2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2014.12.27 (Sat)

伊福部昭百年紀Vol.2


伊福部昭百年紀Vol.2
齊藤一郎指揮、オーケストラ・トリプティーク
スリーシェルズ 3SCD0018
2015年発売

伊福部昭百年紀コンサートVol.1のライヴCD(→コチラ)を聴いた衝撃は
いまだ自分のなかで興奮さめやらぬ状態を保ってますが、これはその第二弾。

演奏しているオーケストラ・トリプティークのコンサートマスターは、
今回長原幸太氏から宇野功芳氏イチオシのヴァイオリニスト佐藤久成氏にバトンタッチ。

今回の曲目は、

「ジャコ萬と鉄」組曲
1.No.1 2.No.3 3.No.7 4.No.16 5.No.18

「佐久間ダム」組曲
6.Ⅱ-No.1 メインタイトル 7.Ⅱ-No.3 コンクリート打ち込み 8.Ⅲ-No.6
9.Ⅱ-湖底に沈む村 10.Ⅱ-No.9 鉄柱の森 11.Ⅱ-No.15 ジャンボー出動
12.Ⅱ-緑の湧水 13.Ⅲ-No.7 冷凍プラント建設 14.Ⅲ-No.8 バッチャプラント建設
15.Ⅲ-No.37 16.Ⅲ-No.36 発電所完成 17.Ⅲ-No.39 エンディング

「ドゴラ」組曲
18.No.1 人口衛星 19.No.2 メインタイトル 20.No.11 岩石の雨
21.No.14 ドゴラの天敵 22.No.16-A 航空隊攻撃開始 23.No.14 ドゴラの天敵
24.No.16-A 航空隊攻撃開始 25.ドゴラのテーマ 26.No.17 勝利の爆音
27.No.18 エンディング

「ラドン」組曲
28.No.1 メインタイトル 29.No.20 自衛隊阿蘇へ 30.No.10 超音速の追跡
31.No.16 ラドン佐世保に飛来 32.No.18-A ラドン福岡襲撃Ⅰ 33.No.21 大阿蘇の自然
34.No.18-B 衝撃波の猛威 35.No.18-A ラドン福岡襲撃Ⅱ 36.No.15 ラドン追撃せよ
37.No.22 エンディング

「宇宙大戦争」組曲
38.No.1 オープニング 39.No.2 メインタイトル 40.No.3 東海道線の異変
41.No.8 星空 42.No.11 基地の偉容 43.No.12 スピップ号発進
44.No.19 エアークッション 45.No.26 月世界の攻防Ⅰ 46.No.28 スピップ号還る
47.No.2 メインタイトル 48.No.34 宇宙大戦争 49.No.35 エンディング

非特撮映画である「ジャコ萬と鉄」や記録映画「佐久間ダム」の音楽は
今回はじめて耳にしますが、どんな作品でも伊福部節は一聴すればわかる個性を
もっており、また興奮させる土俗的なメロディやリズムも共通しております。
そんな意味で、どれもが面白い、興味深い伊福部メロディ達です。

「ドゴラ」は子供のころテレビでちょっと見たのですが、
つまらなくて途中で見るのやめちゃいました。
最近DVDで改めて見ましたらなかなか面白かったです。
ただクラゲの形をした怪獣がインパクト薄いので、
どちらかというと主人公たちとギャング団との攻防が印象に残りました。
まあ藤山陽子出てますからね、それだけでもみる価値ありです(笑
ミュージカル・ソウの音色がドゴラの不気味さをよくあらわしていると思います。

「空の大怪獣ラドン」はわたしが小さいころ、学校の校庭みたいなとこで
スクリーン張って上映したのをゴザに座ってみた記憶があります。
これも最近DVDで見直しましたら、面白かったです。
空中戦のシーンにつけられた伊福部さんの音楽がスピード感があってとても良いです。

「宇宙大戦争」は東宝の超科学もの特撮映画としては「海底軍艦」や
「妖星ゴラス」ほどではないですが、好きな作品です。
ヒロインの安西郷子が綺麗でした(笑
メインタイトルの畳み掛けるような音楽を聴くだけで興奮してきます。

この伊福部昭百年紀のシリーズは劇伴の中から選りすぐった曲を組曲にまとめ、
ある程度まとまったボリュームで楽しませてくれるので、
映画の情景を思い出しながら聴くのもよし、交響詩のような音楽として楽しむのもよし。

今回のVol.2では録音スタッフとして、オクタヴィア・レコードの江崎友淑氏が
加わっておられます。
そのためか、音質はVol.1に比べ格段に良いと思います。
奥行きを見はるかすことのできる音場、弦の質感が良く、アナログ的な音色。
また演奏も前作よりかなり見事と感じました。
これからも楽しみです。

この素晴らしいレベルの演奏・録音で、特撮映画のサントラを全部再録音してほしいと、
星に願いをかけたい気分です。
関連記事
スポンサーサイト
09:32  |  CD(特撮)  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■オクタヴィア・レコードはGoodですね (^^)

オォ!来年1月1日発売のCDもタワレコの実店舗ではもう置いているのですね。
伊福部節がこのCDでも健在ってことですね。ゴジラ以外にも熱い曲がいっぱい
あるのですね。オーケストラ・トリプティークって良さそう。http://3s-ca.jimdo.com/
akifuyu102 |  2014.12.28(日) 10:13 |  URL |  【コメント編集】

>akifuyu102さん
そうなんです。とりあえず東京の渋谷タワレコ、銀座山野楽器では店頭販売しておりました。
いやあオーディオ的ではない自然な音の良さで音質はバツグン、演奏も熱く、楽しいアルバムでした。
内容的にはなんといっても大好きな「海底軍艦」が入ってる前作が素晴らしいですが、録音と演奏は今回のが遥かに良いです。
伊福部さんはマーチが熱いから、特撮映画の音楽にはノリノリの曲がいっぱいあります。
暗ヲ |  2014.12.28(日) 10:48 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kusopanda.blog130.fc2.com/tb.php/1843-a601dc35

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |