FC2ブログ

「高2にタイムリープした俺が、当時好きだった先生に告った結果」
ケンノジ著
GA文庫
2018年発行

馬鹿馬鹿しいといえば馬鹿馬鹿しい、楽しいといえば楽しい、
ラノベの鑑のような作品です。

真田誠治はアラサーの社畜なんだけど、
目が覚めたら10年前の高校二年生に戻っていました。
もう理屈もなにもなく、始まって1行目で戻っちゃいました。
で、見た目高校生だけど、中身大人な誠治は、当時好きだった彼のクラスの担任で
世界史の先生、柊木春香に告っちゃうのです。
結果は…なんとOK。
しかも柊木先生は誠治に夢中になっちゃって、
何かというと彼を甘やかしイチャイチャしようとします。
学校でも、彼女の自宅でも。
お弁当を作ってきて、誰も来ない空いてる教室で一緒に食べたり、
体育の試合でわざわざカメラ持ってきて誠治のかっこいいところを撮ったり、
ふたりっきりで温泉旅行行ったり。
修学旅行でも人の目のないところでイチャイチャ。
一方、同じ学校にいる誠治の妹、紗菜も兄のことが好き。
彼と一緒に柊木先生が顧問の家庭科部に入って、
部員の井伊奏多も含めお弁当合戦したり兄と一緒に買い物デートしたり。
なぜか時々現在の世界に戻ってしまうのだけど、
そのたび主人公の環境は過去の改変に影響され、
徐々に変わっているようですが、いいのでしょうか。

こんなにチューするシーンが多いラノベは読んだことありません。
ひとつひとつのエピソードが短いので、読みやすく、そのたびイチャラブが入るので、
イライラするほど、イチャラブいっぱいです。
好きです。
こういう作品。

4月発売の2巻が楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト

03/16|Book(青春・恋愛・ラブコメ)コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

暗ヲ

Author:暗ヲ
にゃにゃにゃにゃにゃ♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム