2012年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2012.07.31 (Tue)

やべっち寿司



ファミマでやべっち寿司を買ってみました。

「めちゃ2いけてるッ!」とのタイアップみたいですね。



左から
矢部浩之創作寿司第一弾コンビーフ寿司、
道場六三郎(なつかしいな)考案さっぱり味コンビーフⅡ、
神田川俊郎(なつかしいな)考案こってり味コンビーフⅤ、
岡村隆史のイチ押しトウフ寿司
です。

量少ないから味よくわからないけど、
左から
普通のコンビーフ味、
さっぱりでコンビーフの味わからない味、
こってりしててなかなかいいぞ味、
なんでこれだけコンビーフじゃないの、つかトウフは合わない気がする味
でした。
つまりまあまあでした。

このシリーズ、もうひとつガリタ食堂というおっそろしいお弁当が出てます。
気になる方はファミマでご確認ください(笑
スポンサーサイト
18:54  |  コンビニグルメ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.07.30 (Mon)

豆大福風パン





ローソンでヤマザキの豆大福風パンを買ってみました。

北海道産小豆のつぶあん&ホイップ 求肥入り。

もちもちしたパンに赤えんどう豆が入っておりますが、
もちもちがパンの表面に限られるのが残念。

大福とはちょと違うかもですが美味しいから良いんじゃないかな。
19:04  |  コンビニグルメ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.07.29 (Sun)

スローなバラードにしてくれ


Gogi Grant/Torch Time
BMG Music Spain 74321386292
1958年録音

ゴギ・グラントのよく通る美声が楽しめるアルバムです。

編曲と指揮をHenri Reneが担当していますが、バックのオケもゴージャスで、
クラシックな雰囲気がします。



6曲目のラヴァー・カム・バック・トゥ・ミーはヴァースから歌われますが、
この曲、ナット・キング・コールや美空ひばりのように
比較的早いテンポでダイナミックに歌われるよりも、
ダイナ・ショアやこのアルバムのゴギみたいな
スローで情緒纏綿な歌い方の方が好きです。

夜の海の波のような、静かで押しの強いヴォーカルに深い満足感を得ます。
09:18  |  CD(女声ヴォーカル)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.07.28 (Sat)

青いアサガオ





うちのアサガオで目立つのはピンク→これ

でも庭の隅っこにこのコもいました。

青いアサガオもあざやかさわやか、夏向きな色です。
09:50  |  花物語  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.07.27 (Fri)

コロッケ&焼きそばロール





ミニストでコロッケ&焼きそばロールを買ってみました。

コロッケパンと焼きそばパンのいいとこどり?笑

なかなかジャンクな楽しさがあるけど、ちょともたれるかなー。
19:09  |  コンビニグルメ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.07.26 (Thu)

チキンピラフ弁当



いつものお弁当屋さんでチキンピラフ弁当にしました。

手前のはタンドリーチキンのようです。
スパイシーです。

今日もうだるような暑さでした。
スタミナつけて乗り切りたいです。
18:59  |  メタボ亢進曲  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012.07.25 (Wed)

タイ風鶏肉のバジル炒めごはん





セブンイレブンの地区限定メニュー。
千代田区のセブンイレブン限定のタイ風鶏肉のバジル炒めごはんを食べました。

いわゆるガパオですね。
昨日ガパオサンド食べたばかりだけど。
つかガパオ流行ってる?



挽き肉大好きなんで、美味しかったです。
19:33  |  コンビニグルメ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.07.24 (Tue)

ガパオサンド



ファミマでガパオサンドを買ってみました。

ガパオてのは鶏肉とバジルの炒め飯みたいですね。



このサンドはたまごに鶏肉、バジルペースト、ナンプラーといった内容で
ガパオを模しています。

まともなガパオを食べたことないのでガパオかどうかはよくわからんけど、
これはこれでかなり美味しいサンドでした。
19:38  |  コンビニグルメ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.07.23 (Mon)

横手やきそば





ローソンでB-1グランプリものの横手やきそばを買ってみました。
横手やきそば暖簾会監修とのこと。

横手やきそばって初めて知りましたが、秋田県横手市の名物やきそばみたいですね。



たまごはともかく、福神漬けが載ってるのがユニーク。

やきそばは味がうすいです。
もう少しソース味のが好み。

お肉が挽き肉なのはうれしい。
わたしはラーメンでもやきそばでも肉じゃがでもお肉挽き肉派です(笑
19:01  |  コンビニグルメ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012.07.22 (Sun)

交響組曲宇宙戦艦ヤマト


交響組曲宇宙戦艦ヤマト
作曲・編曲・指揮:宮川泰
スキャット:川島かず子
演奏:シンフォニック・オーケストラ・ヤマト
日本コロムビア COCX-37382
1977年LP発売
2012年Blu-spec CD発売

宇宙戦艦ヤマトシリーズの音楽30タイトルを約2年かけて
高音質Blu-spec CDで発売していく企画Yamato Sound Almanac。
その第一弾が先日発売されました。

Eternal Edition Yamato Sound Almanacラインナップ

(今回発売)
1977-I 交響組曲宇宙戦艦ヤマト
1977-II SPACE CRUISER YAMATO(初CD化)
1978-I 宮川泰の世界~宇宙戦艦ヤマト~(初CD化)
1974-I 宇宙戦艦ヤマト BGM集

(2012年9月19日発売予定)
1978-II さらば宇宙戦艦ヤマト 音楽集
1978-III さらば宇宙戦艦ヤマト BGM集
1978-IV 不滅の宇宙戦艦ヤマト ニュー・ディスコ・アレンジ(初CD化)

(以後発売予定]
1979-I 宇宙戦艦ヤマト新たなる旅立ち 音楽集
1980-I ヤマトよ永遠に 音楽集PART1
1980-II ヤマトよ永遠に 音楽集PART2
1980-III ヤマト・フェスティバル・イン・武道館・ライブ1980
1981-I 交響組曲宇宙戦艦ヤマトIII
1978-V 宇宙戦艦ヤマト2 BGM集PART1(初商品化音源収録)
1978-VI 宇宙戦艦ヤマト2 BGM集PART2(初商品化音源収録)
1979-II 宇宙戦艦ヤマト新たなる旅立ち BGM集(初商品化音源収録)
1980-IV ヤマトよ永遠に BGM集(初商品化音源収録)
1982-II ギターが奏でるヤマト・ラプソディ
1982-III ピアノが奏でるヤマト・ラプソディ
1982-IV バイオリンが奏でるヤマト・ラプソディ
1981-II 宇宙戦艦ヤマトIII BGM集PART1(初商品化音源収録)
1981-III 宇宙戦艦ヤマトIII BGM集PART2(初商品化音源収録)
1982-I 宇宙戦艦ヤマト ファイナルへ向けての序曲
1983-I 宇宙戦艦ヤマト完結編 音楽集PART1
1983-II 宇宙戦艦ヤマト完結編 音楽集PART2
1983-III 宇宙戦艦ヤマト完結編 音楽集PART3
1983-IV 宇宙戦艦ヤマト完結編 BGM集(初商品化音源収録)
1982-V DIGITAL TRIP 宇宙戦艦ヤマト~シンセサイザー・ファンタジー
1983-V DIGITAL TRIP 宇宙戦艦ヤマト完結編~シンセサイザー・ファンタジー(初CD化)1984-I 交響曲宇宙戦艦ヤマト ライブ
1996-I Sound Fantasia 宇宙戦艦ヤマト

ラインナップをみる限り、どうも合唱組曲は入らないみたいですね。
さて今回発売の4枚のうち「交響組曲宇宙戦艦ヤマト」を買いました。
細切れのBGM集は聴きづらいし今更いらないなの判断。
英語ドラマ版のSPACE CRUISER YAMATOはレコード時代に聴いてるし
ドラマものだからもういいや。
「宮川泰の世界」はコンサートのライヴ盤で、司会の徳光さんの
「羽田(健太郎)はだれでも知っている」(ハネケンさんと羽田空港にかけた)の
おやじギャグには笑ったけど、買い直すほどではない。

交響組曲はレコードのころ愛聴していたわけですが、
すでにレコードを聴ける環境ではなく、CDで買い直すのを躊躇しているうちに廃盤、
中古で1万数千円の値段がついてる現状に困っていたわけです。
今回ようやく入手できて満足したと同時に、約30年ぶりに聴きなおした
交響組曲の出来の良さに改めて感銘を受けました。



「序曲」における川島かず子さんのスキャットの厳かな佇まいが感動的で素晴らしい。
このア~ア~という有名なメロディはレコード時のものを復刻したブックレットにおける
宮川泰氏と西崎プロデューサーの対談では「宇宙のお葬式」と呼称されているけども、
このアルバムが最初に出たころだったかデパートの屋上で行われた
ヤマトのイヴェントで、宮川氏は「地球のお葬式」と呼んでいたように
記憶しております。
どちらでも良いようなものだけど、ファーストヤマトのストーリーにおける
地球の状況を考えれば「地球のお葬式」の方がふさわしいようにも思います。

「誕生」におけるおなじみのヤマトのマーチはテンポ感もアレンジも
これ以上ない適切さで、意志的な演奏に興奮させられます。

全体的にオケの意気込みを強く感じ立派です。

ヤマトのシンフォニックな作品としては、後年それこそシンフォニーの形式にまでいった
「交響曲宇宙戦艦ヤマト」が作られました。
宮川泰と完結編で彼とともに音楽を担当した羽田健太郎の数々のテーマ曲をまとめ
羽田氏がオーケストレーションしたものですが、4楽章制ということもあり、
よりクラシカルな雰囲気をまとった立派な作品でした。
比べると、この交響組曲にはクラシカルな方向性よりも宮川さんの情念のようなものを
強く感じます。
それは宮川さんが長年作曲しつづけた歌謡曲に通じる人肌とノスタルジーを
感じる世界です。
今回Blu-spec CDのせいかわかりませんが、音質もアナログの肌触りを残した良さで
いうことありません。

残念なことはひとつだけ。
レコード時代の産物でもあり収録時間約45分と短いです。
もう少し長く宮川メロディの世界に浸っていたい…と強く感じました。

やはり中古屋さんで見つけてもお高くて手に入れられないギター、ピアノ、
ヴァイオリンによるヤマトメロディのアルバム(レコード時代に聴いてるけど
アレンジの洒落た素敵なアルバム群でした)も楽しみです。
10:14  |  CD(アニソン・アニ音・声優)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT