2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2016.09.10 (Sat)

V系バンドの王子様が実は学園一の美少女お嬢様なのは秘密にしてくれ2


「V系バンドの王子様が実は学園一の美少女お嬢様なのは秘密にしてくれ2」
椎月アサミ著
講談社ラノベ文庫
2016年発行

さてさて2巻目とくれば、定番は新たな登場人物と、
それによって引き起こされるトラブルですね!

アクシデントでギターを弾けなくなった緋萌(ヒメ)…百合園萌々のピンチに
ライブのステージに空音(そらね)の名で上がった七音空詩(ななとそなた)は
ギタリストとしてRosenkreutz(ローゼンクロイツ)のメンバーになります。
しかし突然現れた少女宝条鳴美が爆弾を投げつけます。
彼女はメイミの名でアイドルとして活躍しているのですが、
Rosenkreutzのメンバー月涙(ルナ)こと鈴森羽月と過去に確執があったようで、
空詩に自分のところでギターを弾くようにつめよります。
さもなくば、月涙が女であることを世間にバラすと。
Rosenkreutzは空詩を除いて女性が男性のふりをして人気を博しているバンドなので、
みんな困惑します。
メイミの設定した期限までに返事しなければいけない空詩。
さらに次のライブの日程も迫ってきます。
Rosenkreutzはどうなるのか。
メイミと月涙の関係は改善されるのか。

もう主人公の空詩くんがメンバー全員とイチャラブ、
妹にも、新キャラメイミにも好かれちゃって、うらやましいお話。
その中でRosenkreutzの一員として決意を固めていく空詩くんが描かれます。

読みどころはいろいろありますが、特にといえば、
空詩くんと萌々との手錠羞恥プレイがたまりません。
手錠で繋がれる男女というと、石井輝男の映画「暴力戦士」、
大島やすいちの漫画「おやこ刑事」にもそんなシチュエーションがあったけど、
ハラハラもえもえしますね。
関連記事
スポンサーサイト
07:41  |  Book(青春・恋愛・ラブコメ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kusopanda.blog130.fc2.com/tb.php/2496-fa31e1fe

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |