FC2ブログ


季刊ステレオサウンド誌の207号が発売されました。

今号の特集は、「本誌選定ベストバイ・スピーカー上位49モデルの音質テスト」
ですが、珍しい特集内容ではないので、内容はパス。

今回注目したのは、「三つの再生システムを聴く旅」という記事。
ソナス・ファベールの音響責任者であるパオロ・テッツォン氏が柳沢功力氏、
小野寺弘滋氏のご自宅のシステム、そして ジャズ喫茶「ベイシー」で菅原正ニ氏の
システムを聴きリポートしている内容。
これは面白い。
今までちょっとなかった企画ではないか(記憶に自信ないから責任はとれないけど)。
最近のステサンでは一二を争う好企画ではなかろうかと思う次第です。

もうひとつ、お久しぶりな原本薫子さんが、
マッキントッシュのSACD/CDプレーヤーMCD550を導入されたという記事。
もともとマッキンのスピーカーやアンプを使われている方ではあるが、
近年はリンデマンのプレーヤーを使われたり、そうそう、
一番最近みた記事はリンのクライマックスDSの導入記事だったと思います。
そんな彼女が久々にマッキンの製品を導入された経緯が本記事に述べられています。
原本さんの文章は非常に文学的でありながら、高貴な香りも感じさせてくれて、
ぜひ主筆のひとりになってもらいたいと思うのであります。

他に各連載も好評継続中ですが、それより広告で一点。
ダイナミックオーディオの「アキュフェーズはじめました。」
あのダイナがアキュフェーズの製品を扱うことになったのです。
このことをちょっと前にTwitterで知ってびっくり。
事情は知りません。
しかし時代が変わったなあと思うのです。
実際平成ももうじき終わるのではありますが。
関連記事
スポンサーサイト

06/02|Book(オーディオ)コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

暗ヲ

Author:暗ヲ
にゃにゃにゃにゃにゃ♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム