FC2ブログ

「おいなりさんは恋をする。」
相原慶著
講談社ラノベ文庫
2018年発行

第七回講談社ラノベ文庫新人賞優秀賞受賞作品。

とても面白い設定で楽しく読みました。

主人公の男子高校生、神上愛は10年前に神社で弱っていた狐を助けます。
そして現在、その狐は女の子の姿になって、彼の前に現れます。
ところが、彼女はいきなり彼の「おいなりさん」に顔をうずめてきて…笑

愛のお姉さん、立は相当なブラコン。
弟の童貞を守るため、神様を脅して(笑)狐の少女御倉いなりを連れてきたのでした。
そしてなんと、愛は姉の企みで、女性と話すと彼の「おいなりさん」に
激痛が走る呪いをかけられてしまうのです。
この呪いを解くには、いなりが元の世界に帰るか、
彼の「おいなりさん」を九人の女性に握らせるかしかない!
実は彼の「おいなりさん」は、いなりのほかに、いつの間にか姉の立も
握ったことがあるらしい。
ということは、残るはあと七人!

そんなわけで、いなりは愛と同居することになり、さらに
戸籍もないのに愛と一緒に学校に通うようになります
(お姉さんが理事長脅した笑)。
人間の世界のことを何も知らないいなりですが、
姉の友人で不思議な先輩春日京も絡み、楽しくめちゃくちゃな生活が
始まるのでした。

おいなりさんと「おいなりさん」をかけてるのが、センス良くて素晴らしい。
「あなたの優秀な遺伝子は、人間以外の種族にも広げていくべきだわ。
もちろん、人間という種族においては、私が独占するからよろしくね」
これ姉が弟に言うセリフです。
お姉さんは神様脅したり、学校の理事長脅したり、
どんな権力持ってるのかは描かれていませんが、
とにかく法律変えさせても弟と結婚したいもよう。

いなりの純粋でせつない想いに感動、巻き込まれて痛い思いをする主人公に同情。
新人さんにしてはよくこんな面白い設定の作品を考えついたものだと感心。

今のところ、いなり、愛、立、京の四人間のお話でまとまっちゃってるので、
出来れば続刊でもっと先のお話が読みたいです。
関連記事
スポンサーサイト

05/04|Book(青春・恋愛・ラブコメ)コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

暗ヲ

Author:暗ヲ
にゃにゃにゃにゃにゃ♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム