「ひげを剃る。そして女子高生を拾う。」
しめさば著
角川スニーカー文庫
2018年発行

20代後半のサラリーマンと女子高生の関係を描いたラノベでは、
とりあえず傑作「29とJK」を思い起こすところですが、
お仕事エピソードが秀逸なあちらと違い、
本作はお仕事場面は軽めで主人公とJKの感情の交流に主軸が置かれています。

吉田(名前はない)は26歳のサラリーマン。
5年も想いをよせていた上司の後藤専務に告白、撃沈。
めちゃくちゃやけ酒飲んで、あげく自宅の近所で吐いてたら、
うずくまってる女の子を発見。
彼女…沙優は家出中の女子高生で、見知らぬ男の家に
身体を代償に泊めてもらうことを繰り返していました。
吉田は彼女を当分泊めることにしますが、そのかわりに家事をしてもらいます。
少女の身体を求めない吉田と、家事以外の対価を求められないことに
やきもきする少女の間にはいつしかあたたかい感情が育ち…。

吉田に忠告する会社の同僚橋本、彼氏がいるからと吉田をふっておきながら
彼を気にしている後藤専務、有能なのに仕事ができないふりをしている
吉田の部下三島柚葉、登場人物がみなキャラが立っていて、魅力的です。
ラノベらしからぬ大人テイストな作品で読ませます。
せつなさとやさしさが胸を打つ佳作でした。
関連記事
スポンサーサイト

02/11|Book(青春・恋愛・ラブコメ)コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

暗ヲ

Author:暗ヲ
にゃにゃにゃにゃにゃ♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム