「あんたなんかと付き合えるわけないじゃん!ムリ!ムリ!大好き!2」
内堀優一著
HJ文庫
2018年発行

高校生大貫悟郎は幼なじみの杉崎小春のことが好き。
そして小春も彼のことが好き。
ふたりは一緒に住んでいます。
ここまでは珍しくもないイチャラブなラノベのようですが、
普通じゃない点がひとつ。
小春は事故ですでに死んでいたのです。
でも存在していて、悟郎にしかその姿は見えないし、
彼しか小春と話すことも出来ません。

小春が死んでしまっているのを自覚したあと、悟郎は周りの目を避けるため、
ふたりだけでどこか遠いところで住むことを提案しますが、
小春はそれを退け、今の状況を理解してくれる仲間を作ろうと提案します。
明菜や千夏には理解してもらったのですが、
親友の久礼人には話も聞いてもらえない状態。
生徒会長の真冬は他の学校に行けといいます。
それでも今の居場所を捨てたくない悟郎ですが、
やがて彼にも明菜にも千夏にも学校中の陰湿なイジメが襲います。

というわけで、状況の謎が解けた今巻は雰囲気一転、ハードです。
なんで人間がこんなひどいことをするのかと思えるような悪意が、
主人公たちを襲います。
やがて小春はある決意をするのですが…。

とってもやり切れないお話で、読んでて憂鬱になりますが、次巻完結です。
どんなエピローグが待っているのでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

03/14|Book(青春・恋愛・ラブコメ)コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

暗ヲ

Author:暗ヲ
にゃにゃにゃにゃにゃ♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム