「屋根裏の美少年」
西尾維新著
講談社タイガ
2016年発行

西尾維新氏の美少年探偵団シリーズ第3弾です。

美少年探偵団がアジトにしている美術室の天井に絵を描くことになり、
団員みんなで一所懸命作業をしていたところ、天井の板が抜け、
天井裏を確認してみると出てきたのが33枚の絵。
それらは有名画家の作品に似ているのだけど、なんか違う。
歴史的に有名な絵画から人間を省いて模写したものでした。
誰が何のためにそんなことをしたのか…。

美少年探偵団の推理が冴え渡ります。
最終的な真相は美少年探偵団が期待している美しいものでした。
前作に出てきた副団長ナガヒロのライバル、髪飾中学校の生徒会長、札槻嘘も登場。
短いながらも素敵な作品に仕上がっています。

どんどん面白くなってくる美少年探偵団シリーズ、
次作は「押絵と旅する美少年」夏刊行予定、
さらに「パノラマ島美談」秋刊行予定らしいです。
わくわく。
関連記事
スポンサーサイト

03/21|Book(ミステリ)コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

暗ヲ

Author:暗ヲ
にゃにゃにゃにゃにゃ♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム