「ぺてん師と空気男と美少年」
西尾維新著
講談社タイガ
2015年発行

美少年シリーズ第2弾です。

私立指輪学園の中に存在する美少年探偵団―メンバーは美学のマナブ
(実は小学生だけど団長)に美声のナガヒロ、美食のミチル、美脚のヒョータ、
美術のソーサク―の一員となった瞳島眉美―美観のマユミ。
ある日彼女が登校しようと歩いていると、
サラリーマン風の男が百万円の束を落とします。
拾ってわたしてあげたマユミに、男はお礼として十万円をくれるのでした。
返そうとしたマユミですが、男は一本道で空気のように消えてしまいます。
摩訶不思議な現象に探偵団に相談するマユミですが、
お金は精巧に作られた偽札であることがわかります。
しかも紙一枚にみえるお札の中には、
中学校で行われるカジノへの招待状が封入されていたのでした。
早速カジノに出掛ける美少年探偵団でしたが…。

1作目に比べると地味な展開ですが、そのなかで、
デカい陰謀が明らかになっていきます。
魅力的な相手役の登場で、わくわくする面白さです。

次は来年刊行予定で、「屋根裏の美少年」、「押絵と旅する美少年」と続きます。
楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト

12/23|Book(ミステリ)コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
いいね
From:  * 2015/12/23 08:16 * URL * [Edit] *  top↑
>名無しさん
いいですよね。キャラたってて、このシリーズ好きです。
From: 暗ヲ * 2015/12/23 08:28 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

暗ヲ

Author:暗ヲ
にゃにゃにゃにゃにゃ♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム