2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2014.06.22 (Sun)

トキメイテ、トリプル

ベートーヴェンの作品にトリプル・コンチェルトという曲があります。
長く云うと、ピアノ、ヴァイオリン、チェロのための三重協奏曲。

昔レコードの時代、名盤と謳われたのはカラヤン/ベルリンフィルの演奏でした。
ソリストがリヒテル(ピアノ)、オイストラフ(ヴァイオリン)、
ロストロポーヴィチ(チェロ)という、豪華さ。
その後カラヤンは若手のゼルツァー(ピアノ)、ムター(ヴァイオリン)、
マ(チェロ)と再録音しますが、いずれにせよ昔は録音がかなり少なかったように思います。
もっとも今でも必ずしも多いとはいえないかもしれませんが。

この曲、ベートーヴェンの作品としては面白くない方だと思うのですが、
なにせソリストを3人も使いますから、実演だと見栄えのよい曲なんですね。





そのソリストが3人とも女性だと、このクレアモント・トリオのように
ますますゴージャスに映えます。
観点が下世話で申し訳ないですが、たといクラシック音楽であれ、
わたしはまず楽しみたいという思いがあるので、美女大歓迎でございます。



美女揃いということではこのディスク、ピアノのカリン・レヒナー
(昔ちょっと話題になったピアニスト、セルジオ・ティエンポのお姉さん。
最近は姉弟でピアノデュオやってますね)、バジェット・プライスのCDでたまに見かける
ヴァイオリンのエミー・ヴェルヘイ、チェロのオーフラ・ハーノイ
(ちょっと懐かしいかな)のソリスト達も負けてはいません。

こうなると、指揮者も女性で!なんて思っちゃうのですが、
思い出すのは昔日本フィルのコンサートで、天沼裕子さんが指揮、
堀込ゆず子さんがヴァイオリンでシューマンのコンチェルトを聴いたことありますが、
天沼さんが燕尾服だったこともあり、妖しい雰囲気で素敵でした。



で、指揮者が女性といえばたとえばこれです。
指揮者とピアニストが女性です。
指揮者のジョアン・ファレッタはマリン・オールソップとともに
ナクソスで最近録音しまくっている女流指揮者。
ピアニストのムーザ・ルバッキーテはこのコンサートが行われたフェスティバルの
artistic directorですが、最近CDをよく見かけ、活躍ぶりがうかがえます。



これはチョン・トリオによる姉弟演奏で、
ピアニストのチョン・ミョンフンは指揮者と掛け持ち。
ヴァイオリンとチェロが女性。

というわけで、わたしの手持ちではソリスト3人と指揮者がすべて女性という
ケースはなかったですが、録音されてるかはともかく、
多分どこかでは演奏されてるでしょうね。

一度観てみたいものです。


ベートーヴェン:ピアノ、ヴァイオリン、チェロのための三重協奏曲

1】
Claremont Trio:
Andrea Lam,piano
Emily Bruskin,violin
Julia Bruskin,cello
San Francisco Ballet Orchestra
Martin West,conductor
(+ピアノ三重奏曲第1番)
Bridge Records BRIDGE9395
2012年録音

2】
Karin Lechner,piano
Emmy Verhey,violin
Ofra Harnoy,cello
Brabant Orchestra
Eduardo Marturet,conductor
(+ロマンス第1番)
RCA RD71125
1986年発売

3】
Muza Rubackyte,piano
Michael Ludwig,violin
Laszlo Fenyo,cello
Lithuanian National Symphony Orchestra
JoAnn Falletta,conductor
(+幻想合唱曲)
DORON music DRC3032
2009年ライヴ録音

4】
Myung-Whun Chung,piano
Kyung-Wha Chung,violin
Myung-Wha Chung,cello
Philharmonia Orchestra
Myung-Whun Chung,conductor
(+ロマンス1,2番、ピアノ,フルートとファゴットと管弦楽のための
ロマンス・カンタービレ)
Deutsche Grammophon POCG-10100
1996年録音
関連記事
スポンサーサイト
10:57  |  CD(クラシック)  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■素敵なジャケット

クレアモント・トリオのジャケット写真は素敵ですね。確かにゴージャス(^^)
指揮者のチョン・ミョンフンにはヴァイオリニスト(チョン・キョンファ)の姉がおられることは知っていましたが、チェリストの姉(チョン・ミョンファ)までいたとは何とも凄い姉弟ですね。
ベルリン・フィルとバレンボイム、パールマン、マの演奏のCDが図書館にありましたので予約しました(^^)
akifuyu102 |  2014.06.22(日) 16:39 |  URL |  【コメント編集】

>akifuyu102さん
チョン・キョンファとチョン・ミョンフンがやたら有名ですが、チョン・ミョンファを加えたチョン・トリオとしても室内楽のCDを何枚もいれてますし、たしか来日公演もしたんじゃなかったかと思います。
バレンボイムの弾き振りにパールマン、マの組み合わせもすごくゴージャスですね(^O^)
暗ヲ |  2014.06.22(日) 17:19 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kusopanda.blog130.fc2.com/tb.php/1629-fa86bce0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |