「かませ系ヒロインルートの結末を俺は知らない 打ち切りの5秒前」
鏡遊著
角川スニーカー文庫
2015年発行

御門駿介は高校二年生。
今じゃそれほど財力ないらしいですが、千年も続く名家のお坊ちゃん。
御門家所有の千歳荘という物件に一人暮らししております。
部屋がいっぱいあるんだけど、彼は何部屋かに趣味の漫画やDVD、BDやゲーム、
その他あやしいものを詰め込んでます。
そう彼は二次元オタクで、現実の女の子には興味ないのです。
ところが彼は見てくれもスペックも普通なのに女の子にもてまくりです。
どうも御門家の高貴な血のせいらしいです。
さて、千歳荘にある日美少女がやってきて一緒に住むことになります。
歩沢ひびきと名乗る彼女は御門家に雇われた千歳荘の管理人なのでした。
彼女は恋を知らない美少女で、
「わたしはあなたを好きになりません」と宣言しますが、
今までリアルの女の子を好きにならなかった駿介はなぜか彼女に惹かれます。
一方、彼の幼なじみで同じ高校、同じ学年の狗我香凛は学生のかたわら
プロの漫画家として活躍しております。
駿介のことが好きで、いつも迫っているのですが、彼はその気なし。
歩沢ひびきに駿介が恋をしていると悟った香凛は彼の恋のため、
ひびきの気持ちをあおるためのかませ犬になると言い出しますが…。

いやあ羨ましい環境の主人公です。
ひびき以外の女性には好かれまくり、しかも自分を好きな女性の胸や太ももを
揉んだりさわったりしてしまうくせがあります。
しかもある理由でそれなりにお金を持ってます。

駿介と香凛、ひびきの三角関係みたいなラブコメですが、香凛の担当編集者、
これも美人な猫村ネネも絡み、香凛の漫画連載打ち切りの宣告に、
さあ漫画は恋はエロはどうなっていくんでしょうかーなお話。

香凛とひびき、どちらもヒロイン的で、さあ主人公はどちらと結ばれるのか、
先の読めない展開がわくわく。
ラストはかなり素敵な終わり方で、大満足なラブコメでした。
関連記事
スポンサーサイト

12/30|Book(青春・恋愛・ラブコメ)コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

暗ヲ

Author:暗ヲ
にゃにゃにゃにゃにゃ♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム