「SとSの不埒な同盟」
野村美月著
ダッシュエックス文庫
2015年発行

高校2年の真田大輝はドSの性癖を持つ男の子。
だから彼の異性の対象はあくまで内気でおどおどした、Mな女の子。
彼はそんな女の子である美園千冬を鑑賞し妄想するため、
彼女が所属している合奏部の向かい側にあり、
窓から彼女の様子がみれる美術部にわざわざ入部します。
そんな彼のひとり鑑賞部に気づいた女の子が超美人の藍本ルチア。
実は彼女もまたドS。
彼女はやはり合奏部のMっぽい男の子に興味を持っており、
そのときから鑑賞部は“ふたり”に。
そして今日も今日とてふたり揃って机を窓の方に向けて、鑑賞をするのでした。
一応美術部なので、手では気持ちの悪い粘土細工を作ったり、
わけわからない絵を描きながら。
やがてふたりは実際に好きな相手にアタックするのですが…。
でもあるときから、真田くんはルチアのことが気になってきて…。

これはとても好きなタイプの小説です。
妄想描写が面白く、楽しく読了しました。
ラストの展開は意外であれれ…? ですが、秋に2巻が出るらしいので納得。

なお、おまけについてる美園さんの日記がすごくおかしい(笑
関連記事
スポンサーサイト

08/15|Book(青春・恋愛・ラブコメ)コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

暗ヲ

Author:暗ヲ
にゃにゃにゃにゃにゃ♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム