「暗闇・キッス・それだけで」
森博嗣著
集英社
2015年発行

単発作品だと思って読み始めたら、途中で、あれ? なんかひっかかるな?
過去の事件の話で出てくるゾラってなんか聞いたことあるぞ。

で、調べたら「ゾラ・一撃・さようなら」という作品と同じ主人公による第二弾でした。
しまった、シリーズものは順番に読みたいのに、ぬかった!

まあ仕方ないので、「ゾラ」はまた次の機会に読みます。

探偵の頸城悦夫は、出版社に勤務している、昔同棲してた女性に頼まれ、
外人の大富豪の本を書くために、日本にある彼の別荘に行きます。
大富豪の屋敷に泊まりながら、彼や家族たちにインタビューを行うのだけど、
そんななかで射殺事件が起こるのでした…。

ミステリ的には大したトリックが出てくるわけではないけど、
本作はミステリというよりハードボイルド的な作風であり、
主人公側からしか描かれないので、ずっと彼の思考や心情につきあってると、
いつのまにか、惹き込まれていきます。

また、いつもながらの森作品らしい、わかるようなわからないような、
独特の会話が楽しいです。

ただ最後はちょっと、主人公にとってはさみしい終わり方ですが。
まぁモテるし、タイトルにあるようになんとなくキッスがいくつかだし、
羨ましいからよいでしょう。

なおマッキントッシュの真空管アンプが出てくるけど、
やっぱ森センセはオーディオ好きなんだろうなあ。
関連記事
スポンサーサイト

02/07|Book(ミステリ)コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

暗ヲ

Author:暗ヲ
にゃにゃにゃにゃにゃ♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム