「ダマシ×ダマシ」
森博嗣著
講談社ノベルス
2017年発行

Xシリーズは半ダースしかない短いシリーズですが、今回いよいよ最終作です。

SYアート&リサーチの社員、小川令子のもとに上村恵子という依頼人が現れます。
結婚詐欺にあったらしく、その調査依頼。
調べるうちに他にも被害者が何人もいることがわかります。
しかし結婚詐欺を働いていた男は何者かに殺されてしまいます。

最後のエピソードとはいえ、これまでのように、淡々とお話が進んでいきます。
やがて事件は解決しますが、最後に登場人物の正体にサプライズが。
森作品らしく、いろんなシリーズとつながりが出てきます。

所長の椙田さんは行方をくらまし、小川さんが所長になることに。
アルバイトだった真鍋くんや永田さんにも大きな変化があり、
最終作らしいハッピーな終わり方をします。

ただ、ナオミという老婆の正体がわからない。
たぶん別シリーズに出てきてる人とは思うけど?

小川さんの身内にする「…だよう」って言い方好きだったのに、
終わっちゃって淋しいよう。
関連記事
スポンサーサイト

05/13|Book(ミステリ)コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

暗ヲ

Author:暗ヲ
にゃにゃにゃにゃにゃ♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム