「不器用な天使の取扱説明書」
黒木サトキ著
HJ文庫
2015年発行

第9回HJ文庫大賞受賞作。

峰本信哉は高校一年生。
それまでオタクとして小説を書いていたけど、挫折し、
高校進学を機に楽な普通の生き方を選んだ少年です。
彼のクラスで異様な雰囲気を持っていて周囲と溶け込まない少女、目崎凜。
彼女は教室で一心不乱に漫画を描いていますが、それは絵はめちゃくちゃ上手いが、
思わず目を背けたくなるようなグロテスクな作品でした。
彼女は信哉が普通の少年ではないと見抜き、漫画のアドバイスを求めてきます。
やがてクラス委員で美少女の沢渡千佳も絵本作家になる夢を持っていることがわかり、
三人はイベントに作品を展示することを決めます。
しかし二人の少女の夢と実力をみるにつけ、
お手伝いをしているだけの信哉は凡人の自分をはがゆく感じ、妬みを持つのでした。
一方、凜は母親にグロい漫画を禁止されていて…。

主人公が過去に捨てた夢を友情を通じて取り戻していく、
なかなか読ませる小説でした。
真面目な展開でエッチなラブラブシーンがないのは残念ですが、
主人公のなんだかんだ熱血や凜のユニークなキャラが微笑ましく、素敵な作品でした。
他の脇役があまり活躍しないのがちょっともったいない気もしますが、
もしかして続編が書かれることがあれば、その機会も与えられるでしょう。

期待の新人登場です。
関連記事
スポンサーサイト

01/04|Book(青春・恋愛・ラブコメ)コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

暗ヲ

Author:暗ヲ
にゃにゃにゃにゃにゃ♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム