「探偵少女アリサの事件簿 溝ノ口より愛をこめて」
東川篤哉著
幻冬舎
2014年発行

この作家さんはかつての赤川次郎氏みたいに次々と新刊を出すから困っちゃうんだけど、
書店で手にとると、面白そうだからつい買っちゃうんです。

で、読むとやっぱり面白いんです。

犯罪以外はなんでも引き受ける「なんでも屋」を開業した主人公橘良太、31歳。
ある時彼は全国的に有名な名探偵綾羅木孝三郎に娘のお守りを依頼されます
(ちなみに奥さんは世界的に有名な名探偵)。
娘の有紗は小学校4年生10歳。
父親の前ではおとなしくてかわいい娘を演じていますが、
良太とふたりきりになると高飛車な態度に変わり、自らを「探偵」と称します。
そしてちょうど少し前に良太が現場に居合わせた殺人事件を解決しようと、
アリスみたいなロリータ・ファッションに身をつつみ、
良太をお供に探偵活動を始めるのでした。というような「名探偵」なお嬢様と「なんでも屋」のワトソン君の活躍を描いた
4短編が収録されております。

またまた楽しいキャラ設定。
トリックで唸らせる作風ではないけど、地の文章がギャグで出来てて
楽しく読ませるのもいつもと同じ。

そして読んだ後、やはり思うんですよね。

「続編プリーズ!」
関連記事
スポンサーサイト

12/13|Book(ミステリ)コメント(6)トラックバック(1)TOP↑
この記事にコメント
東川篤哉さん、何だか凄い人気です。
東川篤哉さんの著書を図書館のデータベースで探したら軒並み貸出中でした。人気作家ですねぇ。最近の著書などはそれぞれ40人ぐらいが予約しています。これは当分借りられそうにないです。購入します (^^)
From: akifuyu102 * 2014/12/13 19:11 * URL * [Edit] *  top↑
>akifuyu102さん
へええ。人気あるんですねえー\(◎o◎)/
わたしは最近になって読み始めました口ですが、面白いので何冊か読んじゃいました。
気楽に楽しく読めるのがいいです(^O^)
From: 暗ヲ * 2014/12/13 19:42 * URL * [Edit] *  top↑
東川篤哉さんの著書、読みました。
「純喫茶「一服堂」の四季」は村崎蓮司と一服堂の安楽椅子のキャラが大変面白かったです。しかし、それ以上に「探偵少女アリサの事件簿」は面白かったです。橘良太と有紗がいつの間にか私の頭の中に映像として出てくるぐらい楽しめましたよ。買ってよかった~ぁ (*^_^*)
From: akifuyu102 * 2014/12/26 20:59 * URL * [Edit] *  top↑
>akifuyu102さん
一服堂も読まれたんですか。
最後のお話しのトリックがすさまじかったでしょう(^_^;)
この作家さんは楽しく読めるので、疲れたときなんかに読むのに良いですね。
From: 暗ヲ * 2014/12/26 21:11 * URL * [Edit] *  top↑
久々に著者の良さが思い出されるような作品でした。
ミステリもユーモアも面白く楽しく読めました。
このテイストで続編希望です。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
From: 藍色 * 2016/05/13 12:18 * URL * [Edit] *  top↑
>藍色さん
面白かったですね。
最近東川さんの新作みないような気がするのだけど、また楽しいお話書いてほしいですね。
トラックバックしてみました。うまくいってるとよいのですが。
From: 暗ヲ * 2016/05/13 15:41 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
「探偵少女アリサの事件簿 溝ノ口より愛をこめて」東川篤哉
名探偵は小学生! ? 天才探偵少女とヘタレ三十男の迷コンビが難事件に挑む! 東川篤哉、最新ユーモア・ミステリ! 就職先のスーパーを誤発注した大量のオイルサーディーンとともにクビになり、 地元で「なんでも屋タチバナ」を始めた、俺、橘良太。 三十一歳、独身、趣味は ナシ、特技は寝ること。そんな平凡な三十男の俺にある日、子守り依頼が舞い込んだ。 報酬につられて出かけた豪邸で待ち...
2016/05/13(Fri) 12:11:31 |  粋な提案
プロフィール

暗ヲ

Author:暗ヲ
にゃにゃにゃにゃにゃ♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム