「帰宅戦争 帰りたいんだけど戦争起こしてもいい?」
鬼火あられ著
富士見ファンタジア文庫
2016年発行

帰宅部バトルものです。

高校生になった主人公。
しかしその高校は必ず何かの部に入らなければいけない決まりでした。
早く帰ってネトゲやりたい主人公は部活動したくない。
何より部活動をしてる連中の青春バカぶりが嫌だ。
だから帰宅部を作ることを考えたわけですが、
部活動に熱心な学校側に受け入れられるわけもなく。
しかし校長の気まぐれから、他の部の連中の勧誘をかわして校外に脱出できれば、
部設立を許してやろうと提案されるわけですね。
で、主人公を始め帰宅部に賛同する仲間たちは運動部、文化部の
勧誘という名の猛攻撃を血みどろになってかわしながら脱出しようとするお話です。

この手の帰宅部バトルものはラノベでも他に例があるのですが、
本作は特に面白く感じました。
青春を拒んでいる主人公が、同じ意志を持つ仲間と共に策を巡らせ熱く戦い、
知らず知らずのうちに青春しちゃってるんですね。
主人公の青春を嫌う過去や、ヒロインが人間嫌いになった理由が
しっかり描かれてるのもポイント高いです。
笑ったのは各部の攻撃ぶり。
スキー部がスキーはいて校舎内を襲ってきたり、
スケート部が馬術部が校舎内を馬に乗って…いやバカバカしく大笑いです。

わたし自身帰宅部だったので、帰宅部ものはつい親近感を持ってしまいます。
ラストの清々しさがとても気持ち良く、すっきりした読後感を残します。

第28回ファンタジア大賞〈銀賞〉受賞作。
本作が著者デビュー作だけど、
青春ものとして構成がしっかりしていてかなり面白いので、
今後も期待できる作家さんです。
関連記事
スポンサーサイト

02/14|Book(青春・恋愛・ラブコメ)コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

暗ヲ

Author:暗ヲ
にゃにゃにゃにゃにゃ♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム