2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2017.05.14 (Sun)

青春絶対つぶすマンな俺に救いはいらない。


「青春絶対つぶすマンな俺に救いはいらない。」
境田吉孝著
ガガガ文庫
2017年発行

ダメでクズな高校生狭山くん。
無気力な女子高生小野寺さん。
ふたりは藤崎という女の子に呼び出されます。
彼女は特別生徒相談室室長らしいのです。
中等部の生徒らしいのに、「救済する」が口癖の熱意に燃えた不思議な女の子。
そして狭山くんも小野寺さんも、
嫌々生徒の悩みを解決する手伝いをさせられるのでした。

屋上から飛び降りようとしてるイケメン先輩、
学校に出てこないで自宅で引きこもっているユーチューバー。
そんな生徒たちに仕方なく関わっていくのですが、この辺りはよくあるお助けもの。
たとえば「俺たちは空気が読めない」にも使われていた設定です。

しかし本書がユニークなのは、ダメ人間でもいいじゃん、という主人公の考え。
主人公がダメ人間ですからね。
だから救うようで救わなくて結果的にはそれでも救われて、みたいな話なのです。
「がんばればお前にはできる」とか「涙は心の汗だ」みたいな
青春ドラマみたいな熱血説得はありません。
違う意味での説得は、まああるんだけど。

最後主人公は小野寺さんの苦境にも立ち入って、
ラノベ的、青春もの的には想像しなかった終わり方をします。

350頁と長いし、主人公たちが恋におちいるシチュもなし、
エンターテインメント的な意味ではカタルシスがないお話なのだけど、
読み応えあり、感動もそこそこあり、なにより面白い作品でした。

お話が綺麗にまとまっちゃってるんで、一冊ものでよいように思うのですが、
あとがきには二巻を出したい由書かれてるので、売れ行きによるでしょうが、
続くようならまた読みたいと思うのです。

ちなみに相田レイ子ちゃんというキャラがとってもよいので、
続く場合はぜひもっと活躍させてほしいのです。
スポンサーサイト
08:53  |  Book(青春・恋愛・ラブコメ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |