「掟上今日子の挑戦状」
西尾維新著
講談社
2015年発行

寝て起きると記憶がリセットされる忘却探偵、
それゆえに依頼を1日で解決せねばならない最速の探偵、
掟上今日子さんの活躍するシリーズ第三弾です。

今作はアリバイ崩し、密室殺人、暗号解読と、
今までよりさらに本格テイストの香りが漂う三話収録です。
また以前の作品とは趣が違い、それぞれ別の警察官が相方になっております。

一話目の容疑者の名前には吹きました。
今回お金にがめつい今日子さんのキャラクターがより強調されてて、
楽しく読み終えました。
巻末の特典―捜査担当警部による報告書も楽しいです。

今後10月6日発行予定で「掟上今日子の遺言書」、
12月発行予定で「掟上今日子の退職願」が出るそうで、
すごいハイスピードな刊行と思わなくもないですが、楽しみです。
また10月から放送されるドラマ「掟上今日子の備忘録」も
ガッキー主演(イメージピッタリ!)で期待!
関連記事
スポンサーサイト

08/23|Book(ミステリ)コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

暗ヲ

Author:暗ヲ
にゃにゃにゃにゃにゃ♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム