2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2017.07.23 (Sun)

今日から俺はロリのヒモ!4


「今日から俺はロリのヒモ!4」
暁雪著
MF文庫J
2017年発行

漫画家志望の中卒男子ハルが大金持ち小学生の女の子藤花ちゃん
(自分でめちゃくちゃ稼いでる)のヒモになって、彼女のお友達のロリたちや
メイドのお姉さんを加えウハウハ生活満喫するという、
ありえない設定の楽しいラノベ第四弾です。

今回は前巻の続きから始まります。

公園で水鉄砲でロリたちと遊んでいたハルは、お巡りさんに怪しげに思われてしまい、
交番に連れて行かれてしまいます。
しかしロリたちの援護射撃もあり、逆にお巡りさんを説教しちゃうハル。
ちょっとかっこいいぞ。
その後もロリたちと冬コミ用の企画を相談しながら、楽しい日々を送ります。
ハルが入院患者になって、ロリたちがナースやドクターに扮しての、
ろりろりクリニックごっこ。
藤花ちゃんの人間体温計がすごいぞ。
興奮するぞ。
ロリたちとのノーパンしゃぶしゃぶ、目隠しをしてどのロリかを当てるききロリ、
ロリたちとやるゲーム、といずれもけしからん…いや羨ましい。
そんな楽しい日々のなかで、ロリたちからハルくんに真剣に考えなければいけない
命題が突きつけられます。
ハルの出した結論とは…。

いやあ今回も楽しかった。
次巻にも期待です♪
スポンサーサイト
07:29  |  Book(青春・恋愛・ラブコメ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.07.17 (Mon)

突然ですが、お兄ちゃんと結婚しますっ!そうか、布団なら敷いてあるぞ。


「突然ですが、お兄ちゃんと結婚しますっ!そうか、布団なら敷いてあるぞ。」
塀流通留著
MF文庫J
2017年発行

「お兄ちゃーん」なお兄ちゃんラブな妹の登場するお話は多々ありますが、
この小説は妹が三人も出てくるのです。
しかも、普通の妹じゃなくて、みんな立場が違うのです。

主人公の高校生舞並彗の妹―
まず星延凛音―実妹
彗と凛音は両親を亡くし施設に預けられ、その後別々の家族に引き取られます。
だから妹なのに苗字が違うわけですが、凛音の引き取られた先はものすごいお金持ち。
大企業を経営しており、兄妹が結婚できるよう法律を変えられるくらいの
力があるのです。
次に舞並空―義妹
彼女は彗が引き取られた先の家族の実子。
最後に露女青葉―似妹
彗が施設で一緒だった女の子だけど、実は彼よりひとつ年上。
でも彼のことをお兄と呼びます。

この妹三人はそれぞれ彗と同じマンションの別部屋に住んでおり、
しょっちゅう彼の部屋に入り浸ってます。
妹三人とも彗のことが好きで結婚したいと思ってますが、
彗はといえば…実は彼女たちのことが好きなのですが、ひとり選ぶわけにもいかず、
妹ハーレム状態を楽しんでいる現状。

そんな主人公と四人の妹とのイチャラブコメディです。

なかなかユニークな設定。
短いエピソードの連なりで出来てますが、妹たちのお兄ちゃんラブぶりが笑えます。

近々2巻が出るようなで、楽しみに待ってます。
09:24  |  Book(青春・恋愛・ラブコメ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.07.15 (Sat)

編集さんとJK作家の正しいつきあい方


「編集さんとJK作家の正しいつきあい方」
あさのハジメ著
富士見ファンタジア文庫
2017年発行

ラノベ作家の内幕ものも、身近な経験を元にすればよいからか、増えてきました。
ラノベ作家も星の数ほどいるし、
作家になりたい予備軍もさらに膨大な人数になるでしょうが、
このような本を読んで勉強になるか、あるいはその苛烈さに諦めちゃうか…。

本書のユニークな点は編集者と作家のラブコメというところです。
ラノベは主人公たちが高校生という設定が多いので、
通常おとなである編集者をヒロインの相手役にもってくるのは難しいわけですが、
編集者を高校生のバイトに設定することで切り抜けてます。

冴原吹雪はラノベが好きで編集部のバイトをしている高校生。
バイトといっても仕事ひとすじの社畜予備軍、かなりのやり手です。
そんな彼が担当することになった新人作家の竜園寺美沙はなんと彼のクラスメート。
彼女は吹雪が住んでいる、なつめ荘という、ラノベ作家と予備軍、
編集者が住んでいるところに引っ越してきます。
さあラブコメの舞台は整った!といいたいとこですが、
仕事のことばかり考えている吹雪は小説のアイデアが浮かぶと、
女の子が入浴中でも入っていってしまう、ターミネーターと呼ばれる人間で、
実は彼のことが好きなヒロインとのイチャラブにはなかなかなりませんが、
ラノベ作家同士が切磋琢磨し、作品に取り組んでいく様はなかなか読み応えあります。
主人公の高校に通っていながらの社畜予備軍度がすごくて、
こんなやつの恋人になったら大変だろうなあと思いました。

初めて知った情報としては、発売日前に書店に本が並ぶいわゆる早売りには、
発売日までの売り上げによって重版を決められる効用があること。
なるほど。

もうじき続編も発売される予定なので楽しみにしてます。
07:18  |  Book(青春・恋愛・ラブコメ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.07.08 (Sat)

君に恋をするなんて、ありえないはずだった そして、卒業


「君に恋をするなんて、ありえないはずだった そして、卒業」
筏田かつら著
宝島社文庫
2017年発行

待望の完結編です。

高校三年生の飯島靖貴と北岡恵麻は本当はお互い好き合っているのに、
靖貴は誤解から恵麻を避けるようになってしまいます。
大学受験時期ということもあって、恵麻を避け勉強に打ち込む靖貴。
本心を伝えられずもどかしい想いの恵麻。
そして靖貴はあえて地元から離れた地域にある大学を受験し合格します。
ひとりで住むアパートも決め、明日は出発だという日。
友人たちとの会合の帰りに靖貴と恵麻はひさしぶりに再会します。
そこでもなんということもなく別れるふたり。
しかし帰途靖貴は今までの出来事を思い返し、彼女の気持ちに気がつき、
自転車を逆方向に走らせます。
彼女に向かって。

前巻の終わりあたりから、長い長いすれ違いドラマが続きます。
まるで川内康範の小説のようですよ。
読んでるこちらもせつなくてせつなくて。
でもクライマックスで…感動が何倍にもなって押し寄せます。
そこにだけ、たった一カ所だけ、
計算されあえて挿入されたイラストが盛り上げています。
これ、ずるいです。
いやーやったな飯島くん、よかったな恵麻さん。

おまけにふたりの後日談(というほど日時は経ってないけど)の短編が収録されていて、
こちらはもう読んでるこちらが顔赤らめちゃうようなお話です。
タイトルの“卒業”ってのは、ダブルミーニングなんでしょうな、きっとかっと。

いやー楽しかった。
また著者の別な作品にお目にかかりたいです。
07:40  |  Book(青春・恋愛・ラブコメ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.07.02 (Sun)

ラノベのプロ!2 初週実売1100部の打ち切り作家


「ラノベのプロ!2 初週実売1100部の打ち切り作家」
望公太著
富士見ファンタジア文庫
2017年発行

まあまあ売れてるラノベ作家の神陽太(ペンネーム)ですが、
現在新作のアイデアに悩んでいます。
彼の部屋には後輩ラノベ作家で女子高生の小太郎(ペンネーム)や、
やはり後輩ラノベ作家で14歳の絵万寺エル(ペンネーム)が入り浸っており、
騒がしい毎日。
そんななか、アシスタントに雇っている、
幼なじみで昔から好きだった希月結麻にプロポーズしてしまうのですが…。
までが前回のお話。

さて、結果は…
「考えさせて」
結麻の両親は大恋愛の末結婚したのに離婚しており、
彼女のトラウマになっているのでした。
そんななか小太郎のデビュー作が発売されますが、
出だしの売り上げが芳しくなく、一作のみで打ち切りとなってしまいます。
編集部に新作を要望される小太郎ですが、どうにも諦めがつかなくて…。
そして陽太が動きます。

ラノベ作家内幕ものラノベでラノベ作家になりたい向きには多少参考になるかも。
シリアスでシビアな業界が垣間見えます。
ラノベ作家ハウツー的な情報は貴重です。
しかし、舞阪洸氏の「雨音天祢のラノベ作家養成講座 おまえをラノベ作家に
してやろうか!」ほどハウツーに徹してなく、ラブコメ路線も外してはいません。

今回、後輩のために戦う神陽太先生かっこいいです。
受けて立つ編集のお姉さんもかっこいいです。
クライマックスにおける二人のバトルが最大の読みどころ。

ところで神先生の新作がギャルばかり出てくるラブコメ。
普通いろんなタイプの女性を配すものですが、全員いろんなタイプのギャル。
タイトルが「あーばんギャルど!」(仮)だって(笑
望先生、これ実際に書いてくださいよ!

正直一巻目もまあまあ面白かったけど、この二巻はめちゃくちゃ面白い。
その落差が興味深いほどです。
綺麗にまとまってて、これはおそらく二巻でおしまいかなあ。
ちょっと残念な気もしますが、もちろん続巻でたら読みます。
いや、何度でもいいますが、面白かったー。
07:23  |  Book(青春・恋愛・ラブコメ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.06.24 (Sat)

弱キャラ友崎くん Lv.4


「弱キャラ友崎くん Lv.4」
屋久ユウキ著
ガガガ文庫
2017年発行

アタファミというゲームの世界で日本一のプレイヤー友崎文也。
しかしリアルでは他人と付き合うのが下手でボッチな高校生。
そんな彼はひょんなことから、勉強でもスポーツでも人付き合いでも
高校カーストトップのクラスメート日南葵に特訓を受け、
徐々にリア充の楽しさを知るようになっていきます。
前回、葵との考え方の違いから衝突した友崎くんですが、
目的を「本当にやりたいこと」に向けることで一段と成長します。

今回第四弾はあの一作目で衝突したクラスの女王、紺野エリカがターゲット。
球技大会を全員で楽しむため、なんとか無気力なエリカを引き込もうとするのですが…。
徹底的なリサーチと観察、そしてなんとか攻略法を編み出す友崎くん。
さあ、彼のアプローチは成功するのか。

さあさあ、ますます面白くなってきました。
人間の言動や行動を細かく分析し、人間関係の力学に応用する、
ラノベとしてはなかなかに高等テクニックが描かれ、
わたしなど難しいなあと思いながらワクワク読み終えました。
物語の後半に起こるトラブルはシリーズ始まって以来の深刻さをみせ、
次巻友崎くんがどんな行動をするのか、問題がどう解決するのか興味シンシン。

著者あとがきによるフライさんの太ももイラストに対する考察も興味深く、
次巻が待ち遠しいです。
07:09  |  Book(青春・恋愛・ラブコメ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.06.18 (Sun)

元勇者、印税生活はじめました。~担当編集はかつての宿敵~


「元勇者、印税生活はじめました。~担当編集はかつての宿敵~」
霜野おつかい著
GA文庫
2017年発行

ラノベ作家を主人公にしたラノベは最近よく目につくところです。
内幕ものなので書きやすい題材でありましょう。
またラノベ作家予備軍は大勢存在するとみえて、
ラノベの書きかたみたいなハウツーものもしばしば目にします。
ラノベ業界が垣間見えて、需要があるのでしょう。
そんななか、本書は通常の内幕ものとは一味違うユニークな設定を盛り込んでいます。

主人公刃桐創一は元勇者。
異世界に召喚され、勇者として活躍し、
仲間とともに破壊神を倒したあと日本に戻されたのでした。
そんな彼はその後ラノベ作家としてデビュー、人気を博しています。
ところが彼は異世界での体験をアレンジして作品にしたので、
三巻目で破壊神を倒したとこまで書いちゃったあとモデルにする体験がなく、
スランプ状態。
そんなとき彼の担当の編集さんが変わるのですが、
なんとびっくり、新しい編集さんの風楽梨々とはかつての敵、破壊神だったのです。
彼女も勇者に倒されたあと、日本にきて、あるラノベに感動し編集やってるのです。
そんなわけで、かつての敵はいまや作家と編集さんという関係になり、
一緒に新作を発刊すべくともに協力するのでした。
実は梨々は創一の作品の大ファンで…。
な、お話なのですが、なんとこの世界に異世界からの化け物があらわれ、
勇者の創一は締め切りに苦しみながら、相変わらず戦う羽目になるのでした。

いやあ面白い設定。
主人公の住んでいる高級マンションは事故物件のため、
ものすごくお安いのです。
そんな場所に勇者ならでは幽霊たちをしばき倒して安楽に住んでいます。
また彼の担当絵師がなんとやはり異世界で一緒に戦った仲間だったり、
異世界ものと内幕もの、ラブコメのいいとこどりです。
いいとこに目をつけたなと感心します。

お話は一段落しますが、回収されてない伏線があるので、続くのでしょう。
楽しみです。
07:30  |  Book(青春・恋愛・ラブコメ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.06.10 (Sat)

可愛ければ変態でも好きになってくれますか? 2


「可愛ければ変態でも好きになってくれますか? 2」
花間燈著
MF文庫J
2017年発行

高校二年生、桐生慧輝くんは部室の中に残されていた、
「あなたが好きです。」と書かれた手紙とパンツを置いた主を、
シンデレラの王子様のように探し求めています。

候補は三人いたけど、みんな変態さん。
ひとりはドM、ひとりはドS、最後のひとりは慧輝くんとロリコンの親友翔馬くんを
モデルにBL漫画を描いている腐女子。

そんな彼の前に現れた新たなシンデレラ候補、生徒会副会長。
しかし彼女もまた変わった性癖を持っており…。

とゆうわけで、またまた楽しい変態ラブロマンスです。

翔馬くんのことが好きな上級生のキューピッドをしたり、
パンツの主探しをしたり大忙しの慧輝くんです。

さてさてとりあえずまともそうな慧輝くんの妹はどう絡んでくるのか、
パンツの持ち主は誰なのか。

そうそう、慧輝くんの家にドSとドMの女の子が遊びにきた日に、
隠しといたパンツが消失する事件発生。

謎は謎を呼び、さあ次巻が待ち遠しい!
08:49  |  Book(青春・恋愛・ラブコメ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.06.04 (Sun)

佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I'll have Sherbet! 2


「佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I'll have Sherbet! 2」
九曜著
ファミ通文庫
2017年発行

不動産屋の手違いで、アパートの同じ部屋に住むことになった弓月恭嗣と佐伯貴理華。

そんな高校生ふたりの恋もようとキャンパスライフを描いたラブコメ第2弾。

佐伯さんの積極的なラブアタックに真面目?な弓月くんは
なんとかかわしながらもまんざらではない日々。
お休みはデートもしますが、ちゃんと勉強もしてるから偉いものです。
弓月くんのワケありな元カノ、宝龍さんは弓月くんにまだまだ未練があるようで、
何かと絡んできますが、今回はもうひとり、
佐伯さんの同級生の浜中くんが新登場。
佐伯さんを狙っているようなのですが、これが面白いキャラ。

ますます楽しくなってきた第2巻ですが、冷静ぶってる弓月くんが
本気になるシーンが3度ほどあり、淡々と描かれたラブストーリーのようで
ちゃんとドラマは起こります。

クライマックスでふたりにとって大きな出来事、
そしてふたりの関係にドラスティックな変化も起こり、さあ次巻が楽しみです。
08:07  |  Book(青春・恋愛・ラブコメ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.05.28 (Sun)

非オタの彼女が俺の持ってるエロゲに興味津々なんだが……5


「非オタの彼女が俺の持ってるエロゲに興味津々なんだが……5」
滝沢慧著
富士見ファンタジア文庫
2017年発行

エロゲを通じて付き合っている、高校生の一真くんと萌香さん。

萌香さんのお母さんに付き合ってることを言えなかったせいで、
彼女に無視され続けてつらい思いをしている一真くん。

どんなに謝っても許してもらえず、涼香ちゃんや幼なじみの瑠璃ちゃんに
アドバイスもらいながら頑張るのですが、どんどんふたりの仲はこじれて、
シリーズ最大のピンチ。
しかもクリスマスがせまってくるう。
さあ、どうするどうなる一真くん。

というわけで、ラノベ的には通常一区切りの5巻。
最高の展開とクライマックスで、こりゃもう今回最終巻?
いやいやまだまだ続くらしいです。
よかったね。
09:29  |  Book(青春・恋愛・ラブコメ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT