2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2017.09.24 (Sun)

あんたなんかと付き合えるわけないじゃん!ムリ!ムリ!大好き!


「あんたなんかと付き合えるわけないじゃん!ムリ!ムリ!大好き!」
内堀優一著
HJ文庫
2017年発行

ラノベもいろいろでして、読んでみなくてはわからないのはもちろんですが、
読み終わったら、予想と違う、あらすじやイラストの印象と違うぞ!
という作品がたまにあります。
おそらくは編集部の確信犯的な策略だと思いますが、
読まれなくては意味がないので、博打的な方策ともいえましょう。
本書もそんな作品で、だから核心的な部分は語れません。

高校生大貫悟郎は幼なじみの杉崎小春に告白しますが、
無理だからと断られてしまいます。
その上他の彼女を作れと言われます。
悟郎は友人の大庭千夏や先輩の倉町真冬に相談し、
なんとか小春の本心を探ろうとしますが、
そんな矢先もうひとりの幼なじみで海外の学校に行っていた小久保明菜が
日本に戻ってきます。
なんだかんだいって悟郎を好きそうな小春に明確に悟郎が好きな明菜。
さあ、三角関係が始まるのか…?

ミステリのある手法が使われています。
しかもかなり巧妙です。
それに関してはなんとなく途中で気づいたのですが、
ラストは想像をはるかに超えてました。
こうゆう展開は初めて読んだな。
いいのか、それでー、みたいな。
でも、わかるー、みたいな。

2巻に続きます。
また泣かされそうです。
スポンサーサイト
08:39  |  Book(青春・恋愛・ラブコメ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.09.23 (Sat)

非オタの彼女が俺の持ってるエロゲに興味津々なんだが……6


「非オタの彼女が俺の持ってるエロゲに興味津々なんだが……6」
滝沢慧著
富士見ファンタジア文庫
2017年発行

高校生の一真くんと萌香さんはエロゲを通じて恋人同士となりました。
そんな彼らの楽しくエッチなラブラブスクールライフを描いた
好評シリーズ第6弾です。

前巻で最大の危機を乗り越え、ますます仲良くなったふたり。
今回ふたりは一真の幼なじみ瑠璃、サブ研部長の結奈、萌香の妹の涼香と、
いつものメンバーで冬コミに挑戦です。
一真と部長以外は初めてのコミケ体験。
ワクワクドキドキ。
一真の姉、一葉のブースに行くと、彼女にコスプレ姿での売り子を頼まれてしまう
萌香たち。
しかし、あまりにもかわいいので、大勢の人間に囲まれてしまいます。
そこで撮られた写真をSNSに載せられてしまい、さあ困った。
いゃコスプレしてるからダイジョーブだよ。
そーかー?
ところが、学校で新聞部員の月見里かなみにネットに載った写真を見つけられ、
萌香に会わせてほしいと頼まれちゃう一真。
さあ困った。
萌香のコスプレ姿が学校にバレたらヤバい。
そこで、萌香の親戚の愛香ということにし、かなみと会う一真と萌香。
なりゆきでコスプレでかなみの被写体にもなってしまい、
エロいポーズを所望され、一真ドキドキ、萌香ワクワク。
なんだかんだどんなときもラブラブなふたりでした。
その後もかなみに誘われ萌香がコスプレイベントのコンテストに出たり、
一真の両親に萌香が挨拶に行ったり、クラスで楽しくカラオケしたり…。
嵐の前巻を超えた今巻は楽しいイベントの目白押し。
最後はとうとう一真と萌香が付き合っていることがクラス中に知られてしまい、
公認の仲に。

…ですが、ラストは思いも寄らない展開に・・・
なるのかな?
気になる展開は次巻に持ち越し!
07:38  |  Book(青春・恋愛・ラブコメ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.09.18 (Mon)

29とJK 3~社畜のいやしはJK~


「29とJK 3~社畜のいやしはJK~」
裕時悠示著
GA文庫
2017年発行

わたしが現在もっとも読むのを楽しみにしているラノベの第3弾です。
前巻の内容から、あれでおしまいと思っていたけど、続きが出てよかったです。

今回は中編二作構成。
主人公の槍羽鋭二、29歳、保険会社のチーフ。
会社の社長の孫娘、15歳の南里花恋とつきあってる彼は
会社の草野球大会に家族を連れてくるように上司に命令され困惑します。
花恋と一緒にいるところを後輩の渡良瀬綾に見られていて、
妹ということにしてごまかしているからです。
そのため実際の妹を草野球大会で紹介できないわけで、
苦渋の策で花恋を妹として呼ぶことになります。
野球はいわゆる接待野球。
鋭ニの所属する八王子センターのチームは六本木の本社チームに負けねばなりません。
鋭ニもそのつもりだったのですが、本社チームで一番偉い、
接待の直接の相手である湯上谷人事部次長の娘とのぎくしゃくな関係をみて
考えを変えます。
とはいえ鋭ニも野球は素人。
勝負はどうなるのか。
「エースの背中」というタイトルでサラリーマンの悲哀を描いた佳作でした。
もちろん、鋭ニのことが好きなJK花恋、
鋭ニの元カノで今でも彼のことが好きな岬沙樹、
やはり鋭ニに想いをかけている後輩の渡良瀬綾、
お兄ちゃんと結婚したい妹の槍羽雛菜の鋭ニをはさんだバトルも楽しく挟まれます。

もう一編は「はるか遠き聖夜」。
同窓会のため年末故郷に帰る鋭ニですが、
しばらくぶりに会うはずだったかつての親友は姿を現さず…。
新年になって驚くべき形で再会することになるのです。
彼らの小学生時代のエピソードを交え、物語は会社のリストラ問題に進みます。
なんとコストカッターとして現れた担当者はかつての親友。
さあ、コストカットの対象である八王子センターの面々の運命は。
親友の思惑は。
鋭ニはどう動くのか。

物語は4巻に続きます。
波乱が予想される次巻が楽しみです。
なお、今回も本編に関係ないセクシーピンナップがついてます。
岬さんはまったくアラサーに見えません(笑
08:19  |  Book(青春・恋愛・ラブコメ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.09.10 (Sun)

若者の黒魔法離れが深刻ですが、就職してみたら待遇いいし、社長も使い魔もかわいくて最高です!


「若者の黒魔法離れが深刻ですが、就職してみたら待遇いいし、
社長も使い魔もかわいくて最高です!」
森田季節著
ダッシュエックス文庫
2017年発行

いやあ長いタイトルです。

フランツは魔法学校卒業間近なのに就職先が決まりません。
そんなときネクログラント黒魔法社の社長、
見た目若い女の子のケルケルに誘われ社員になります。
白魔法とくらべ圧倒的に人気のない黒魔法の会社ですが、
話を聞いてみると、お給料は良いし環境も良さそう仕事楽そう。
早速使い魔を呼び出してみるように言われ、
やってみたら素人なのに上級な使い魔サキュバスの美女セルリアが召喚されちゃった。
この娘が非常に有能、さらにお風呂でもベッドでもムフフ。
説明された通り仕事の方も非常に楽ちん。
しかもフランツは黒魔法と相性がよく、
入社したばかりで次々と有能に仕事をこなしていきます。

うらやましいお話です。
ケルベロスの社長は職場環境改善、社会の改善をめざしている素晴らしいひとで、
黒魔法を伝達するためフランツとベッドでムフフ。
さらにダークエルフの先輩とムフフ。
うっかり呼び出しちゃった悪魔がなにかを滅ぼさないと帰れないといわれ、
ブラック企業を潰させてあげくムフフ。
結局フランツはサキュバスと悪魔と一緒に生活することになるのでした。

ゆるいお話ですが、こんな会社あったらいーなあと、
うらやましくて楽しいお話でありました。
08:30  |  Book(青春・恋愛・ラブコメ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.08.27 (Sun)

俺が好きなのは妹だけど妹じゃない4


「俺が好きなのは妹だけど妹じゃない4」
恵比須清司著
富士見ファンタジア文庫
2017年発行

大人気ラノベ作家である妹の代理人をつとめている兄と、
おにいちゃん大好き妹の兄妹イチャラブコメディ第四弾です。
永見祐は表に出たくない妹の涼花のかわりに、
大人気ラノベ作家永遠野誓として活動しています。
この関係は兄妹だけの秘密。

さて、今回永遠野誓のファンである人気声優の水無月桜が
祐たち兄妹の家にやってきます。
兄と喧嘩して、家出してきたから泊めてくれと。
気が気じゃないのはお兄ちゃん大好きな妹の涼花。
そんな時、永遠野誓の作品のアニメ化に際し監督に会うのですが、
彼は祐が本物の妹萌えじゃないと言い、
自分の思うようにアニメのキャラを改変すると宣言します。
それは困った祐は監督を説得するため妹萌えの特訓をすることになります。
涼花、桜、そして舞やWピース先生までが加わっての特訓は熾烈を極め…じゃなく、
なんじゃこりゃ萌え萌え~。
祐と涼花、桜の三人は遊園地デートまでして、
その甲斐あって祐はすでに自分が妹萌えだったことに気づくのでした。
さあアニメ監督と勝負だ!

妹萌え勝負がすごいです。
表紙イラストのようにランドセルしょった涼花に萌えます。
桜に誘われラジオに出演するのですが、
涼花が台本に手を加えた結果の祐の妹萌え演技が大爆笑。

今回も笑いと感動の妹萌え+お兄ちゃん大好きな一冊でした。

次回、ドラスティックな展開になるかな? 期待!
08:01  |  Book(青春・恋愛・ラブコメ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.08.26 (Sat)

君の知らない方程式 BISビブリオバトル部


「君の知らない方程式 BISビブリオバトル部」
山本弘著
東京創元社
2017年発行

BIS(美心国際学園)ビブリオバトル部のメンバー達がビブリオバトル
(特定のテーマに沿って本を紹介しあい、投票によりチャンプ本を決める)を通して
本の魅力を伝えながら、同時に彼らの青春群像を描く素敵なシリーズ、
その第四弾です。

ビブリオバトル部の部員の銀が空に告白します。
それを受ける空ですが、面白くないのが武人。
武人は今まで空のことなど、なんとも思ってなかったはずなのですが、
銀の行動が彼の内なる感情を引きずり出したようです。
銀と武人は次のビブリオバトルで空を賭けた勝負をすることにします。
負けた方は空を諦め、さらにビブリオバトル部も退部する…。
二人の行動にうすうす気づいた空は決めるのは自分だと憤慨し、ある決意を固めます…。
さあ波乱のビブリオバトルが始まる!

もちろん三角関係の展開も興味深かったですが、
本筋のビブリオバトルも読んでてわくわくします。
部員それぞれのキャラクターにあわせ、紹介する本を選んで語らせる作者の才能と
読書量には毎回感銘を受けます。

あいかわらず膨大な本が紹介されますが、
今回タイトルにももじられているトム・ゴドウィンの「冷たい方程式」と
「宇宙のサバイバル戦争」が空のいじめられてた中学時代とからみ、
印象的に使われています。

わたしは「パンツブレイカー」というラノベが気になりました。
いつか読んでみたいなあ。
有名ラノベの「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」も、
あらすじがざっと述べられててすごく面白そうなのですが、
全12巻らしいんですよね。
ちょっと読むの大変だなあ。

話を戻して、やはり本書に紹介された本をからめての、
あっといわせるクライマックスを迎え、
新たな登場人物による次巻の波乱を予感させて終わります。
空も成長したなあ…。

次の巻も楽しみです。

そうそう、著者あとがきの表現規制に対する問題提起も読み応えあります。
08:59  |  Book(青春・恋愛・ラブコメ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.08.19 (Sat)

AIに負けた夏


「AIに負けた夏」
土橋真二郎著
メディアワークス文庫
2017年発行

タイトルのAIに「アイ」とルビが入っています。

AIを搭載したアンドロイドが街のあちこちで活躍するようになっている時代―。
でも不思議なことに、本書にはエル・ファニングとかジェシカ・アルバといった
現代の女優の名がでてきます。
電車とかバスとか端末とかの小道具の状況や、
東京の都市の名称も現代と特に変わらないようなので、おそらくは未来物語ではなく、
意識的に現代社会にAIを一般化した世界を設定したのでしょう。
なにせ―、
テーマは古式ゆかしい「赤い糸の伝説」ですから(笑

大学生の秋山明は失恋し、姪の朝倉有沙に誘われ、
モニターとしてフレドリカという企業が作ったテーマパークで
恋愛シミュレーションを受けます。
そこで会ったアンドロイド、ライズは赤い糸は存在し、
シミュレーションにより必ず最適な恋人が見つけられるといいます。
しかし秋山の赤い糸の相手はシステムのバグなのか、
ライズにインプットされていたはずのデータがなくなっていました。
秋山はライズと一緒に運命の相手を探すためデートをしたり旅行をし、
失われたデータを復活させようとします。
そして徐々に相手の女性の存在が明らかになっていきます―。

表向きは謎のヒロインを探すミステリですが、実は恋愛小説です。
ライズのアンドロイドらしい、行動に制約のある描写と、
人間ぽい感情描写にはいちいち微笑ましくなります。
またロビィというボックス型のロボットや何度か登場する喫茶店のお客さんの少女が
脇役として良い味を出しています。

AIが登場する作品も増えましたが、秀作が多いと感じてます。
本作もかなりの感動作でした。
見返したとき、25頁の未来描写が現実になるのに気づき、感動がより深まりました。

ところで、ぼくの赤い糸…どこかにあるかなあ。
08:22  |  Book(青春・恋愛・ラブコメ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.08.15 (Tue)

※妹を可愛がるのも大切なお仕事です。


「※妹を可愛がるのも大切なお仕事です。」
弥生志郎著
MF文庫J
2017年発行

編集者とラノベ作家ものもよく目に付くようになりましたが、
本作は妹もの設定をプラス。

巳月紘は24歳のライトノベル編集者。
あるとき物凄く感動する作品に出会ったのですが、
なんとその作者は離れて住んでいた妹の唯々羽。
それ以来彼は妹と同居し、担当編集者になりますが、
妹はデビュー作が話題になって以降は売れる作品が書けません。
そんな妹はブラコンで、下着姿でお兄さんの膝に乗ったり、
お風呂でお兄さんの背中を流したり…。
いちゃいちゃを兄妹として当然のことと思ってる紘ですが、
唯々羽のアドバイスにやってきた紘のもうひとりの担当作家霧島礼祢は、
そんなふたりの関係を知って苛々が隠せません。
そう、礼祢は紘が好きなのです。
始まる唯々羽と礼祢のラブラブ合戦。
そんななか、紘は唯々羽の新作にあたり、
重版がかからなければ担当をライバル編集者に委ねる決意をするのでした…。
さあ唯々羽の作品は売れるのか。
兄妹の運命は。

妹とのイチャラブものにみせかけ、実はお仕事主軸なお話で一気に読ませてくれました。
ラノベ編集者ってこんな地獄のように忙しいの?
てのが一番の感想。
ラストで描かれる展開はラノベ業界では珍しいのではないか?
とはいえ盛り上がるよう細かく計算されてるさまは、
さすがベテラン作家の作品と感心しました。
そうそう、執筆中の唯々羽と礼祢に、紘がチョコをアーンで食べさせるシーンが
なかなか印象的(笑
07:51  |  Book(青春・恋愛・ラブコメ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.08.14 (Mon)

編集さんとJK作家の正しいつきあい方2


「編集さんとJK作家の正しいつきあい方2」
あさのハジメ著
富士見ファンタジア文庫
2017年発行

冴原吹雪はラノベが好きで編集部のバイトをしている高校生。
仕事ひとすじの社畜予備軍、かなりのやり手。
そんな彼が担当することになった新人作家の竜園寺美沙はなんと彼のクラスメート。
彼女は吹雪が住んでいる、なつめ荘という、ラノベ作家と予備軍、
編集者が住んでいるところに引っ越してきます。

美沙の書いた「どらデレ!」が大ヒット、2巻のプロットを練るため、
相変わらずヒロインと主人公を演じながら、イチャイチャする吹雪と美沙。
いや吹雪からすれば本を出すためでイチャイチャな気持ちはないのだけど。
それが同じ下宿に住んでるやはり作家のミシェルにバレてしまい、
彼女もまた幼なじみキャラを演じると言い始めて…。

変な作家たち、変な編集者ばかり出てくるラブコメですが、
今回はまたまた変なイラストレーターも登場し、ハチャメチャ度に拍車がかかります。
そんななか、主人公の吹雪だけ沈着冷静な社畜予備軍という設定がうまく作用して、
面白さを増しています。
後半はミシェルの苦悩と美沙との友情が描かれほろっとさせる場面も。。

あとがきを読むと、これでおしまいみたいな印象ですが、できれば続きが読みたいな。
08:08  |  Book(青春・恋愛・ラブコメ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.08.13 (Sun)

俺を好きなのはお前だけかよ⑥


「俺を好きなのはお前だけかよ⑥」
駱駝著
電撃文庫
2017年発行

今回プロローグから調子こいて面白すぎです。

さあ、夏休み編。
初めてジョーロの姉が登場。
如月茉莉花、あだ名はジャスミン。
性格は凶暴。
ジョーロくんを好きなレギュラー女性陣にお姉さんを加え、
ますますにぎやかにお話がすすみます。

買い物行ったり流しそうめんしたり。
さらに海に祭りに青春満喫だぜえ。
あいまに他校の生徒の恋をかなえようと協力もします。
そんななかでジョーロくんと正ヒロインのパンジーの仲はさらに近づいて。。

今回は人間同士の確執みたいのは出てこないので、安心して楽しめます。
伏線が二つだったか出てきたので、きっと今後意味を持つのでしょうね。

ラストでわけわからん展開が予告され、次巻楽しみ。
08:53  |  Book(青春・恋愛・ラブコメ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT