トウダイグサ科、中央アメリカ原産。

真ん中の黄緑色のが花(花びらはない)で、赤いのは苞(ほう)というものです。

なかなか面白い形状の花だと思います。
スポンサーサイト
12/31|花物語コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

MAYA/She's Something
Jazzfreak Records JFV-2003
2002年発売

MAYA(Vo)
二村希一(Pf)
荻原亮(G)
藤井寛(Vib)
嶌田憲二(B)
松尾明(Ds)

ジャズ&ラテン・ヴォーカリストのMAYAさんのセカンドアルバム。
昨年リニューアルジャケットで再発されましたが、その元々の
インディーズレーベル盤です。

2002年の発売なのでもう10年経ちます。
月日の経つのは速いものです。



このアルバム、どの曲も良いですが、特にといえば
まず3曲目のベサメ・ムーチョ。
異国情緒にあふれ目をつぶって聴くと身体をゆさぶりたくなります。

一番のお気に入りは5曲目の「私はピアノ」。
桑田佳祐を好きなアーティストのひとりに数えるMAYAさんらしい選曲でありますが、
かつてこの曲を歌った原由子や高田みづえとは一味ちがい、
ポルトガル語(かな)に日本語をほんのちょこっとアクセントに混ぜた歌詞で
ボサノヴァ風に楽しませてくれます。

6曲目のIsn't She Lovelyはスティーヴィー・ワンダー自身の歌は聴いたことなく、
リヴィングストン・テイラーのカヴァーくらいしか知りませんが、
女性が歌うのも良いですね。

このアルバム、改めて聴きなおして感じるのは癒しであります。
MAYAさんの歌が癒し系という意味ではなく、バックがやわらかく
ヴォーカルにからみつくように引き立てる中でMAYAさんのコケティッシュで魅力的な
歌声が立ちます。
ヴォーカルが押しつけがましくなく、やわらかく存在するので、
聴いてるこちらはうっとりと幸せになれます。

音質も良いです。
なんとなく人肌の温かさを感じる音質です。

なお、紙ジャケダブルジャケットなのも扱いやすいのでうれしいです。
12/30|CD(女声ヴォーカル)コメント(0)トラックバック(0)TOP↑


前にアキバ歩いてて、店頭で目に入って、目から離れなくなって衝動買い。

初音ミクくじのC賞のオリジナル複製原画とかいうやつです。

材質はプラかなんかだけど額つきだし、
これはお部屋に飾って長く楽しめる良品だと思います。
12/29|フィギュアとかカワイイものコメント(2)トラックバック(0)TOP↑


餃子の安亭さんのガーリックバター餃子。

ここは普通の餃子もにんにくの有り無し選べます。
さらにはにんにく5倍入りなんて強者もあります。

このガーリックバター餃子は外付けのにんにくのカリカリ感とバターのまったり感の
融合が美味しいバランスです。

にんにく好きにはたまらない逸品。
12/28|メタボ亢進曲コメント(0)トラックバック(0)TOP↑


今日のお昼はいつものお弁当屋さんで海鮮フライ弁当にしました。

内容はアジフライ、 カキフライ、サーモンフライです。

アジが肉厚でした。

鮭が大好きなので、サーモンフライも美味しくいただきました。
12/27|メタボ亢進曲コメント(0)トラックバック(0)TOP↑




ファミマで肉豆腐丼を買ってみました。

肉豆腐を丼にしちゃうなんて今まで知りませんでしたが、
考えてみたらあってもおかしくないですね。

ちなみにお肉をメインにしたらすき焼き丼ですね。豚肉だから違うか。

うーん、肉豆腐丼にしてはお豆腐が少ないのが残念。
12/26|コンビニグルメコメント(0)トラックバック(0)TOP↑




ローソンで焼パスタラザーニャトマトソースを買ってみました。

むかしラザニアが大好きだったのを思い出しながら食べました。

ひさびさのラザニア、ひさびさのイタリアン、美味しかったです。
12/25|コンビニグルメコメント(0)トラックバック(0)TOP↑


三色すみれならぬ彩色すみれ。

面白いネーミングです。
12/24|花物語コメント(0)トラックバック(0)TOP↑


テレビの情報誌って普段は買いませんが、毎年お正月特大号だけは買うんですよ。
それも決まって「TVぴあ」。
昔「ぴあ」でコンサートや映画の情報を仕入れてたから、というだけの理由(笑
これをみてお正月の面白そうな番組にチェックを入れるのです。

保守的なわたしはまず「紅白歌合戦」にマジックで印を付けます。
ドラマはといえば…
1/2 「GTO」スペシャル
1/3 「ラッキーセブン」スペシャル
1/7 「ATARU」スペシャルにチェック。

別にドラママニアじゃないけど、お正月なのでテレビ見てまったり過ごします。

お正月すぎると、1/10から「最高の離婚」。
瑛太が主役らしい。八千草薫さまが出てるし、いいかも?
1/12から「ネオ・ウルトラQ」なんてあるじゃん。高梨臨が出るのか。
でもよくみたらWOWプライムってある。有料じゃん。じゃ見れない。

1/4に「ハウルの動く城」、1/11に「コクリコ坂から」をやるらしいから、
ひさびさにまた見ようかな。

旅行好きな人がガイドブックや時刻表みて楽しむように、番組表にチェック入れて、
もう見た気になったりして、実際に見るかどうかはわからないのだけど(笑
12/23|罅割れた日々コメント(2)トラックバック(0)TOP↑

「皇帝の新しい服」
石崎幸二著
講談社ノベルス
2012年発行

読みのこしてあった石崎幸二氏のミステリをいくつか読んだばっかりですが、
うれしいことに今年の年末も石崎さんやミリアやユリや仁美や斉藤さんが活躍する
シリーズ新作がやってまいりました。

今回はディクソン・カーばりのタイトルにラノベ風な表紙イラストです。
ちなみにこのイラスト、おそらく作中の石崎さんやミリアたちでしょうが、
個人的にはイメージと違う感じです。

さて、今回は名家の婿選び儀式のため、いつもの一行は
またまたどこぞの孤島に向かいます。
なんと石崎さんが花婿候補の一人として出席することになるのですが、
この何十年も続いている儀式の間には、殺人や失踪が起こっていて、今回もまた…?
というお話ですが、このシリーズの楽しさはミステリとしてのトリックよりも
ミリアやユリ、仁美と石崎さんのボケとツッコミのやりとりにあります。

ですが、その点が今回はイマイチの印象で残念。
そのかわり、謎解きがなかなか斬新です。
もっとも、わたしにはかなり難しいお話でしたが(笑

ともあれ、また来年も新作に出会えることと思いますが、今から楽しみです。
12/22|Book(ミステリ)コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

暗ヲ

Author:暗ヲ
にゃにゃにゃにゃにゃ♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム