2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2017.06.17 (Sat)

パラミリタリ・カンパニー 萌える侵略者1


「パラミリタリ・カンパニー 萌える侵略者1」
榊一郎著
講談社ラノベ文庫
2017年発行

主人公・阿倍野晴克16歳。
ある朝目覚めると、お姉さんが朝ごはんを作っています。
しかし彼にはお姉さんはいないのです。
事情のわからないうちに、地球防衛組織〈サキモリ〉の天王寺美緒とお姉さん
―アンドロイドのルシアにより連れ去られそうになる晴克。
そこに現れた悪の宇宙人、〈オルガネラ〉の幹部シンディア。
ふたつの勢力が晴克を取り合います。
その結果、今まで悲惨な貧乏生活を送っていた彼は、
美緒により提示された給料の額に目が眩んで、
サキモリの一員となっちゃいます。
宇宙人や宇宙怪獣と戦い地球を守っているサキモリには現在司令官が不在で、
危機的状況なのです。
なぜかその特性を持っているらしい晴克は、なんだかんだ、
その地位につくことになります。
そして普段は高校生活をおくりながら、宇宙人が襲来たびにサキモリに赴き、
人型の兵器で出撃する美緒たちの指揮を取るのでした。

という、ちょっとエヴァンゲリオンに似てるかな、な設定ですが、
面白いのはハードな内容なのに宇宙人が貧乏くさかったり攻撃がせこいこと。

美緒は実は宇宙人と地球人のハーフ。
周囲から白い目で見られがちで、
それゆえに地球を守ろうとし地球人であることにこだわります。
晴克くんはそれまでひどい生活をおくってきたため、
「普通」ということに執拗に憧れています。
そんなふたりですが、司令官の素質を持っているものは限られるため、
晴克と美緒ははやく子供を作れと組織にせかされるのです。

そんな彼らのちょっと萌えるロマンスと宇宙人が送り込む醜悪な怪獣との戦いが
描かれます。

晴克くんが授業で習うようなことや、
アルバイト先での経験から敵を倒すアイデアを得るのがユニークであり、
生活感あるSFファンタジードラマとなっています。

ヒヤヒヤしていいのかワクワクしていいのかゲラゲラしていいのかわからない作品です。
お姉ちゃんのロケットパンチには大爆笑。

二巻が楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト
08:12  |  Book(SF・ファンタジー)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kusopanda.blog130.fc2.com/tb.php/2788-baa3a432

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |