2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2017.04.29 (Sat)

今日から俺はロリのヒモ!3


「今日から俺はロリのヒモ!3」
暁雪著
MF文庫J
2017年発行

漫画家志望の中卒男子が大金持ち小学生の女の子(しかも自分で稼いでる)
のヒモになって、ウハウハ生活満喫ってありえない設定の楽しいラノベ第三弾です。

今回は主人公の天堂ハルが自分を養っているロリの二条藤花に
「わたしと駆け落ちしてください!」と頼まれるシーンから始まります。
まあ藤花ちゃんは言葉の選び方がまだ正確じゃなくて、
ようは大阪出張に同行してくれって意味なんですけどね。
で、彼女の仕事も終わり、その後ふたりは大阪旅行を満喫し 、
一緒に服や下着を買い(ロリの下着も彼が選ぶんだぜ)、
藤花の親友でお金持ち実業家仲間の千鶴と紗奈も東京から呼んで合流、
一緒にホテルに泊まり一緒にお風呂に入り身体を洗わせごっこをするという
(彼女たちは水着着てますがね)パラダイス。

あとコミケでロリたちに魔導書と称した同人誌を買わせるゲームをしたり、
ロリたちにSMを教えたり(ソフトなやつですがね)やりたい放題。

そんな折り、ハルの担当編集者がコミカライズの仕事を持ってくるのですが、
彼は忙しくなるとロリたちと遊べなくなるので受けるか断るか悩むのでした。
さて、彼の出した結論は…。

さらに公園で水鉄砲でロリたちと遊んでいたハルは、
お巡りさんに声をかけられてしまい交番へ…。
さあハルの運命はどうなるのか…四巻に続くのであります。

いやあ今作も楽しかった。
他愛ないお話なのに、ハルの(とゆうか作者の)ロリ愛があふれてて、
あったかい気持ちになります。

すっごくうらやましいぞ。
次巻でもさらにうらやましがらせてくれ。

なお、挿し絵イラストでは藤花ちゃんのグリコポーズがかわいさたまらんでした。
スポンサーサイト
09:12  |  Book(青春・恋愛・ラブコメ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.23 (Sun)

君に恋をするなんて、ありえないはずだった


「君に恋をするなんて、ありえないはずだった」
筏田かつら著
宝島社文庫
2017年発行

「小説家になろう」掲載作を改題・改稿したものらしいです。

高校三年生の飯島靖貴は一度すげない態度をとられた北岡恵麻が苦手。
しかし合宿時にやむをえず助けたことから、少しずつ話をするようになります。
モテないと思い込んでる地味で気配りのできる眼鏡男子と、
派手で綺麗でカースト上位な女の子。
不器用なふたりですが、お互い相手を好きになり、
告白しないながらもだんだん距離を縮めていきます。
しかし外部からの影響により、ふたりの恋はすれ違っていくのでした。

…というとこで終わっちゃいます。
タイトルじゃないけど、ちょっとありえない本です。
続くの前提ならナンバリングするとか前編と入れるとかしてほしいものです。
売れないと続編出せない編集部の立場はわかりますが、
普通そのようなケースでもとりあえず一旦お話が収束するわけで。
とはいえ、ネット情報だと、続きが出ることになっているようなので、ひと安心。

ラノベみたいな派手なイチャラブ模様はありませんが、
淡白ながら若者の真面目な恋愛が描かれ好印象な作品なので、続編が楽しみです。
08:21  |  Book(青春・恋愛・ラブコメ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.16 (Sun)

俺を好きなのはお前だけかよ⑤


「俺を好きなのはお前だけかよ⑤」
駱駝著
電撃文庫
2017年発行

今回は④巻後半からの続きです。

西木蔦高校図書室閉鎖の危機を救ってくれた唐菖蒲高校のイケメン図書委員ホース。
彼は中学時代一緒の学校だったパンジーのことが好きで、パンジーは彼が苦手。
そこでジョーロとホースの勝負。
高校野球地区大会決勝戦の場で、女の子たちが二人のどちらかに髪留めを渡す。
その数でパンジーと付き合う男を決めようというもの。
さあ、勝ち目のないジョーロくんはいろいろ画策するのですが…。

1日の出来事を描いたにしては長いです。
しかし、さながらコンゲームもののような
ジョーロとホースの緊迫した騙し合いは面白さ抜群。
タイトルもしっかり回収して、一学期編完結です。
通常ラノベでは2巻で終わってしまうものが多く、
まあまあ人気があっても5巻がひとくぎり。
本作なんて、その上④⑤が続き物構成という、
あたかも大団円に向かいそうなフラグを感じさせるわけですが、心配無用。
夏休み編を挟んで二学期編に突入するとのこと。

今作はサンちゃんモノローグによる過去話が随所に挿入され、
今までと違う構成でそれが良いんですが、今回よっくわかりましたよ。
このお話の真のヒロインは、サンちゃん(♂)だ!
いゃラストのサンちゃんとジョーロのやりとりが泣かせます。

今後も期待するしかありません。
08:17  |  Book(青春・恋愛・ラブコメ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.09 (Sun)

ラノベのプロ! 年収2500万円のアニメ化ラノベ作家


「ラノベのプロ! 年収2500万円のアニメ化ラノベ作家」
望公太著
富士見ファンタジア文庫
2016年発行

ラノベ作家の内幕ものラノベが最近とみに増えてます。
作家さんにとっては身近な世界を描くので、書きやすいのかもと思う反面、
ご自身が実際仕事上悩んでる部分をさらけだす
(とは限らないいでしょうが)というところに苦しさや気恥ずかしさを感じて書いてるのかも、
と想像します。
本作の場合、作者自身の実体験が元になっているようです。

主人公は神陽太(ペンネーム)という、大学生(通ってない)でラノベ作家。
デビュー4年目で作品がアニメ化され、現在の年収が2500万円という、
端から見たらうらやましい境遇ですが、
新シリーズのアイデアがなかなか通らなかったり、悩んでいるようです。
税金対策で幼なじみの希月結麻をアシスタントに雇います。
彼女はラノベのことは何も知りませんが、主人公のことを好きな様子で、
いろいろ面倒をみています。
陽太の後輩ラノベ作家で女子高生の小太郎(ペンネーム)や、
やはり後輩で14歳の絵万寺エル(ペンネーム)が陽太のところに入り浸るようになり、
賑やかなラノベ会話を繰り広げるようになりますが、蚊帳の外におかれた感の結麻。
陽太はなんだかんだトラブルの末彼女に…。

ラノベ作家内幕ものですから、ラノベ作家の内情的描写が面白いです。
さらにラストに向かって加速するラブコメ要素もニヤニヤで楽しいです。
最後の終わり方がきっぱりしていてよいのですが、お話は続くようです。

二巻楽しみです。
08:03  |  Book(青春・恋愛・ラブコメ)  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.20 (Mon)

俺たちは空気が読めない2 孤独な彼女の嫁ぎ方


「俺たちは空気が読めない2 孤独(ボッチ)な彼女の嫁ぎ方」
鏡銀鉢著
MF文庫J
2017年発行

1巻がハチャメチャに面白かったので、大いに期待してた2巻目が出ました。

前作に少し登場した高橋さん、今回はフルネームとイラストが与えられています。
かわいい!
中二病の山田作子さんも再び登場。

さて、今回 KY部という名のボランティア部は先輩の結婚式のお手伝い、
クラスメイトでカースト落ちた男の子が復権する手助け、
そして学園祭ならびに結婚の決まった担任女教師の模擬結婚式のプロデュースと、
大活躍。
またまた笑わせてくれます。
そんななか大富豪のお嬢様である、聖良への見合い話が起こり、
さあどうする刀彦くん。

相変わらずの面白さですが、今回それに加え、空気の読めない刀彦くんが青春します。

ハーレム状態で羨ましい刀彦くんを主人公にエロエロなシーンもパワーアップ。
彼の家庭事情やおかしな校長、教頭コンビも描かれ、今作も楽しめました。

思わせぶりなプロローグを始め、うまくまとまっちゃってるので、
続くかわかりませんが、まだまだ読みたいシリーズなのです。
10:50  |  Book(青春・恋愛・ラブコメ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.11 (Sat)

佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I'll have Sherbet! 1


「佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I'll have Sherbet! 1」
九曜著
ファミ通文庫
2017年発行

九曜さんの作品が久々に読めました。

彼の前作「その女、小悪魔につき―。」(文庫化では改題され、
「槙坂涼は退屈を好まない。」)は大変好きな小説だったのですが、
出版社の意向で二巻までしか発行されなかったのです。
続きは小説投稿サイト「小説家になろう」で書き続けられ、
今確認したら完結しているようですね。
とはいえガラケー野郎な私はネット上で小説を読むのがつらいので、
単行本掲載以降の内容は読めず、歯がゆい思いをしていたところでした。
別の作品とはいえ、再び九曜さんの作品に触れられ、嬉しく思います。
今回は人気イラストレーターのフライさんとのコンビ。
小説投稿サイト、カクヨムで連載されている作品のようです。

弓月恭嗣は高校二年になった折、一人暮らしを始めることに。
ところが不動産屋の手違いで同じ部屋に契約した、
ひとつ年下の帰国子女の佐伯貴理華とルームシェアする羽目になります。
彼女は何と同じ学校の下級生。
フレンドリーに距離を縮めてくる彼女に対し、なぜか一歩引いている彼は
学校では親しくしないように頼むのですが…。

物語は彼の複雑な立場の原因である元カノ?宝龍美ゆきを加え、
楽しく複雑に展開していきます。

よくあるルームシェア設定(「翔んだカップル」等)ですが、そこは九曜さん、
淡々と進む物語にミステリアスなスパイスが散りばめられ、
一気に読ませてくれました。

謎の過去を持ち、ヒロインやクラスメートに敬語で話す主人公。
出会った当初から好き好き光線を放つヒロイン。
頭もスタイルもいいクールビューティー宝龍さん。

通常のラノベとちょっと違う九曜さん独特の作品世界が楽しめました。
あ、佐伯さんが仮病で体温計の熱をわざと上げようとするやつ、経験アルアル。

次巻発行も決定しましたので、期待です。
09:24  |  Book(青春・恋愛・ラブコメ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.02.26 (Sun)

暗黒騎士を脱がさないで5


「暗黒騎士を脱がさないで5 #エリー #いもけんぴ #枕びしょびしょ罪」
木村心一著
富士見ファンタジア文庫
2017年発行

今回は前作の続き。
暗黒騎士さんことエリーの元いた世界の王が毒殺され、
嫌疑が彼女にかかります。
波旬という神様候補の高校生鞍馬啓治、
実は元波旬の神藤マホ、
エリーを追いかけてこの世界にきたもうひとりの暗黒騎士の田中ノイエ、
ノイエに執着する獅叢カナエは、
異世界からの追手からエリーを守ろうと策を練るのですが、
敵の暗黒騎士エリザベスは強敵で…。

今回は啓治が嫌っている現波旬のお父さんが初登場、啓治らに力を貸します。
深刻な戦いの中でのギャグも相変わらず秀逸、大爆笑。
ただギャグに使われてるいもけんぴがわたしわからない。
岸田さんが出てこないのは残念だけど、今までの総まとめ的な展開で、
満足のクライマックス。
そして最後、暗黒騎士さんは兜を脱ぎ…。

表紙イラスト、幸せそうなエリーの姿がちょっとネタバレかな。
おそらく今作で完結だと思われますが、淋しいです。
08:28  |  Book(青春・恋愛・ラブコメ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.02.19 (Sun)

リンドウにさよならを


「リンドウにさよならを」
三田千恵著ファミ通文庫
2017年発行

第18回えんため大賞優秀賞受賞作で著者デビュー作です。

神田幸久は好きな同級生の女の子が高校の屋上から飛び降りたとき、
助けようとして一緒に落ちてしまいます。
意識が戻ると、学校の教室に…。
どうも三年近い月日が経っており、彼は幽霊になってしまったようです。
彼が成仏できないのはなぜなのか…。

クラスからいじめられている穂積美咲だけには彼の姿が見え、
それからふたりは友達となり、彼は屋上で彼女のお弁当を味わったり
(幽霊だから食べることはできないが味は感じられる)、
彼女に勉強を教えたりします。
彼との付き合いで雰囲気も変わり成績もよくなり、
いじめられてたクラスでの立場も変わってくるのですが、
実はいじめの原因は意外かつ悲惨なもので…。

ところで幸久は霊を助ける使命をもっている霊感少女の高木さんや、
幸久のかつての弟分守にもその存在を知られることになり、
近づいてくる学園祭の計画もあり、楽しい学園霊生活を送り始めます。
しかし、やがて彼は重大な事実を知らされます。

もうね、ほんとに何度も泣きました。
こうじゃないかなと考えていた結末はすべて外され、
思いもしなかったクライマックスが襲いかかってきて、
まともにくらっちゃって感涙です。

後から見返せば、伏線は完璧に貼られているのです。
まったく気づかなかった。
これがデビュー作だって?
負けました。
08:35  |  Book(青春・恋愛・ラブコメ)  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2017.02.05 (Sun)

俺は魔王で思春期男子!


「俺は魔王で思春期男子!」
横山采紅著
ダッシュエックス文庫
2017年発行

魔王と勇者との戦い…あるある!

しかし勇者に倒されたと思われてた魔王は実は生きていて、
争いを好まない彼は人間社会を勉強するために、
魔王の正体を隠して人間の高校生として学校に通うことにした…ちゅうお話です。
学校っていっても魔法学校なんですけどね。
魔王としてのすごい力を見せちゃうとまずいので、
魔力をセーブして学園生活を送るのです。
彼の人間社会での名前は真代扇。
ましろ・おうぎ。
最初の部分をつなげると「まおう」ですね。
彼は人間界で妖精のシュリンと一緒に暮らしています。
ちっさいけど、赤いビキニ着てナイスバディでご飯とか作ってくれちゃうのです。

さて、その学校には魔王を倒した勇者パーティーのひとりもいて、
なかなか彼のめざす平和な日常とはいかないのだけど、ときどき魔法で戦いながら、
同級生の美人刀野さんや違うクラスだけど気のいい田上っちらとともに、
楽しい学園生活を送っていきます。
その勇者パーティーのひとりの妹である朱美ちゃん。
扇くんの下級生なんだけど、気が強く、何かとからんでくるのはなぜ?

小説投稿サイト「エブリスタ」に載った小説が元らしいです。
いやあ楽しいラノベでした。
魔王さまのおちゃらけたキャラがおかしいし、
まわりの登場人物もよくキャラが立ってます。

感心したのが、「俺たちだってスク水だぞ!」のセリフ。
そうかあ。スク水っつうと、つい女子学生の水着を連想し、
セクハラとか男女差別につながりかねないけど、考えてみたら、
男子学生の水着もスク水なんだ!
目からウロコが落ちました。

続編は出るかわからないけど、楽しいラノベなので、
続きも書いていただきたいものです。
08:49  |  Book(青春・恋愛・ラブコメ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.02.04 (Sat)

可愛ければ変態でも好きになってくれますか?


「可愛ければ変態でも好きになってくれますか?」
花間燈著
MF文庫J
2017年発行

主人公の高校二年生、桐生慧輝は部室の中で自分宛ての手紙を見つけます。
なかには便箋が入っていて、「あなたが好きです。」と。
生まれて初めてラブレターをもらった慧輝くんは驚喜しますが、
手紙には差出人の名前がありません。
さらに手紙と一緒にハンカチのようなものが置いてあったのですが、
それはなんと女の子用のパンツ。
慧輝くんはパンツを置いていったシンデレラを探す決意をするのでした。
このパンツの主と恋人同士になれるかな、なんて夢想しながら。

パンツの容疑者は4人。
その日慧輝くんと一緒に書道部部室を掃除していた女の子たち。
書道部部長で巨乳美人な先輩、可愛い後輩、仲の良いクラスメート、
そして一年生の慧輝くんの妹。
しかしシンデレラを探す王子さまは靴だったからよかったけど、
まさか女の子にこのパンツをはいてみてくださいなんて頼めませんよね。
そこで妹を除いた犯人候補の女の子たちと仲良くして情報を得ようとするのですが、
女の子たちにはそれぞれ秘密の性癖があって…。

まあこんなお話ですが、変態さんがいっぱい出てきます。
変態の女の子が好きな向きには楽しめるでしょう。

え、わたし?
…わたしはノーマルだから。
ええ、楽しめましたとも!

これ、結局謎は解けないんですよ。
多分次巻に続くってことでしょうね。
わたしはパンツの君は彼女だと思うんだけどなあ。
どうかなあ。

ノーマルだけど、楽しみです。
09:09  |  Book(青春・恋愛・ラブコメ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT