「俺を好きなのはお前だけかよ③」
駱駝著
電撃文庫
2016年発行

前巻ラストでジョーロこと如月雨露のクラスに転校してきたツバキこと洋木茅春。
彼女はジョーロくんと過去に因縁があり、彼に尽くさせてもらうと宣言。
幼馴染みのひまわりこと日向葵、生徒会長のコスモスこと秋野桜、
パンジーこと三色院菫子を巻き込み、ジョーロを賭けた勝負が勃発します。
その勝負とは、誰が一番ジョーロを喜こばせるか。
一見ジョーロくんにとってはウハウハのようですが、
女の子たちの過剰なサービスに参った彼の決めた勝者とは…なお話。

そして、ジョーロくんはある事情からツバキの家の串カツ屋でバイトすることに
なりますが、そこでの奮戦記。

女の子たちのいじらしさ、かわいさは以前同様ですが、
今回ジョーロくんの成長が感動的です。
また某モブキャラがなかなかの位置を与えられてます
(名前が与えられ、イラストに描かれる程度には)。

地の文章が面白すぎなのに加え、ストーリー展開もグッド、
さりげない伏線もうまく効いてて、楽しみなシリーズ。
でもほんというと、厚化粧とパーマ落とすと、
息子にどこの超美人かとマジで勘違いされるジョーロくんのお母さん、
ローリエさんの出番をもう少し多くしてほしいなあ。
このお母さんの設定、ラノベでは珍しくないだろか。

今作の最後、またまたあるモブキャラがジョーロくんに接近するパターン
(1巻ほどあざとくはないにしろ、本シリーズの天丼パターンは不滅だな)、
もちろん次巻に続きます。
関連記事
スポンサーサイト

08/13|Book(青春・恋愛・ラブコメ)コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

暗ヲ

Author:暗ヲ
にゃにゃにゃにゃにゃ♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム