2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2016.01.23 (Sat)

鵺の鳴く夜が明けるまで


「鵺の鳴く夜が明けるまで」
door著
双葉文庫comico BOOKS
2016年発行

著者のdoor氏は京都大学の学生さん。
comicoという、面白い体裁のノベルサービスアプリに公開された作品の
書籍化になります。
もともとは「小説家になろう」に掲載されてたものが移籍したらしいです。

ヒロインは聖南学園に転校してきた榊原来夢。
ミステリー好きな女の子。
寮でのルームメイトの青山胡桃は自分が部長をしているミステリー研究会に来夢を誘い、
彼女は入部することに。
続いて研究会の元部長の白河美里と知り合った彼女は夜手紙で学園の中庭に呼び出され、
そこで美里の刺殺された死体を発見してしまうのです。
警察に疑われた来夢は数学教師で、
過去にいくつもの事件を解決した名探偵の鵺夜来人に助けを求めます。
名探偵により来夢への嫌疑は晴れるのですが、やがて第二第三の殺人が起こり…。

素晴らしく大胆なトリックが使われています。
ただそれが文章に溶け込みきっていないきらいがあり、
いささか強引な印象を受けるので、読者の評価はわかれるかもしれません。
殺人の動機もちょっと弱いのですが、クライマックスの謎解きでは、
本格ミステリの醍醐味である鳥肌の立つような感覚を味あわせてくれるので、
全体としては良い方向性だと思います。
細かいテクニカルなところは今後に期待です。
「翼ある闇」でデビューしたころの麻耶雄嵩氏の破天荒さを
思い起こしたりもしたのですが、上品にまとまったミステリばかりではなく、
爆弾みたいな作品も出てきてくれないと困ります。

最初の殺人におけるトリックは発想の転換が面白いと思いました。
またイラストまでも伏線として使っているのはラノベならでは。
そんな斬新なアイデアが魅力です。
ヒロインと名探偵に同じ「来」の字が使われているのは、
なにか意味があるのかと思って考えたら、そうか、ライムライトか!
ナイス・ネーミング・センス(^O^)

comicoでは続きも書かれているのですが、
パソコンもないわたしは本の形でないと読めないので、
それもぜひ次々文庫化してほしいです。

超期待の新人として記憶に留めておきたいです。
関連記事
スポンサーサイト
09:20  |  Book(ミステリ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kusopanda.blog130.fc2.com/tb.php/2259-4b9cbf56

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |