2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2015.02.28 (Sat)

宇野功芳対話集 演奏の本質


「宇野功芳対話集 演奏の本質」
音楽之友社 ONTOMO MOOK
2015年発行

「演奏の本質」とは大仰なタイトルではありますが、
読んでみたら想像してた何倍も意義深いムックでした。

音楽評論家の宇野功芳氏が作曲家、演奏家等10人を相手に
対談したり往復書簡をかわしたりした内容をまとめたものです。

まず作曲家で宇野氏の親友である佐藤眞氏との対談。
ホロヴィッツやトスカニーニに関するお話が主ですが、
興味深い解釈や感想が溢れ、この項だけで一冊作ってほしいくらい。
佐藤眞氏の発言が名言の嵐です。
「音楽を聴くことは自分を聴くこと。他人と共通のものはない」
「指揮者が本気で「譜面通りやる」なんて考えていたら、そんなの聴く必要ない」
「(宇野氏に対して)君は音楽を物語にしてしまうんだ」
「音楽というのは精神状態が表れていればいいんだ」
など。
劈頭にして白眉。
30頁弱の対談だけど、物凄く面白いです。

次は指揮者の上岡敏之氏。
宇野氏が最近かなり高く評価している方。
指揮者の音楽の作り方や悩みが覗けて興味深いです。

ヴァイオリ二ストの佐藤慶子さんは宇野氏が新星日本交響楽団を振って
オーケストラ・コンサートを行っていた頃、コンサートミストレスだった方。
あの頃は私もほとんど聴きに行きました。
彼女から見た指揮者たちの感想が言いたい放題でめちゃめちゃ面白い。

韓国のHJリムさんは若手ピアニストとして躍進中。
やはり宇野氏が絶賛しているピアニスト。
彼女の曲に対する深い考察が素晴らしい。
このムックは白黒ながら写真も多く載っており楽しいのですが、
彼女のウインク写真?が素敵。

ピアニストの遠山慶子さんとの対談では彼女のパリでの生活、
師匠であるコルトーのこと、同じコルトーのお弟子さん仲間であるハスキル、
フランソワ、ハイドシェックのこと、などなど興味深いお話が読めます。

批評家・指揮者の野口剛夫氏とはクールに音楽界の問題点が話し合われています。

指揮者・音楽学者の金子建志氏とは音楽雑誌でのCDの評価がかなり食い違うとのことで、
実際の月評をいくつか再録した上でおふたりの考え方、
評価法の違いを語り合っています。

往復書簡はドイツ文学者の喜多尾道冬氏、ピアニストのみどり・オルトナーさん、
宇野氏イチオシ若手ヴァイオリニストの佐藤久成氏がお相手。
なかなかむつかしい内容について手紙のやりとりをしてます。
そのためか往復書簡分の頁数多いです。

正直往復書簡分に関しては、悪いとはいいませんが、
やはり対談の方がライヴ感があり楽しいです。
個人的には往復書簡のかわりに対談部分を増やして欲しかったなと思います。

現在、本は製作費がかかるわりに売れ行きが悪いので、
どうしても値段が高くなってしまうのですが、このムックも1800円(本体価格)します。
まあ、ムックにしては片手でめくり読みしにくいくらい分厚いので、
そんなに割高感はないと思うのですが、内容が充実しているので、
個人的にはむしろお得感があると感じました。
関連記事
スポンサーサイト
10:26  |  Book(クラシック)  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■ちょっと読んでみたくなりました

クラシックはあまり知らないのですが、
音楽の本質とか心理というのには興味がありますので、
ちょっとこの本、読んでみたくなりました。
どんな音楽ジャンルにも当てはまりそうですね。
Tomoki |  2015.02.28(土) 11:45 |  URL |  【コメント編集】

>Tomokiさん
よれしかったら本屋さんででも拾い読みしてみてくださいませ(^O^)
ホロヴィッツやトスカニーニみたいな古い演奏家は録音できくしかないのですが、同じ録音きいてよくこんな違う意見(←感想ではなく)がでてくるなあ、と面白かったです。
その他演奏家が何を考えてるかとか、いままで知らなかった意外な発見もありました。
内容の充実した本でした(^O^)
暗ヲ |  2015.02.28(土) 11:59 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kusopanda.blog130.fc2.com/tb.php/1906-e762df6a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |