「可愛ければ変態でも好きになってくれますか?」
花間燈著
MF文庫J
2017年発行

主人公の高校二年生、桐生慧輝は部室の中で自分宛ての手紙を見つけます。
なかには便箋が入っていて、「あなたが好きです。」と。
生まれて初めてラブレターをもらった慧輝くんは驚喜しますが、
手紙には差出人の名前がありません。
さらに手紙と一緒にハンカチのようなものが置いてあったのですが、
それはなんと女の子用のパンツ。
慧輝くんはパンツを置いていったシンデレラを探す決意をするのでした。
このパンツの主と恋人同士になれるかな、なんて夢想しながら。

パンツの容疑者は4人。
その日慧輝くんと一緒に書道部部室を掃除していた女の子たち。
書道部部長で巨乳美人な先輩、可愛い後輩、仲の良いクラスメート、
そして一年生の慧輝くんの妹。
しかしシンデレラを探す王子さまは靴だったからよかったけど、
まさか女の子にこのパンツをはいてみてくださいなんて頼めませんよね。
そこで妹を除いた犯人候補の女の子たちと仲良くして情報を得ようとするのですが、
女の子たちにはそれぞれ秘密の性癖があって…。

まあこんなお話ですが、変態さんがいっぱい出てきます。
変態の女の子が好きな向きには楽しめるでしょう。

え、わたし?
…わたしはノーマルだから。
ええ、楽しめましたとも!

これ、結局謎は解けないんですよ。
多分次巻に続くってことでしょうね。
わたしはパンツの君は彼女だと思うんだけどなあ。
どうかなあ。

ノーマルだけど、楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト

02/04|Book(青春・恋愛・ラブコメ)コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

暗ヲ

Author:暗ヲ
にゃにゃにゃにゃにゃ♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム