2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2017.05.27 (Sat)

掟上今日子の裏表紙


「掟上今日子の裏表紙」
西尾維新著
講談社
2017年発行

忘却探偵シリーズ第九弾です。

あれれ、おかしいな。
いやあ、パターンからすると、今回は隠館厄介氏の登場しない、
今日子さんと警察官のやり取りが楽しい短編集のはずなのですが。
前作に続き、厄介氏が登場する長編でした。
さらに冤罪製造機とうたわれる警部も登場し、両パターンのコラボらしいです。

今回、忘却探偵掟上今日子さんが何と! 逮捕されてしまいます。
お金持ちのコインコレクターが自分の屋敷で死んでおり、
そばで凶器を握りしめた今日子さんが倒れていたのです。
現場は密室なので、今日子さん以外犯人はいない?
しかし1日しか記憶がもたない忘却探偵の今日子さん。
いったん寝てしまった以上、何があったかなんて覚えていません。
対応に困った警部は今日子さんの専門家…厄介氏を呼びます。
彼は今日子さんの代わりに事件を調べるのですが…。

というわけで、今日子さんが檻の中にいるとはいえ、緊張感のない、
今回も楽しい推理ゲーム。
のようで、なかなか切ないお話でもありました。
置手紙探偵事務所の警護主任である親切氏や、
以前厄介氏と因縁のあったジャーナリスト、囲井都市子さんも登場、
クライマックスの謎なぞもなかなかのもので、
今作はシリーズ屈指のバラエティ豊かな作品だったと思います。
しかも今回厄介氏のひらめきがすごい。
名探偵の側で何度もお手伝いした経験がものをいったのでしょうね。
島田荘司「龍臥亭事件」の石岡くん思い出しちゃいましたよ。
うるうる。



タイトルと内容に合わせた両面カバー仕様も楽しい。
うー、この今日子さんのフィギュアかポスターが欲しい(*^o^*)

次作は「掟上今日子の色見本」、冬発売予定です。
関連記事
スポンサーサイト
07:28  |  Book(ミステリ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kusopanda.blog130.fc2.com/tb.php/2767-6411e532

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |