2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2016.05.29 (Sun)

東京ユヴェントス・フィルハーモニー第12回定期演奏会



人気と評価の高いアマオケ、東京ユヴェントス・フィルハーモニーの
第12回定期演奏会に行ってきました。

このオケ、もともとは慶應義塾ユースオーケストラといって、慶應義塾の高校生、
大学生を中心に結成されてたけど、現在は幅広いメンバーが加わり、
活動しているとのこと。

アマオケには珍しく一般売りCDが出てますので録音では聴いてますが、
実演聴くのは初めてです。
わくわくしながら会場のティアラこうとう大ホールに向かいました。
ちなみに午後2時開演。
夜は年齢的に疲れるので昼間の演奏会は嬉しいです。



プログラムは、
ベルリオーズ作曲:交響曲「イタリアのハロルド」
チャイコフスキー作曲:交響曲第6番「悲愴」

「イタリアのハロルド」のヴィオラ独奏は安達真理さんです。
指揮はこのオケの音楽監督である坂入健司郎氏。

「イタリアのハロルド」、実は実演聴いたことなかったので知らなかったのですが、
4楽章に仕掛けがあり、ヴィオラのソリストと楽団員が何人か途中で姿を消します。
しばらくして左右のバルコニー席に姿をあらわし、両側から弦の掛け合いをするのです。
いやあこんな趣向びっくり。
まるでロミオとジュリエットのバルコニー越しの会話みたい。

ヴィオラの安達さんの演奏も素晴らしかったし、指揮の坂入さんの身のこなしの軽い、
それでいてアグレッシヴな表現に圧倒されました。

「ハロルド」終わるとヴィオラとオケのアンコール。
ベルリオーズの歌曲集「夏の夜」より「ヴィラネル」。

さて、後半の「悲愴」もまったりとしたマッシヴな弦の厚み、繊細な弦の囁き、
打楽器のパワフルな強奏、素晴らしい熱演。
特に第3楽章のマーチは鳥肌たちました。

最後のアンコールは
チャイコフスキー作曲組曲第4番「モーツァルティアーナ」より第3曲「祈り」と、
同じくチャイコフスキーの劇音楽「雪娘」から「道化師の踊り」。
てんこ盛りのコンサートでした。



会場先行発売のブルックナー交響曲第8番のCDにマエストロにサインしていただき、
さらにお疲れのところ握手までねだってしまい、幸せな一日となりました。
関連記事
スポンサーサイト
20:18  |  Go to コンサート  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kusopanda.blog130.fc2.com/tb.php/2391-6ae4b743

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |