2015年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2015.11.30 (Mon)

特撰黒毛和牛&黒豚焼肉重





ローソンで特撰黒毛和牛&黒豚焼肉重を買ってみました。

なんか週始め、お腹すきすきなのです。
なのでがっつりと。

黒毛和牛と黒豚の組み合わせのお弁当で脇の肉団子も黒豚入りです。

黒毛和牛が特に美味です。

煮物はゆずの味がして、高級な和風料理感があります。
スポンサーサイト
17:09  |  コンビニグルメ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.11.29 (Sun)

戦うパン屋と機械じかけの看板娘3


「戦うパン屋と機械じかけの看板娘(オートマタンウェイトレス)3」
SOW著
HJ文庫
2015年発行

元凄腕の軍人で今はパン屋のルート・ランガートと、
元彼の愛機のAIで人間の少女の姿を得、
素性を隠し彼の店でウェイトレスとして働くスヴェンの物語、第三弾です。

今回はルートのパン屋さんを手伝う少年ジェコブを巡るお話が主となっています。

ジェコブの前に現れたビリオンズ商会の会長、シャイロック。
彼はジェコブのおじいさんなのでした。
ジェコブを自分のもとに連れて行こうとしますがジェコブは拒みます。
それではとシャイロックはルートの店の隣にパン屋をおったて、
ルートの店を潰そうとします。
ルートはパンの売り上げで勝負しようと提案し、
ジェコブを賭けた戦いが始まるのでした。
物量作戦をとるシャイロックに対し、ルートには秘策があるようなのですが…。
一方、正規軍に対し優位に立とうとする親衛隊の手により、
ジェコブとシャイロックは拉致されてしまいますが、
その首謀者であるヒルデガルドの真の思惑とは…。

ジェコブのより深い素性が明らかになる本作。
今まで表立って現れなかった、スヴェンと同じくダイアンにより作られた
レベッカ・シャルラハートも活躍します。

クライマックスのルートとヒルデガルドとの戦いでは、
ひさしぶりにルートと愛機アーヴェイのコンビが復活しワクワクです。

そうそう、どうでもいいのですが、冒頭に出てくる、
ルートの美味いパン作りの秘訣は、
大昔のマンガ「包丁人味平」のワンエピソードを思い出させてくれました。

物語の枠がどんどん広がり、新たな登場人物を得、次巻が楽しみです。
08:13  |  Book(SF・ファンタジー)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.11.28 (Sat)

正直バカはラブコメほど甘くない青春に挑む


「正直バカはラブコメほど甘くない青春に挑む」
慶野由志著
ダッシュエックス文庫
2015年発行

ん、これは良いラノベ♪

高校生の春先真太郎は頭に思ったことがそのまま口から漏れてしまう少年で、
ついたあだなが正直バカ。
彼にはいつもつるんでる友人が二人…変態道をばく進するポニテの美少女、十月九日
(とつきここのか)、ショートカットでいつも元気で青春している更科燐子がいます。
ある日真太郎がひとり暮らしの家に帰ると、ソファで少女が寝ていてびっくり。
彼女の正体は付喪神(つくもがみ)。
道具に人間の想念が集って生まれた精霊らしいです。
彼女の本体は鏡であり、人間の本心を写し出す能力をもっています。
道具として扱っていいという彼女に、真太郎はご飯を食べさせたりお風呂にいれたり…。
真太郎は彼女に雪果と名を付け、何とも奇妙で楽しい同居生活が始まります。
ところで真太郎の高校では摩訶不思議な連続昏倒事件が発生中。
急に意識を失う生徒が続出しているのです。
学校の雰囲気が暗くなっていくのを何とかしたいと思う真太郎ですが、
そんな折、転校してきたばかりのとびきりの美少女、神楽琴葉が彼の自宅を訪れ、
「貴方の付喪神を渡しなさい」と迫り…。

素晴らしいことに主人公以外女性しか出てこない潔さです。
素敵なことに何人か登場する付喪神はみな幼女の姿をしています。
雪果の本当の姿と隠された能力、事件の真犯人、
琴葉の正体と過去といった深刻な流れを、
軽めのエロ、幼女姿付喪神との触れ合い、付喪神同士のギャグなやりとりと、
楽しいラノベ要素で飾った理想的な作品ではないかと思いました。

本来物である雪果が料理上手な真太郎と暮らしてグルメになっていったり、
食べ物を燃料としか考えてない琴葉が肉ジャガでさえ食べたことがなかったり、
そんな対比も面白い。
さらに事件の真相が明らかになるクライマックスでは、
思わず涙ぐんでしまったほど感動。

慶野由志さんという作家さんは初めて読みましたが、
過去にも付喪神を題材にした作品を書いているようなので、
そのうち読んでみようかな。
07:48  |  Book(青春・恋愛・ラブコメ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.11.27 (Fri)

ガツコロ(グラタン)





ファミマでガツコロ(グラタン)を買ってみました。

グラタンの入ったコロッケです。

ソースつけてくれたけど、何もつけないほうが美味しい。



塩チーズパン(アルペンザルツ岩塩使用)と合わせました。

チーズクリームが埋め込まれた、もっちりしたパンです。
17:07  |  コンビニグルメ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.11.26 (Thu)

ジューシーミートソースブール





セブンイレブンでジューシーミートソースブールを買ってみました。

レンジでチンすると、本格的なミートソースの匂いがします。

これは美味しいパン。
なかなかのアイデアです。



野菜と魚介のスープ(ブイヤベース風)と一緒に食べました。

このスープも具だくさんで満足です。
17:08  |  コンビニグルメ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.11.25 (Wed)

炭火焼紅鮭幕の内御膳





セブンイレブンで炭火焼紅鮭幕の内御膳を買ってみました。

わりとお高いのですが、鮭好きなので。

鮭おっきいです。
よく焼けてて食べ応えあって美味しいです。

煮物とかゴボウとか揚げ豆腐とか玉子焼きとか脇もいろいろ楽しい。
玉子焼きが特に美味。
17:08  |  コンビニグルメ  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2015.11.24 (Tue)

完熟トマトソースのロールキャベツ弁当





ローソンで完熟トマトソースのロールキャベツ弁当を買ってみました。

ロールキャベツは食べる機会があまりないので、
こうゆうの見ると、食べておきたくなります。

ソーセージが一緒に煮込まれてるのが珍しいと思いました。

マッシュポテトの上にカリカリベーコンが載ってるのが結構嬉しいのです。
17:07  |  コンビニグルメ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2015.11.23 (Mon)

俺の胃袋は彼女に握られている。


「俺の胃袋は彼女に握られている。」
餅月望著
ダッシュエックス文庫
2015年発行

高校二年生の生紅亥十切(あかいとぎり)は吸血鬼です。
しかし大概の人間の血も血液パックも彼の身体に合わず、
お腹を壊してしまいます。
唯一美味しく飲めるのが、以前助けたことのある少女、
大財閥の当主である鳳翡翠、11歳。
翡翠は自分の血を吸わせる交換条件として、
いつも十切に無茶な要求を突きつけるのでした。
そんなわけで、十切は自分の尊厳を守るため、
他にまともな血の持ち主はいないかと探し求めます。
そして、巡り会った人狼の少女や人造人間の少女、
彼の命を狙う教会に属する昇天官の少女…
彼女たちの危機を助けて血を吸わせてもらうのですが…。

胃袋の平安のため、戦う吸血鬼の少年の物語。
彼を変態と思いこみ、ことあるごとに通報しようとするクラスメイトの女の子以外、
出てくるのがみんな10歳ちょっとの女の子という設定は珍しいように思います。
お笑い要素を抜けば立派なヒロイック・ファンタジーなのですが、
そうならないところがライトノベルならではの面白さ。

満腹にさせてくれるエンターテインメントでした。
08:15  |  Book(怪奇・幻想)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.11.22 (Sun)

ディノラ・ヴァルシのBox Set



先日Amazon様からものすっごくおっきくて重い箱が届きました。
まるでオーディオ機器が入ってるかのような箱を開けてみたら、
以前注文していたディノラ・ヴァルシのボックス・セット“Legacy”でした。
てっきりCDの大きさでぶ厚い普通のボックス・セットだとばかり思っていたのです。
実際はLPレコードを厚くしたような形状で、オペラのレコードでもこれだけ厚いのは
ワグナーの「ニーベルングの指輪」くらいではないでしょうか。



ちなみにこのボックス、3キロらしいです。
厚さは45ミリくらい。
でも、このような、おっきなボックスもたまに見かけますね。
チョン・キョンファや中村紘子のを見かけたことあります。

さて、ディノラ・ヴァルシDinorah Varsiはウルグアイのピアニストですが、
惜しくも2013年に亡くなりました。
個性的で内容のある素晴らしい演奏家で、わたしの好きなピアニストのひとりです。
彼女の特異で素敵なショパン「別れの曲」については以前書いたことがありますが(→コチラ)、
なにしろディスクがなかなか手に入らない。
わたしは5枚くらい所有しておりますが、他にもいろいろ録音があるという話なので、
何とか手に入れたいと長い間探し回っていたところです。
現状入手しやすいのはメンデルスゾーンの協奏曲とか、
ヴァイオリニストの伴奏ものくらいでしょうか。
ですから、このボックスの登場はまことに慶事であります。



ボックスの中味ですが、CDが35枚、DVDが5枚入っております。
さらに112頁もある素敵なブックレット。
収録曲目はタワレコさんのコチラをご参照ください。

ただ、ボックスもので問題なのは、ミスが結構あるのですよね。
一部ノイズが混ざっていたり、中味とブックレットの曲順が違っていたり、
同曲異演奏のはずが同じ演奏がかぶっていたり。
わたしの経験ではベームの指輪全曲の廉価版ボックス・セットにおいて、
「11」枚目のかわりに「1」が入ってて…
つまり同じ「1」が2枚かぶってたことがありました。
もちろんちゃんとしたメーカーの場合は後日正しいものを製作し取り替えてもらえるし、
タワレコさんみたいな大手の店舗は情報さえあればちゃんと告知してくれるので、
購入したあともたまにはお店をチェックする必要があります。

もうひとつの問題は値段ですね。
たとえばこのボックスは13000~14000円ちょっとで円盤40枚ですから、
一枚単価はかなり安いと思います。ボックスはいっぱい入ってて安いという印象で、最近流行りなのですが、
聴きたい部分がわずかの場合は単価高くても単発で購入したほうが
ずっと安いこともあるので、注意が必要です。

ついでにいうと、あとで聴き直すとき、
当該盤を引き出すのが手間で扱いずらいのも難点であります。
あと、どこにしまっておこうかという問題も。

とはいうものの、この“Legacy”は個人的には今まで追い求めて手に入らなかった、
あるいは存在すら知らなかった音源が宝の山状態で、うほほです。
ゴージャスとはこのセットのことをいうのだと思います。

ただ、ほんというと、インタビューだけの1枚はいらないな、というのと、
映像ものは違うセットにしてほしかったな、という思いはあります。

でもそれは贅沢というもの。
まだ全然聴いてませんが、近々少しずつ少しずつ楽しみたいと思っています。
08:00  |  CD(クラシック)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.11.21 (Sat)

世界で2番目におもしろいライトノベル。


「世界で2番目におもしろいライトノベル。」
石原宙著
ダッシュエックス文庫
2015年発行

高校生灰川祭は書評ブログのネタ本探しに古本屋に寄りますが、
そこで出会ったのが伝説の勇者リーリャ。
彼女は普通の人間に戻りたいので主人公を替わってくれといいます。
やがて学園異能の覇者獅子王騎士(ししおうぱらでぃんと読みます・笑)、
異世界帰りの救世主織田切チロル、
終わりの魔法少女赤瀬川夏恋がやってきますが、
彼は要求を断ります。
しかしある日夏恋の危機を救おうとヒーローヒロイン4人分の書類にサインしてしまい、
主人公を引き受けてしまうのです。
その時から、もっとも主人公に遠い男、祭は主人公になり、
世界は彼を中心に動き始めるのでした。
両親は急に海外出張で家をあけ、リーリャとチロルが一緒に住むことになります。
さらに夏恋が毎日食事を作りに来ます
学校ではリーリャが担任に、ぱらでぃんwは親友に。
さらにチロルは妹に、夏恋はヒロインに。
ラノベワールド全開です。
いや、ラノベだけど(笑
しかしそんな楽しい展開のなかで、やがて大変な事件が起きるのでした。

いゃあおもしろい小説でした。
まず夏恋が魔法少女に変身したシーンで爆笑。
クライマックスでショッピングモールを占拠した悪人たちと主人公たちが戦う場面では
涙が出るほどの大爆笑。

ラノベ自身をネタにした、馬鹿馬鹿しくもせつない、
ザ・ラノベといってもよいかもしれない傑作ラノベではないかと思います。

一頁だけしかない著者あとがきの文章が、またとてもよいのです。
07:45  |  Book(SF・ファンタジー)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT