーを加味したような仕上がりが素晴らしいです。

こういう企画ものは大歓迎。
01/14|CD(C-POP・K-POP)コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

張惠妹/歌聲妹影
Forward Music 00-20117
2000年ライヴ録音

張惠妹(愛称アーメイ)は1972年生まれの台湾の歌手。
わが国とも縁があり、かつて宮本亜門演出・久石譲音楽の音楽劇「トゥーランドット」に
主演したり、今年も久石譲が指揮する新日本フィル・ワールド・ドリーム・オーケストラと
共演しているようです。

このアルバムは2000年に行われたコンサートをライヴ収録したもので、
カヴァー曲で構成されております。



1曲目のTime to say good-byeはサラ・ブライトマンの有名なヒット曲。
アーメイの声はサラと比べるとおしとやかで可愛らしいですが、
バックの打楽器とともにまるでボレロのように徐々に高揚していく様は
大変聴きごたえがあります。
中国語で歌われますが、タイム・トゥ・セイ・グッバイ~♪の部分は英語。

3曲目のMamma Miaはわたしは知らないけど、高倉健さんも好きだった
(たしか。角川のバラエティ誌上の薬師丸ひろ子との対談で語ってたような…)
アバのヒット曲らしいです。
英語で歌われます。

5曲目はなんと「カルメン」のハバネラ。
中国語で歌われ、またポップスに編曲されてますので、
原曲を思い出すのに時間がかかりました。

8曲目はホイットニー・ヒューストンの映画「ボディガード」で有名になった歌。
英語で歌われます。
ホイットニーに比べるとしっとりとしたラヴ・バラードに仕上がっており
静かに胸にしみます。

バラエティに富んだ、とてもとても楽しいアルバムであります。
12/25|CD(C-POP・K-POP)コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

Jjang Nara/Dream Of Asia
Seoul Records SDL0099
2008年発売

韓国の歌手・女優のチャン・ナラさん(1981-)の6集目のアルバム。
CD2枚にVCD1枚という豪華盤です。
韓国語のほか北京語、広東語、日本語、英語の歌唱が含まれており、ゴージャスです。

最近日本に入ってきてる韓国ポップスでは
KARAのようなダンサブルでポップな曲調が主流な印象ですが、
わたしはバラードが好き。
そして団体さんよりソロの歌声が好きです。



このアルバムにはポップな曲も入ってはいますが、
しっとりとしたバラードな曲が特に素敵です。
特に1枚目の3曲目、4曲目はチャン・ナラさんの切なげなヴォーカルがたまらないです。

英語で歌われる12曲目は可愛らしいし、
日本語歌唱の13~15曲目は日本語が多少つたなく聴こえますが、
そこが逆に魅力にも感じます。

蜃気楼とjump jumpの2曲は韓国語・北京語・日本語の3ヴァージョン収録されてますが、
13曲目の日本語版蜃気楼でしんきろうをしんきるぅ~♪と発音してるとこなど
すごくEジャマイカ。

またブックレットの写真が素敵。
チャン・ナラさんがとても可愛く撮れてます。
12/17|CD(C-POP・K-POP)コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

Jolin/lucky number
Universal Music Taiwan 014782-2A
2001年発売

台湾の女性歌手、ツァイ・イーリン(蔡依林)、
英語名ではJolin Tsaiの4枚目のアルバムです。



1曲目のBridge Over Troubled Waterはサイモン&ガーファンクルの名曲ですが、
1980年生まれでこのとき21歳ほどのジョリーンは若さにまかせ、イキイキと歌います。

元歌とは違い、バックともどもポップに仕上がっております。

なかなか気持ちのよいヴォーカルです。

逆に4曲目や7曲目のようなしっとりしたバラードも素晴らしいです。

個人的には、K-POPにおされてCD屋さんで売り場が極端に狭くなってきたC-POPが、
もうちょっと復権してほしいです。
10/30|CD(C-POP・K-POP)コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

セシリア・ハン/狂想的旅程 A Journey into Fantasy
Sony Music Japan SICP 1629
2007年発売

女優さんでもあるらしいセシリア・ハン(韓雪、ハン・シュエ)さんの
北京語によるアルバム。

きれいな歌声が聴けます。



中孝介とのデュエット、「言葉はいらない」
(2007年「日中文化・スポーツ交流年」テーマソング)や
中島美嘉のヒット曲「雪の華」のカヴァー「舞い散る雪」も
収録されています。
明るく歌われているところが魅力ですが、
「雪の華」に関しては原曲のが好みかな。
この曲はカヴァーされることが多く、
たしか韓流ドラマの主題歌? にも使われてましたね。

セシリアさん、日本ではこのCDがデビュー盤とのこと。
本国では何枚か出ているようだけど日本ではまだこれ一枚なので、
ぜひ他のも出してほすい(`・ω・´)
12/15|CD(C-POP・K-POP)コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

Yoon Sohnha/sOna
Rock Records RLPD-046
2000年発売

10年ほど前に出ましたユンソナさんの1stアルバムです。

バラエティやドラマで大活躍のユンソナさんですが、
似たお名前で美人女優のソン・ユナさんという方がおられ、紛らわしいですw



このアルバムでは概ねロマンティックな曲を可愛らしい声で歌っています。

いわゆるアイドルデビューアルバム的仕上がりといっていいでしょうか。

11曲目、ハングルなので曲名読めませんが、日本盤では「一緒に」となっている曲では、
ウォンビンや先般亡くなったパク・ヨンハがバックコーラスで参加しております。

どの曲も叙情的なしっとりした雰囲気なので、コーヒーを飲みながら、
または雨がしとしとな日などに聴くのにぴったりです。
10/19|CD(C-POP・K-POP)コメント(4)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

暗ヲ

Author:暗ヲ
にゃにゃにゃにゃにゃ♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム