FC2ブログ

清水義範著
ソノラマ文庫
「魔獣学園」
1984年発行
「魔獣学園2」
1984年発行

現役で発売されてたころ買ったのだから、もうン十年も経つのですが、
未読でした。
清水義範氏は人気の作家だったし、この作品も評判よかった記憶があるのですが、
なぜか読んでなかったんですよね。
そこで今回まとめて読みました。

運が悪く、事件とか問題が起こるとなぜか巻き込まれてしまう体質の主人公が
新米の高校教師となったのはいいけど、受け持ったクラスは
なぜかいきなり転校生が3人。
しかも3人とも問題がありそう。
やがて起こる不思議な事件の数々。
そしてこれでもかと次々に登場する、○ス○ーに○ュ○タ○ト、○来○、
○ン○ロ○ド、○ー○ー○ー○ン、○イ○ア○、○ル○ガ○。
終章で明かされる事件の起こった理由については想像がついていたものの、
なんといっても文章が面白く、楽しく読めるハチャメチャSFジュヴナイルでした。

続編においては、○ラ○ル○ー○ドに○ン○ムみたいな兵器も登場し、
さらにスケールが増します。
ロマンスな展開もあり、こちらも楽しい作品でした。

ン十年も寝かせて熟成させちゃったけど、そのかいありました。
関連記事
スポンサーサイト

06/17|Book(SF・ファンタジー)コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

暗ヲ

Author:暗ヲ
にゃにゃにゃにゃにゃ♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム