FC2ブログ

「帰還した勇者の後日譚①」
月夜乃古狸著
モンスター文庫
2018年発行

異世界に召喚され、勇者として戦いぬいた主人公が、
現代日本に帰還してからのお話を描いた物語。
「小説家になろう」発です。

柏木裕哉は異世界に召喚され勇者として大活躍。
仲間たちとともに魔王や邪神を倒し平和が訪れたとき、
当初の約束どおり召喚された時間と場所に返されます。
さあ普通の大学生に戻って万々歳…ではなく、
なんと彼は異世界でと同じように魔法が使えてしまいます。
しかも今までの戦いの経験と鍛錬で雰囲気がかわったことに、
妹の亜由美と裕哉の友人で彼のことが好きな工藤茜は不審がります。
そんななか、テロリスト集団が美術館を襲い、亜由美と茜が人質になったため、
ヒーローのコスチュームをつけて魔法で撃退するのでした。
謎のヒーローの存在が日本中に話題をふりまくなか、
召喚した黒龍のレイリアと猫獣人のティアにより、
王国が帝国に攻められて危機的な状況にあることを知り、
転移しふたたび王国へ向かいます。

戦い終わった勇者が日本に戻ってくる設定は最近よくみます。
ラノベ作家になって勇者だったときの戦いの記録を本にしたり、
戻ってきたらひきこもりになっちゃって学級委員長になった魔王が迎えにきたり。
本作は戻ってきてイチャラブする余裕もなく、
さまざまな争いに巻き込まれるところが新鮮。
異世界と日本舞台を変えて、戦いまくるのです。

なんといっても主人公がひたすらかっこいい。
主人公の友人の斎藤くんは彼がテロリスト集団を壊滅させたヒーローだと気づきますが、
こっそり協力をしようと心に誓います。
彼めちゃくちゃおかしすぎ。

合間にサイドストーリーが挟まれ、
主人公以外の視点からのお話が組み込まれているため、
多角的で状況がわかりやすいです。
一人称による記述方式の弱点を補っているといえましょう。
まてよ、今気づいたけど、ウィルキー・コリンズの「月長石」や「白衣の女」の
手法に近いかもしれん。

とにかく爽快で面白い作品です。
ナンバリングが打たれてるのはレーベルの自信のあらわれでしょう。
さあ、異世界にふたたび訪れた主人公は勇者パーティーの仲間とともに、
どう王国の危機を救うのか。
今から続きが楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト

02/04|Book(SF・ファンタジー)コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

暗ヲ

Author:暗ヲ
にゃにゃにゃにゃにゃ♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム