「掟上今日子の退職願」
西尾維新著
講談社
2015年発行

忘却探偵シリーズ第5弾です。

前作「掟上今日子の遺言書」において、隠館厄介氏が復活したわけですが、
そこで彼によって予告されている「罪悪館殺人事件」が
今作で描かれるかと思ってたら違いました。

今回は厄介氏は登場しません。
四つの事件を描いた短編集ですが、どの事件も今日子さんとそれぞれ別の警部さんが
現場でやりとりするパターンで、登場人物はそれだけです。
「掟上今日子の挑戦状」に似たパターンのように見えますが、
今回警部さんは全部若い女性。
女性の視線で自分の生き方と今日子さんのそれを比べるという、
謎なぞ以外の趣向が効いてます。
その謎なぞも本短編集は特に面白いものでした。
西尾氏らしいすっとんきょうな解明なのだけど、
それでいてなんかリアリティを感じるのです。

表紙イラストがまた素敵です。
殺害現場のバスタブにいつも入ってみる今日子さんのフィギュアを
ぜひともどこかで作ってほしいものです。

なお、次作は「掟上今日子の婚姻届」、来年(いつ頃かは書いてない)発売です。
関連記事
スポンサーサイト

12/19|Book(ミステリ)コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

暗ヲ

Author:暗ヲ
にゃにゃにゃにゃにゃ♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム