「俺もおまえもちょろすぎないか」
保住圭著
MF文庫J
2018年発行

なかなかユニークな設定や展開のある作品で堪能しました。

高校生の星井出功成は気になった女の子にはすぐ声をかけて告白してしまう少年。
それには理由があるのですが。
もちろん断られっまくり逃げられっまくりです。
彼の学校は中高一貫校。
ある時、彼が代理で出席した中高合同の美化委員会で出会った
中等部二年の初鹿野つぶらは強烈な眼光と威圧感を持った固くて真面目な少女。
そのため周囲から恐れられているのですが、
功成くんは彼のことを理解しようとしてくれる態度に感動、「好きだ!」と告白。
なんと彼女もそれを受け入れ、お付き合いが始まります。
何にでも一所懸命な彼女は可愛い姿もみせてくれて、
功成くんは彼女のことをどんどん好きになっていきます。
デートしたり、彼女にお弁当食べさせてもらったり、
彼女が彼の家にお泊まりに来たり(彼の妹が彼女の親友なのです)。
どんどん仲良くなるふたりですが、
ある時、功成くんのある態度から彼女に避けられるようになってしまいます…。
さあ、どうする功成くん。

楽しいラブコメですが、斬新なヒロイン像や幼なじみの女の子がモブっぽい
(しかし最後その存在感を発揮)ところ、主人公のおじいちゃんが登場少ないながら
重要な役を担ってるところ、など、
わたしが今まで読んできたラノベにはちょっとなかった設定が印象的でした。
なんといってもヒロインのお母さんのキャラが強烈!
さらにクライマックスの主人公のある行動が想定外、感動的!

よく出来たお話で感銘を受けましたが、
著者は大人向けゲームのシナリオを書いている方とのこと。
その経験からきたドラマトゥルギーが、
通り一遍ではない作品に結実したのではないかと想像しています。

いやほんとに面白かった。
関連記事
スポンサーサイト

02/03|Book(青春・恋愛・ラブコメ)コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

暗ヲ

Author:暗ヲ
にゃにゃにゃにゃにゃ♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム