FC2ブログ

「俺もおまえもちょろすぎないか2」
保住圭著
MF文庫J
2018年発行

高校1年生の星井出功成は、同じ学校の中等部2年生初鹿野つぶらと
絶賛生真面目交際中。

今回いきなりクライマックスですよ!
わたし的に。
クリスマスイブにつぶらのお母さんに「私をママにしてください!」なんて言われて
ムギュされちゃって。
(イラストで見ると、なんですか。つぶらちゃんより少し年上くらいの
超絶美人さんに描かれてて反則ですよ。うーん、このお母さん好き。)

それはともかく、1巻で物語のそもそもの発端だった、
功成くんが告白して玉砕した先輩青原稀が彼を好きになっちゃいます。
というか、告白されたときから実は好きになっちゃってたみたい?
功成くんと一度デートしたいという彼女につぶらちゃんOKしちゃって。
でも功成くんのこと信じてるつぶらちゃんだけど、
梅香さんと一緒に後をつけちゃって。
ふたりが親密になりそうな気配に飛び出しちゃうのでした。
そんな三角関係―いや、実は梅香さんも?
いや、幼なじみ的ポジションの彼女が功成くん好きなのは、
薄々感づいてましたけどね。
しかし、ニーソの中に指入れさせようとする女の子って、
今までラノベで見たことないような気がします。
なにげに変態。

やがて自分の中の本当の感情に目覚めるつぶらちゃん。
そして彼女と功成くんは、またひとつおとなの階段を―。

いやあ青原先輩がいいキャラ。
1巻の段階では明らかにモブだったのに、こんな形で引っ張りあげてきて、
作者の構成力さすがです。
モブをうまく育てると、面白さが増すの知ってます。
しかし功成くんモテるなあ。
しかもどうやら妹さんまでも?
最後の方の功成くんとつぶらちゃんの甘々イチャイチャぶりが、
恥ずかしいくらい素敵です。

多分続くと思うので、今後も期待マシマシです。
関連記事
スポンサーサイト

05/26|Book(青春・恋愛・ラブコメ)コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

暗ヲ

Author:暗ヲ
にゃにゃにゃにゃにゃ♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム