「SとSの不埒な同盟2」
野村美月著
ダッシュエックス文庫
2015年発行

1巻(→コチラ)の最後でそれぞれMな相手と交際することになった真田大輝と藍本ルチア。

二人とも自分のSな性癖を満足させられると妄想していたわけですが、
なかなかうまくいきません。

結局二組とも別れることになってしまいます。

大輝はルチアに対する思いを呼び戻し、彼女に告白するのですが…。
同じ性癖同士では楽しくないし興奮しないと断られてしまいます。

SとS同士は本当に付き合ってもうまくいかないのか。
恋人同士になれないのか。
サクランボに託した思いは実るのか。
壮大なテーマ?が完結します。
読み終わって感動で胸がいっぱいになりました。

野村美月さんは本当にうまい小説を書くなと改めて感じ入りました。

今回も最後に重要な脇役キャラ美園千冬の日記がおまけについており、
これも楽しいです。
関連記事
スポンサーサイト

11/03|Book(青春・恋愛・ラブコメ)コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

暗ヲ

Author:暗ヲ
にゃにゃにゃにゃにゃ♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム