「夜伽の国の月光姫5」
青野海鳥著
TOブックス
2017年発行

奥付は来年発行のクレジットですが、実際は先日発売されました。

アラフォーのおっさんが異世界でセレネという8歳の幼女に転生し、
おっぱいを追い求める姿を描いた勘違い異世界ファンタジーの最新刊です。

本編は3巻で終わり、4巻同様、今回もさまざまな時期に組み込まれるべき
エピソードの数々が語られてます。
短いのから長いのまで。

セレネの生前の時代のサイドストーリーがいくつか。
これはみな短い。
死んでからの話がひとつ。
これはわりと長いです。
死んでからといっても生きてるのですがね。
周囲の人々がセレネが死んだと信じた二年後のお話。
呪詛吐きの老婆を尊敬する少女がセレネが隠れ住んでいた場所にたどり着き、
セレネと出会います。
少女は師の敵と、セレネを殺そうとするのですが…。

このシリーズのエピソードのたいがいに当てはまりますが、
セレネの純粋な…というか、おっぱいのこと以外何も考えていない態度は、
味方も敵の心も和らげていきます。

今回もなかなか楽しく、読みやすく、面白いお話でした。

帯に最終章とあります。
これでおしまいかもしれません。
でも、まかりまちがって、また続編でないかなあ。
関連記事
スポンサーサイト

12/11|Book(SF・ファンタジー)コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

暗ヲ

Author:暗ヲ
にゃにゃにゃにゃにゃ♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム