「シン・ゴジラ」をIMAX版で観てきました。
日本では12年ぶりのゴジラ映画。
ずいぶん待ちました(笑

公開されたばかりなので、ネタバレしないように説明しますと、
ゴジラが日本にあらわれて、日本人がそれと戦う映画です(笑
ちなみにパンフレットにはネタバレ注意の封印がされております。
凝ってる~(^O^)

全編でゴジラの登場シーンはわりと少なく、
特に前半は政府側のあーだこーだ会議場面が多いので、
ゴジラさえ無視すれば写真出演している故岡本喜八監督の「日本のいちばん長い日」を
思い出す映画です(エンドクレジットの出演者表記も含めて)。

これまでのたいがいの怪獣映画で不満だったのが出てくる人が少ないこと。
怪獣が暴れまわるのだから、大勢の群集が逃げまわるだろうし、
対策する政府も大勢のひとが動いているはずなのに、
予算の都合かエキストラがあまり使われず、ショボさが目立ってたのですね。
今回はさすが久しぶりのゴジラで気合い入っており、
監督がエヴァンゲリオンの庵野秀明ということもあってマニアックな
こだわりを持って作られており、物量投入によるリアリティ溢れる映像は
安心して観れます。

そのかわりキャストに関しては多過ぎて、主役級以外は何が何やらな印象ですが
(斎藤工わかんなかったよ!)、なかではアメリカのエージェント役石原さとみの
英語まじりの演技と、環境省の職員市川実日子のクールなキャラが印象的でした。
というか、主人公の長谷川博己が後半指揮をとる対策チームは
みんなキャラ濃くて楽しいチームでした。

音楽は鷺巣詩郎ですが、一部故伊福部昭氏の過去の有名テーマ曲が使われるという
情報が流れたとき、ファンは不安がったものですが、
エヴァンゲリオンの楽曲も含め、蓋を開けてみれば見事な使われ方です。
特に某シーンでの宇宙大戦争マーチには涙でました。

素晴らしい集団劇であり、今までのゴジラ映画にない斬新な設定と映像、
そして、なにより素晴らしいことに、日本と日本人に対するエールでできた傑作でした。
過去のゴジラ映画の常識をことごとく覆しちゃってる怪作だけど、実に面白い。
良い意味で、マニアックなアマチュアが考えた突拍子もない企画を、
プロが製品化したような作品です。

お話よし、映像よし、役者よし、音楽よしの四つのよしの映画♪
関連記事
スポンサーサイト

07/31|Go to 映画館コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

暗ヲ

Author:暗ヲ
にゃにゃにゃにゃにゃ♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム