2015年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2015.12.31 (Thu)

アナと雪の女王 チョコレートエッグ



ドンキにあったので、買ってみました。
まだまだアナ雪商品、出るんですねえ。





チョコレートエッグ三つ入りです。



チョコレートの中にはおまけ入りカプセルが入ってます。

これ、特に差し歯や歯が欠けてる方は、
思い切り噛みついて歯を痛めないように注意です。

おまけはなんと全18種類(フィギュア11種、チャーム7種)のどれか。
かぶりもあるので、全部集めたい向きはいっぱい買わないといけないでしょう。



で、入ってたのはこの三人。

一番左は…だれ? (笑
スポンサーサイト
08:19  |  いとお菓子  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2015.12.30 (Wed)

かませ系ヒロインルートの結末を俺は知らない 打ち切りの5秒前


「かませ系ヒロインルートの結末を俺は知らない 打ち切りの5秒前」
鏡遊著
角川スニーカー文庫
2015年発行

御門駿介は高校二年生。
今じゃそれほど財力ないらしいですが、千年も続く名家のお坊ちゃん。
御門家所有の千歳荘という物件に一人暮らししております。
部屋がいっぱいあるんだけど、彼は何部屋かに趣味の漫画やDVD、BDやゲーム、
その他あやしいものを詰め込んでます。
そう彼は二次元オタクで、現実の女の子には興味ないのです。
ところが彼は見てくれもスペックも普通なのに女の子にもてまくりです。
どうも御門家の高貴な血のせいらしいです。
さて、千歳荘にある日美少女がやってきて一緒に住むことになります。
歩沢ひびきと名乗る彼女は御門家に雇われた千歳荘の管理人なのでした。
彼女は恋を知らない美少女で、
「わたしはあなたを好きになりません」と宣言しますが、
今までリアルの女の子を好きにならなかった駿介はなぜか彼女に惹かれます。
一方、彼の幼なじみで同じ高校、同じ学年の狗我香凛は学生のかたわら
プロの漫画家として活躍しております。
駿介のことが好きで、いつも迫っているのですが、彼はその気なし。
歩沢ひびきに駿介が恋をしていると悟った香凛は彼の恋のため、
ひびきの気持ちをあおるためのかませ犬になると言い出しますが…。

いやあ羨ましい環境の主人公です。
ひびき以外の女性には好かれまくり、しかも自分を好きな女性の胸や太ももを
揉んだりさわったりしてしまうくせがあります。
しかもある理由でそれなりにお金を持ってます。

駿介と香凛、ひびきの三角関係みたいなラブコメですが、香凛の担当編集者、
これも美人な猫村ネネも絡み、香凛の漫画連載打ち切りの宣告に、
さあ漫画は恋はエロはどうなっていくんでしょうかーなお話。

香凛とひびき、どちらもヒロイン的で、さあ主人公はどちらと結ばれるのか、
先の読めない展開がわくわく。
ラストはかなり素敵な終わり方で、大満足なラブコメでした。
08:35  |  Book(青春・恋愛・ラブコメ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.12.29 (Tue)

学年トップのお嬢様が1年で偏差値を40下げてギャルになっていた話


「学年トップのお嬢様が1年で偏差値を40下げてギャルになっていた話」
あさのハジメ著
講談社ラノベ文庫
2015年発行

タイトルは間違いじゃありませんが、あんま本筋とは関係ありません。

高校2年生の望月春兎。
子供の頃一緒に暮らしていたいとこの神楽坂双葉と黒羽の双子が家出してきて、
春兎の家に住むことになります。
ラノベでは何らかの事情で主人公が一人暮らししている設定多いですね。
でなければ簡単に女の子と同居できないし、
夜中とかにエッチぽいことできないですからね。
実はいとこの二人は特殊な体質、サキュバス体質で、
定期的に他人の精気が欲しくなってしまい、キスをせがむのです。
そんなわけで、主人公からしたら悩み多い同居生活ですが、
読者からしたらどうにもうらやましいお話であります。
主人公には好きなクラスメイトがいて、
なんとかいとこたちを追い出したいところなのですが、
二人の真情を理解していくにつれ…。

エッチ系ラノベです。
キスの大サービスです。
ラストシーンがまたますます裏山展開になって鼻血出そうです。

ギャグ方面では、どっかで聞いたようなジバサンとゴクウサに大笑いしました。

気軽に読める楽しいラノベでした。
08:22  |  Book(青春・恋愛・ラブコメ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.12.28 (Mon)

山瀬理桜の叙情的名演にうっとり


フィヨルドの夏の夜
山瀬理桜(ヴァイオリン)
山瀬理々香(ピアノ)
浦野亜弓(フルート、14曲目のみ)
ART UNION ART-3065
2001年発売

山瀬理桜(やませりお)さんはヴァイオリニスト&ハルダンゲルヴァイオリニスト。

このアルバムでは通常のヴァイオリンで演奏されてますが、
彼女はアジアで唯一人認められた
ノルウェーの国民的楽器ハルダンゲルヴァイオリニストで
日本ハルダンゲルクラブの理事長とのこと。

ヴァイオリンは故江藤俊哉、アンジェラご夫妻に師事されたそうで、
このアルバムにもお二人の推薦文が書かれています。
またピアノを弾いている山瀬理々香さんは理桜さんのお姉さん。



とにもかくにも美しい音色、良いも悪いも女性的に聴こえる
やわらかく線の細いヴァイオリンです。
選ばれているのがロマンティックな曲ばかりなので、もう夢見心地です。

伴奏のピアノもヴァイオリンを引き立て、姉妹ならではの息のあったところを見せます。

なおヤーネフェルトの子守歌ですが、この曲は知りませんでしたが、
とても素敵な叙情的なメロディを山瀬さんがまたこれ以上ないほど叙情的に奏でてます。

これはもうハルダンゲルヴァイオリンの方も聴いてみたい!
09:08  |  CD(クラシック)  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2015.12.27 (Sun)

サ法使いの師匠ちゃん


「サ法使いの師匠ちゃん」
春原煙著
GA文庫
2015年発行

できんぼ魔法使いのジェラルドが亡き父親の魔導書を使い召喚したのは、
魔法使いを凌駕する伝説のサ法使い…じゃなくて可愛いだけの女子高生、鷺坂詩子。
しかしジェラルドは元の世界に戻す方法を知らないのでした。
ジェラルドがその方法が書いてあるかもしれない
王城にある魔導書を見る立場になるためには、
御前試合に優勝しなければなりません。
詩子はジェラルドに特訓をするのでしたが、その内容は精神論的なもの。
詩子は可愛いだけの女子高生だけど、詐欺師的な才能はずば抜けているのでした。
ひょんなことから知り合ったゴブリン族の巨乳少女ロザーリアと
三人で楽しく生活しながら、やがて彼らは試合に挑むのでしたが…。

異世界において、現代日本の処世術を無理やり適用する詩子だけど、
それが何とか通用してしまうとこが面白いです。
いきなり異世界に飛ばされた詩子のバイタリティには脱帽です。

第7回GA文庫大賞優秀賞受賞作とのことですが、
それも納得の楽しいお話でした。
08:18  |  Book(SF・ファンタジー)  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2015.12.26 (Sat)

お正月用に伊達絵巻、そしてサカイヤのこと







お正月用に宮城県は仙台銘菓の伊達絵巻(12個入り)を買いました。

バームクーヘンを円筒形にしたようなお菓子で、
中はあんとクリームの二種類があります。
中身は以前載せましたコチラでどうぞ。

大昔ですが、サカイヤという、洋菓子店がありました。
一階がお菓子屋さんで、二階がレストラン。
そこで売ってた「月の旅」という、
バームクーヘンをチョコレートでコーティングしたお菓子、
ローズガーデンという、円筒形のビスキーなお菓子で
中にクリームが入ってたかな? こちらはうろ覚えですが、それらが好きで、
毎年お正月前に買い込んだものです。

伊達絵巻はそれらとちょっと違う、どちらかというと和菓子的風情がありますが、
こちらも大好きなお菓子なのです。

さて、池袋にタカセという洋菓子屋さんがあります。
一階が洋菓子やパン販売、二階が喫茶、三階がグリル。
サカイヤと似た構造なのですが、実はそれだけではなく、
ハンバーグの味が、記憶の中のサカイヤのそれと同じなのです。
偶然かもしれませんが、あるいはどっかでルーツが繋がっているとこがあるかないか。
店員さんに訊くのもつまらないので、
わたしの中でファンタジーにしてます。

そうそう、思ったんですけど、竜宮城からドラゴンとったら宮城になるのですねー。
08:28  |  スイーツは別バラ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.12.25 (Fri)

アンデッドガール・マーダーファルス 1


「アンデッドガール・マーダーファルス 1」
青崎有吾著
講談社タイガ
2015年発行

1となってます。
続き物です。
講談社タイガは続き物多いなあ。
青崎有吾さんはまだ読んだことなかったのです。
今回初ですが、いやあ面白い。
本作はホラーと探偵小説の融合です。

主人公である探偵一派は鳥籠使いと呼ばれる三人組、
卓抜した運動能力を持ち、冗談の好きな真打津軽、謎のメイド馳井静句、
そして津軽が師匠と呼ぶ頭脳明晰な探偵役輪堂鴉夜。
彼らは19世紀のヨーロッパを舞台に、ある目的のため、
怪物専門の探偵として活躍します。
本作では、人間と共存している吸血鬼(人間の血は吸わない誓いを立てている)の
奥さんが殺された事件と、人造人間を作った博士が密室で殺された事件が
描かれています。
鳥籠使いは怪物が関わる事件を解決しますが、
結果、怪物と戦わざるをえない場合もあるのでした。

怪奇小説のようで、主体はミステリ、特に事件の謎解きは本格ミステリのそれです。
これがかなりロジカルでして、人造人間事件の謎解きにはうなりました。

また、ミステリマニアならどこかで聴いた名前が多々登場します。
ルールタビーユ、ルパン、灰色の脳細胞が口癖の男…、
そして主人公たちが追い求める敵はなんとあの人らしい。

怪奇趣味でミステリ心をピリ辛に刺激させる、目の付けどころがシャープな娯楽作です。
今まで、ミステリで、こんな、あっと驚く奇抜な主人公たちの人物設定は
見たことありません。
マーダーファイルではなくマーダーファルスとしたタイトルも粋です。

次作2は来年初夏発売予定とのこと。
楽しみです。

ところで、これ読んでアレ思い出しました。
アップクチキリキアッパッパァ←謎(笑
18:11  |  Book(ミステリ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.12.24 (Thu)

牛すき焼き弁当



ローソンで牛すき焼き弁当を買ってみました。



半熟たまご付きですが、これはチンしないようにとのこと。



こんな感じで半熟たまごにつけて食べると、うまっ!

量は控えめですが、美味しいすき焼きです。

ただ、ご飯が軟らかいのだけが残念。
17:28  |  コンビニグルメ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.12.23 (Wed)

ぺてん師と空気男と美少年


「ぺてん師と空気男と美少年」
西尾維新著
講談社タイガ
2015年発行

美少年シリーズ第2弾です。

私立指輪学園の中に存在する美少年探偵団―メンバーは美学のマナブ
(実は小学生だけど団長)に美声のナガヒロ、美食のミチル、美脚のヒョータ、
美術のソーサク―の一員となった瞳島眉美―美観のマユミ。
ある日彼女が登校しようと歩いていると、
サラリーマン風の男が百万円の束を落とします。
拾ってわたしてあげたマユミに、男はお礼として十万円をくれるのでした。
返そうとしたマユミですが、男は一本道で空気のように消えてしまいます。
摩訶不思議な現象に探偵団に相談するマユミですが、
お金は精巧に作られた偽札であることがわかります。
しかも紙一枚にみえるお札の中には、
中学校で行われるカジノへの招待状が封入されていたのでした。
早速カジノに出掛ける美少年探偵団でしたが…。

1作目に比べると地味な展開ですが、そのなかで、
デカい陰謀が明らかになっていきます。
魅力的な相手役の登場で、わくわくする面白さです。

次は来年刊行予定で、「屋根裏の美少年」、「押絵と旅する美少年」と続きます。
楽しみです。
08:10  |  Book(ミステリ)  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2015.12.22 (Tue)

炭火焼ハンバーグ御膳





セブンイレブンで炭火焼ハンバーグ御膳を買ってみました。

安心してください、
切れてますよ!

食べやすい一口サイズです。

結構お値段高いですが、粗挽き牛肉100%とのこと。

コンビニではちょっと見かけない、オンリー・ギュー・ハンバーグです。
オンリーギュー~♪
歌いたくなります。

普段は合い挽きばかりだから、ひさびさのオンリ・ーギュー、美味しいです。
17:05  |  コンビニグルメ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT