「魔女はホットなお年頃」
竹宮恵子著
竹宮恵子作品集3、4
小学館
昭和54年発行

TwitterのTLで「魔女はホットなお年頃」というテレビドラマを知りました。
1970-1971年の作品で、主演は新藤恵美さん。

新藤恵美さんといえばボウリングブーム真っ只中に放送された
「美しきチャレンジャー」の主演で初めて知った女優さん。
「ウルトラセブン」のモロボシダン役で人気のあった
森次晃嗣氏が共演していたこともあり、話題だったわけですが、
わたしは新藤さんはこのドラマが初主演くらいに思っていました。
ところが、実はずっと以前から女優さんをなさっていて、
「魔女はホットなお年頃」は「美しきチャレンジャー」の少し前の主演作なのですね。

というわけで興味を持って調べたら、なんと竹宮恵子女史がドラマ放送当時、
コミカライズしていることを知り、Amazonで古本を注文し入手しました。

キツネのコン子が人間の女性に化け、魔法を使って様々な騒動を巻き起こしながら、
人間の少年と恋に落ちる話です。



竹宮先生の当時の輪郭の太い線による絵が興味深いです。
楽しいコメディなのだけど、時折挟まれる深刻な状況やミュージカルちっくな描写、
「自己批判」という言葉が世相を反映しているようです。

ドラマでは当時の美人女優、奈良富士子さんも出ていたようで、
どんな役柄だったのか興味を持ちました。
あの「奥さまは魔女」とちょっと似ているのですが、
この番組はちょうど「奥さまは魔女」の後番組なので、
ねらって作られたようです。
ちなみに「魔女はホットなお年頃」の後番組はあの「仮面ライダー」で、
以降昭和仮面ライダー時代が延々続きます。

漫画に話を戻すと、その後の竹宮先生の作品とはひとあじ違う、
元気いっぱいのヒロインの活躍ぶりが楽しい作品で、
1970年代の懐かしさが蘇ってきました。
関連記事
スポンサーサイト

01/02|Book(少女・少年漫画)コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

暗ヲ

Author:暗ヲ
にゃにゃにゃにゃにゃ♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム