FC2ブログ

「まさか勇者が可愛すぎて倒せないっていうんですか?」
真代屋秀晃著
電撃文庫
2018年発行

いやあ、またまたユニークな設定のラノベです。

主人公はゼルファリアという世界で魔王軍の配下、
死刻神将と呼ばれるナラク・ルシール・ローゼンバイヤー。
彼の世界では時々勇者が現れ魔族を破滅させて去っていくため、
次の勇者候補を事前に倒すため、日本のある町にやってきました。
奈楽将吾という名前で高校生になった彼はティッシュ配りのバイトをしています。
勇者は彼に触れると反応するためです。
彼は配下を二人連れてきています。
そのひとりマユリタは放火による重犯罪者で、
すきあらばナラクを殺し自由になりたいと思っています。
もうひとり、イグレシオはナラクに忠実、普段は高校の担任教師、
生徒の目がないところではナラクのパシりみたいなことやってます。
さて、勇者候補はクラスメイトの嵐渡乃愛。
彼女はやくざの組長の娘。
その反動で悪い人が嫌い。
いろいろポンコツな女の子だけどゲームに出てくる勇者に似てる、
奈楽くんのことが気になってます。
さて、勇者を殺したのではまた次の勇者が誕生するからダメで、
勇者の魂を抜かねばなりません。
そのためには相手の胸に触らなければいけない。
ところが乃愛は魔族が触れようとすると自然に光魔法が発現、相手を倒し、
自分も気を失ってしまいます。
さあ困った。
こうなったら乃愛と恋人同士になって気を許させるしかありません。
一方、クラスメイトの久保島純平。
彼は周囲からものすごい不良と思われてます。
しかし本当は彼が強いのはゲームの中の話。
それが誤って伝えられ、不良連中にも一目置かれる始末。
彼はラノベが好きで特に親友ポジションに憧れてます。
そんなわけで、周囲から煙たがられている奈楽くんの親友になろうとします。
ナラクは何とか乃愛の胸を触ろうとしながら、
いつの間にか彼女を気に入ってしまうし、
またナラクの婚約者のパチュアも魔界から来ており、
しっちゃかめっちゃかの大騒動が起こります。

みんながみんな、誰かの好きな相手のこと誤解しまくってるのが笑えます。
乃愛が父親の敵対組織に狙われたり、アクションもありますが、
なんといっても勘違いラブコメ模様がめちゃくちゃ面白いです。
関連記事
スポンサーサイト

05/13|Book(青春・恋愛・ラブコメ)コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

暗ヲ

Author:暗ヲ
にゃにゃにゃにゃにゃ♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム