「掟上今日子の旅行記」
西尾維新著
講談社
2016年発行

忘却探偵シリーズ第8弾です。
今回は隠館厄介氏パートナー回。
長編。
そしてフランスはパリ編です。

パリにやってきた厄介氏。
なぜか忘却探偵の掟上今日子さんと出くわします。
今日子さんはエッフェル塔を盗もうとしている怪盗淑女の計画を阻止するため、
何者かに依頼されたのでした。
早速助手を拝命する厄介氏ですが、はたして寝ると記憶がリセットされる忘却探偵が
海外で活躍できるのか。
なんとホテルで賊に眠らせられた今日子さんは腕に書いた備忘録を改竄れ、
自分を怪盗淑女と思い込みます。
かくして、最速の探偵ならぬ最速の怪盗の誕生です。
厄介氏は彼女の犯罪を止められるのか―。

今までの作品と趣を変え、パリを舞台に今日子さんの危機と活躍が描かれます。
今回の今日子さんはいつもよりかっこいいですが、
厄介氏も異国で今日子さんのピンチに奮闘努力。
やはり今日子さんには厄介氏がベストパートナーと思わせられます。
VOFANさんの表紙イラストもオシャレ。

さて、第9弾は「掟上今日子の裏表紙」、来年春発売予定です。
関連記事
スポンサーサイト

11/20|Book(ミステリ)コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

暗ヲ

Author:暗ヲ
にゃにゃにゃにゃにゃ♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム